タグ:旅行こぼれ話 ( 75 ) タグの人気記事

Nogent-sur-Marne洪水と、彼らの大冒険

f0176688_10521534.jpg
先月末のフランス北部の大洪水はマルヌ川、セーヌ川沿って下流へと移動中。
昨年4月に散歩したノジャンのマルヌ川河岸↑。中州は「狼島」。

見覚えのある場所が大洪水になっている様子をニュースで見ました。



あれから10日経ちますがまだ影響は残っているよう。一日も早い復旧を願います。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
スマホを買ってから、あまりPCでメールチェックをしなくなりました。
転職してからは、ほとんどメールが届かなくなったので、
1週間くらいチェックしなくても大丈夫って感じで…(汗)

と、そこへ、↑のマルヌ川を散策した昨年の旅でお世話になった民宿のホストらからメールが届いていることに、今週末になって気づいて読みました。

前回「東京のどこが見たいの?」と聞いたのだけど、
まだそこまで詳細な旅行日程が決まっていないらしく、
今回の旅のおおまかな予定表を添付して送って来ました。

f0176688_17465224.gif 読んでびっくり!!!ただの旅行じゃない。
 だ、大冒険じゃないですか!


3週間だと勘違いしていたKaolulu。
だって、フランス人のヴァカンスと言えばたいてい3週間だもの。
予定表によると、なんと80日以上、つまり3ヶ月弱の大ヴァカンスを予定している模様。

Programme Partie Asiatique(アジアへの出発プログラム)と題された予定表。

 北京経由でまず東京へやって来る。
 東京滞在10日
 その後、一旦台湾へと飛び立つ。
 台湾周遊25日。(!?)
 次は空路、韓国へ。
 韓国周遊15日。(!)
 そして船で福岡へ。
 福岡〜京都間列車旅19日。(!!!)
 京都観光6日
 日本アルプス観光1週間
 締めに富士山1日
 東京から北京経由でパリへと帰る。

うわわわ。。。
4〜6月の滞在で、Kaoluluは4月の東京を案内する予定。
案内と言っても、桜の見られるところを散歩って感じかもね(苦笑)

ちょうど梅雨に入りそうな5月下旬に日本に戻って来るのが心配だけど、
19日もかけての中国・四国地方列車旅なんて、雨なぞものともしないだろう!
そんな大冒険、日本人だってなかなかできない!!

日本を旅する外国人に同行するというテレビ番組をよく見るけれど、
彼らは格好のターゲットですね。(捕まえるなら福岡港だろう…)
まさか、自分の知り合いにこんな大冒険を試みるフランス人がいるとは。
(フランス人がみな3ヶ月も休みを取れるわけではなく、かなり稀なパターンです)

日本語のできない彼らだけど、その人柄のおかげで
きっと旅の行く先々でいろいろな人に助けてもらえるでしょう。
外国人でも安全に楽しい旅ができる日本であるよう、
私たち日本人が一人一人努力していかなくちゃなぁって思います。

彼らはどんな日本旅行を想像しているのでしょう。
そういや先日TéléMatinが高山と金沢を紹介してたっけ…↓


東京のどこを紹介したらいいのだろう…東京って見どころ多すぎます!
フランス語よりもそっちの勉強が必要かもしれません。

f0176688_1437184.gif…はぁ、とにかくスゴイ旅行日程に言葉もないKaoluluです(笑)
でも、メールの返事を書かなくちゃね。
f0176688_13504818.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2018-02-04 14:43 | 気になるフランス | Comments(0)

フランスは大雨

f0176688_17492458.jpg
ヨーロッパでは、Tempête Elenaor(エレナオール台風)が猛威を振るっています。
フランス南部の山地は大雪、東部は大雨。
東部から流れて来るセーヌ川の支流のせいで、この日曜日にパリも洪水の危険があるらしい。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
今日はフランス語カフェレッスンの宿題をするつもりでしたが、
先生から「明日のレッスンを来週に延期できるかな?」と
連絡があって、宿題をほっぽらかして散歩をしてきました。
と、言ってもすでに午後だったため、少し歩いただけですが…

f0176688_17493240.jpg
スマホの万歩計って正確なのだろうかと疑っていたので、
試しにいつもの万歩計も持って出かけました。
結果はご覧の通り! 誤差はたったの7歩。結構正確じゃん。。。

さて、今日の本題。
年末に「来年の春に日本に行くよ」と連絡をくれたパリ郊外の民宿のホストらが、
やっと滞在期間の連絡をくれました。
アジア各国を回るそうで、日本滞在は3/31〜4/10の予定らしい。
ちょうど桜が咲いていればいいなという時期。
だけど、日本は期初でちょうど仕事がばたばたしている時期とも言える…(汗)

東京を拠点に、京都や富士山に行きたいとか…。
英語かフランス語が出来る方がいたら、ぜひ、ご連絡を!

マルヌ川の近くに住んでいるホストら。
今、マルヌ川はエレナオール台風のせいで、かなり増水している様子。


「大雨ののち、増水に見舞われるセーヌ川」

1月5日金曜日、台風のせいでセーヌ・マリティーム県ではセーヌ川が大増水。
標識だけが、その下に道があるということを示している。
ルーアンから数時間のところでは、かろうじて家の戸口までは達しなかったけれど、
車道はすっかり水浸し。
そこからほどないところでは、水は庭という庭に侵入。
数時間の間に自分の家が島になって行くのを見たという住民が、
スマホで撮影した動画を見せてくれる。

別の地区にあるバーでは、既に水は引いているものの、
木曜から金曜の夜に、店の中まで浸水したと店の女性が話す。

パリでは、いくつかの予防策がとられている。
係留している船が岸に乗り上げないように固定したりしている。

この数日で増水したセーヌの2つの支流、マルヌ川とヨンヌ川が注ぎ込み、
さらに予測される降水で、セーヌ川の増水は免れない。
現在より50センチ高い、4mに達するかもしれないそう。

des maraudes が橋の下に寝泊まりしているホームレスに警告をするため組織された。


…とざっと要約するとこんな風。

des maraudes、maraudeって何だろう?と辞書を引くと、
「畑荒らし」や「略奪」としか載っていません。
それでは話が通じない!
そこで仏仏辞典(Petit Robert)の出番です。
他の意味がありました。

Mission d'assistance menée sur le terrain par une équipe mobile qui va à la rencontre des sans-abris dans les grandes villes.

「大都市でホームレスを出迎えに(à la rencontre de〜)行く機動チームが、現場を指揮する支援活動」

日本語にしても難しい(苦笑)っていうか訳すのヘタすぎ。

ホームレス支援をする有志団体のメンバーを maraude と言うらしい。
「流しのタクシー」のことを「taxi en maraude」というそうだから、
客を捜して流しているタクシーが、ホームレスを捜して歩く人々のイメージに重なります。
でも、フランスには基本、流しのタクシーはいないんだけどね。。。
(タクシー乗り場で拾うか、電話で呼ぶのが一般的)

f0176688_10521534.jpg

f0176688_17452370.gif 昨年見たあのマルヌ川↑も増水しているのかなぁ。。。
 はやく水がひきますように。
f0176688_13504818.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2018-01-06 18:31 | 気になるフランス | Comments(0)

あの2人が日本にやってくるらしい

f0176688_18451233.jpg
パリ郊外のシャンブルドットの素敵な階段。

フランス時間日曜日に、4月にお世話になったシャンブルドットのホストがメールくれた。
Kaoluluがチェックしたのは日本時間月曜日の夜。
クリスマスメッセージかな…なんて思って開いてみたら、
彼らが日本旅行を計画しているという知らせだった。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
週末に、「フランス旅行はお腹いっぱい」と書いて、
フランス気分から一旦遠ざかろうとしていたところ…。

そこへ、逆にフランスからのアプローチが。
Kaolulu、フランスからは逃げられないらしい(笑)

今年4月に3度目の再開を果たしたシャンブルドットのホストらが、
来年春ごろに日本旅行を計画していると連絡をくれました。


こりゃ、Kaolulu、真剣にフランス語の勉強をし直さなくては!!
いよいよB2??

f0176688_18452482.jpg
旅行好きで、世界中を旅している彼ら。
アフリカやアジア、南米など、ちょっと冒険チックな場所が多い。
このコレクションに日本が加わると思うと嬉しい。。。

f0176688_18453106.jpg
彼らには、2011年に中国・日本旅行を計画して中国までやって来たのに、
あの東日本大震災で足止めされ、
フランス政府の命令で帰国せざるを得なかったという経験があるそう。
今度こそ!と意気込みたいところだけど、今は隣国のミサイルが気になるはずで…。
彼らの勇気は本当にありがたいです。

1ヶ月ほどの滞在で、おそらく日本を縦断するつもりでしょう。
彼らを案内してもいいよ!という、日本の地方に住むフランス語OKの方がいらしたら、
どうぞKaoluluに連絡ください(笑)

f0176688_1746594.gif Bienvenue !!
f0176688_13504818.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2017-12-19 19:01 | 気になるフランス | Comments(0)

旅の思い出・青い目の白い馬

f0176688_17352047.jpg
2013年に訪れた、ヴェルサイユの馬術アカデミー。
あの日のパリの曇天、冷たい空気、白い息を思い出す。
1人、列車に乗ってベルサイユへ。
宮殿ではなく、大厩舎へ行くというアマノジャクぶり。
青い目の白い馬を探しに…。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
今日は午前中は軽く散歩をし、午後は歯医者さんへ行きました。
今年最後の治療。
抜歯後の経過もよく、衝撃的に凍みる歯もなくなり、
がっちりしっかり詰め物(というか、もはや歯の4分の3ほど!)をし、
今回の治療がおわりました。
4ヶ月近くもかかった!
でも、これでお正月は安心してお餅が食べられます(笑)

スマホを買って以来、
フランスのニュースをプリントアウトして「読む」ということがなくなってしまいました。
いえ、正確には、4月のフランス旅行を終えて以来…かな。

Kaoluluの中でフランスが消化され、吸収され、栄養になり、
今のところ「満腹」というのが率直な気持ち。
やり残したことは何もない、しばらくは旅行なしでも元気にいられそうなのです。
というか、今、新しい情報を入れると、むしろこの平穏な気持ちを乱される気がする…。

きっとまた必ずフランスへ行きたくなる日が来るでしょう。
それまで、かつて見てきたものを思い出したり、仏語力向上に時間を使おうと思っています。

フランスの昼の生番組 Midi en France は、先週、ヴェルサイユからの中継だった様子。
馬術アカデミーの様子を見て、懐かしく、あの時の冷たい空気を思い出しました。



何度見ても素敵だよねぇ。。。

f0176688_17352847.jpg
雑誌で見た青い目に白い馬を探して行ったのに、ここにいる白い馬はみんな目が青かったというオチ(笑)

f0176688_17353580.jpg
この世のものとは思えない、本当に生きているものなのかと疑ってしまうくらい神々しい馬たち。
馬術バレエという、人間が考え出したダンスを、馬たちはどう思っているのだろう…。
自分たちが神々しいほど美しいことを自覚しているのだろうか。



夏は馬には暑すぎるため、秋から春にかけて公開されている馬術アカデミー。

2013年の旅行記その1その2

f0176688_17445952.gif またいつか行ってしまいそうな気がします。。。

f0176688_13504818.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2017-12-16 18:05 | 気になるフランス | Comments(0)

地球の歩き方 フランス編 2018〜19

f0176688_12374758.jpg
一足早いクリスマスプレゼント・パート2と言ったところでしょうか。
先日、思いがけず「地球の歩き方 フランス」の最新刊が届きました。
おっと!Kaoluluの投稿、採用されたな…(苦笑)


f0176688_17413896.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 12月に入って2回目の週末。一気に冬になった日本。
 申し訳ないくらい快晴の関東地方です。

 寒い寒い週末の朝、Kaoluluは歯医者さんへ行って来ました。
八重歯を抜いてから2週間。
歯茎の腫れも引き、歯を抜いた穴も順調に回復、今日は抜いた歯の隣の歯の型取りをしました。

悩ましいのは、笑うと治療部分が見えてしまう位置であること…。
先生にそのことを相談したところ、とりあえず保険内で被せものをし、
どうしても気になるようなら後で考えましょうということになりました。
審美的治療は保険が利かない。。。
日本の医療保険はそこが時代遅れだと、先生も残念がっていました。

麻酔が効いていたので、どこにも寄らずにまっすぐ帰宅。
天気がよすぎてもったいないけど今日は家でゆっくりします。

タイトルの「地球の歩き方 フランス編 2018〜19」が刊行されました。

実は、4月のオーヴェルニュ旅情報を読者として投稿いたしました。
オーヴェルニュへ行く日本人は少ないし、編集者もなかなか行けないと聞いていたので、
Kaoluluは半分取材気分で現地へ飛びました(笑)
そうゆう旅もまた、なかなか楽しいです。
(で、途中、取材に欠かせないカメラが壊れてパニックになったのだけど!)

写真も提供しますとお話してあったのですが、今回は情報のみ載せて下さいました。
旅をして見つけたもの、思ったことを、たくさん箇条書きににして送ってしまいましたが、
ページ数の都合や、普遍的・客観的な都合、もちろん全部は載せられず(苦笑)
中でも、クレルモンのHôtel Fontreydeの情報を追加してくれたのがとても嬉しいです。

写真はこのブログ↓(2017年旅行記リンク)をご覧下さい。
…って自分でも時々見返して「夢だったのでは!?」と何度も感動しています。単純。

次のフランスへの旅は…
未定。

だけど、上野のパンダ…じゃなくて先日紹介したボーヴァルのパンダが気になっています。



か、かわいい…。
名前は、ちょうど4ヶ月経った12月4日に決まりました。
Yuan Meng 圆梦。ユァンマンと発音するのかな。
公開は来月1月13日(土)から。
日本のような入場抽選はないから、超混みそう…。

ただ、パリから行くのはちょっと不便です。

4〜11月ならば、パリ・オーステルリッツ駅から動物園直通バス(所要時間55分、片道2ユーロ)が運行されています。
週末のみ長距離バスFLIXBUSもパリのベルシー・セーヌバスターミナルから運行しているけれど、
1日1往復しかない上、片道13ユーロからと割高。
電車だと、時間もかかる上、最寄り駅からタクシーに乗らねばならないので難しい。

旅行者がふらっと訪れるには、オンシーズンでないとダメですね〜。
Kaoluluが行ける頃にはbébé pandaではなくなってしまうかもしれないけれど、
行きたい場所候補の1つにあげておこう。

f0176688_1437812.gif 次はNavigoで「パリ近郊旅」をしたいのに、
 早くもイルドフランス外の候補が出ちゃいましたね(苦笑)
ま、いいか。
f0176688_13504818.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2017-12-09 13:26 | 読書 | Comments(0)

SNCFの発着ホームが20分前にならないとわからないワケ

f0176688_13390914.jpg
SNCFパリ・ベルシー駅の出発時刻掲示板。
パリからブルゴーニュ、オーヴェルニュ地方へ行く列車が出ているけれど、
TGVではないため、他の駅に比べてこじんまりとした国鉄駅です。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
今日は、もうすぐボジョレ・ヌーボー解禁だな〜と
ニュースを検索してみたのだけれど、
フランスではほとんど全く話題に上っていない様子(苦笑)
なので、検索中に気になった動画を見つけたので、
そちらを紹介しようと思います。

ドイツ・フランス共同制作のチャンネルARTE
2つの文化をお互いの言葉で紹介する番組 Karambolage

ドイツ語やフランス語を勉強している外国人にもわかりやすいです。
(Youtubeの自動仏語字幕も、ほぼ正確ですね)



説明をしてくれているのはドイツ出身の女性。
彼女のお母さんがパリからフランクフルトへ帰るとき、面倒で嫌っているという話です。

それは、フランス国鉄SNCFの発着ホームが、出発の20分前にならないとわからないからです。
これはフランスを旅する我々日本人にとっても、不便で不可解な謎です!

ドイツ出身のお母さんは、30分前にパリ・東駅へ行き、
コーヒーを飲んだりしながら、掲示板に出発ホーム番号が表示されるのを待ちます。
出発20分前にようやく表示され、運悪く先頭の車両だったりすると、
30分も前に駅に着たにも関わらず、出発ぎりぎりに息を切らせて列車に飛び乗ることになる…。

あるある!

ドイツからパリへ行く時は、1年も前から出発ホームがわかっていて、時刻表にも、
駅のホームの黄色いポスターにも、案内板にも行き先とホーム番号が表示されています。
これは、パリの駅のように、1つの駅に複数の行き先の列車が集中しておらず、
専用の線路を専用の列車が走っているのが主な理由。

では、フランスではそれがなぜ出来ないのか?

もし1本の列車の出発や到着が遅れた場合、1つのホームが埋まり、
後続列車が渋滞して、全て遅れてしまう。
駅は、初めに遅れた列車を無視して、次の列車を時間通りに到着させるために
空いているホームにそれを案内し、後続列車の遅延を回避する…。

だから、20分前にならないと、発着ホームがわからないのだそう(苦笑)

ドイツ式の場合は、確かに1本遅れると、後続列車は全て遅延してしまいます。
フランス式だとそうはならないというメリットがある…しかし〜。

ドイツもフランスも、列車の遅延率は10%だそう。
う〜む。
ドイツはKaoluluはわからないけれど、フランスの列車は結構頻繁に止まってる印象が…。

パリの駅の場合は、確かに1つの駅に複数の行き先の列車が停まります。
(その上、パリの国鉄駅は全て「終点駅」…)
だけど、地方の駅、特に終点ではない駅は行き先は限定されるでしょう。
なのに、どうしてホーム番号が20分前にならないとわからないのか?
「上り」と「下り」しかない駅だってあるだろうに。

f0176688_17465224.gif 旅行者には本当に不便なSNCFのナゾのシステムです。
f0176688_182834100.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2017-11-11 14:07 | 気になるフランス | Comments(0)

クレルモンフェランを動画で見よう

f0176688_23223460.jpg
なんていい天気だったんだろう!今年の4月のクレルモンフェラン。
予想を上回る好天、高温でしたっけ。
そんな思い出に浸れそうな番組を発見。



f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
スマホで変わった点と言えば、Youtubeをよく見るようになったこと。
もともと、Flash Playerに頼らない動画として、Youtubeはパソコンでもよく見ていました。
それが、スマホだと(Googleにログインしているので)、自分の好きそうな動画が自動でピックアップしてくれる。
Googleさんは私をフランス人だと思っているのかもしれないってくらい全部フランス語の動画。
日本の動画なんて1つも紹介してきません。


で、今回現れたのが昨日のFrance3オーヴェルニュ地方の番組「Chroniques d'en Haut」



まだ全く見ていないんだけど!(苦笑)

先日埼玉で行われたツール・ド・フランスの関連で、
スポーツ専門チャンネルで今年のフランスでのツールの様子が再放送されていました。
Kaoluluは見なかったのですが、Netvillage長老が「風景」を追う観光用の総集編を偶然見たそうで、えらく感動している様子でした。
いつもはKaoluluがフランスの話ばかりするので、ふ〜んと生返事ばかりしているのに、
番組を見た後は、
「フランスってすごくないか?奥が深すぎる。10回行っても全部見切れないな」
と感極まった表情でわざわざKaoluluの部屋までやってきました。

「一度行ってみる?」と聞くと、
「もう行った気になった」と長老。

ま、長老と2人旅じゃ、旅を楽しめないからそれでいいや(笑)

f0176688_17445952.gif この動画がどんなものか、まだわからないけれど楽しみに見てみようと思います。
f0176688_10193148.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2017-11-06 20:13 | 気になるフランス | Comments(4)

スマホでフランスと繋がる方法を模索

f0176688_17395089.jpg
内容とは全く関係ないけれど、蔵出し旅行写真。
クレルモンフェランで見た工事中のアパルトマン。
古い建物の多いフランスではよく見る光景…。引っ越しも改築も大変そう。
古いものから新しいものへ変える作業は大仕事。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
今日は雨の中、自転車でオーブンレンジを買いに行きました。
スイッチの調子が悪く、だましだまし使用していた1995年製のオーブンレンジが、
昨日の朝からとうとう動かなくなりまして…。
昔の家電って丈夫だね。。。

調子が悪くなった頃から、次に買うならコレかコレと候補を決めてありました。
なので、サクッと買い物。
ネットでポチっとでもよかったけれど、大きさを確認しながら買いたかったもので。

古いものから、新しいものへ。

どうもKaoluluは10月に思い立つ傾向があるらしい。
思えば、職安に通い始めたのも2年前の10月でした。
昨年は、仏語辞書を紙から電子辞書へ変更。
今年は、ガラケーからスマホへ。。。

電子辞書は買って正解でした。これのお陰で読書スピードが猛烈にアップ。

しかし、スマホを買ったら、読書をしている時間がなくなったという矛盾…(汗)
便利になったはずなのに、なぜ無駄に時間を消費してしまうのか。

今日はようやくLINEをインストール。でも友だちは1人もいない(苦笑)
格安スマホは、ID検索や電話番号検索ができないとか。
実際に会うか、QRコードを送るしかない。
まあ、無駄にブロックする必要がないので安心ではあります。。。

スマホを持って2週間。
Kaoluluはこれを何に使っているのか?
なんとか、コレでフランスに繋がりたいと模索中です。

一番使っているのは、意外にもYoutube
フランス国営放送Francetvは、Youtubeで公式公開している番組が多い。

逆にwebブラウザは使いづらいことを、スマホを持って初めて知りました…。
だからアプリがあるんだな。。。

好きなラジオFrance Bleuは、「cookieを受け取ってくれ」メッセージが大き過ぎて、
サイトの画面がほとんど見えません。
ラジオは断念。(アプリを使えって言われそうだけど…面倒です)
ラジオで流れている最近の曲は、YoutubeのFrance Bleuのプレイリストでチェック。

ニュースは、前出のFrancetv(web版)か、RFIのJournal en Français facile。
スクリプトを見ながら聞ける。
長文はパソコンよりもスマホの方が改行されて見やすいんだなぁ…。


家にいる時は、WiFiで、音が出ても構わないのでYoutubeでもいいけれど、
問題は外にいる時。
歯医者さんの待合室では「本」がいいなと感じました。

フランスのサイトには結構無料の電子書籍があります。
が、アンドロイドには電子書籍リーダーが入っていません。
PDFさえも読めない様子。
やっぱり、アプリダウンロードなのね?…めんどくさい。

パソコンにダウンロードしたPDF書籍をコピペしてメールで送る?
しかしそこまでして時間つぶしに読みたい本はない…。
それに本格的に読むには、辞書も必要だし、メモもしたいから紙の本のほうが都合がいい。

以前紹介した「Short Edition」のサイトはスマホでも結構見やすいようでした。


フランス人が「1分で読める」小説も、Kaoluluなら何十分も時間が潰せます。
よさそうなものを、ここからオフライン用に保存しておけばいいのかもね。

f0176688_17465224.gif フランスと地味に繋がる方法、まだあるかなぁ。。。
 しばらく模索が続きそうです。

f0176688_10193148.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2017-10-21 18:20 | 気になるフランス | Comments(0)

NHK BSで見たトゥールーズ

f0176688_19041473.jpg
2012年に訪れたトゥールーズ。初めてのフランス1人旅で1週間滞在しました。
昨日10月17日にNHK BS3「世界ふれあい街歩き」で取り上げられていて、
懐かしく見入ってしまいました。。。ああ、やっぱりトゥールーズもいい。



f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
スマホでこのブログを見ると、たくさんの広告が表示されていて驚きました。
何と見づらいことか!!
シンプルで気に入っているエキサイトブログなのに、
こりゃアカン…。パソコンで見て欲しいです。

昨日は家に帰って来るなり、長老が「今日は8時からBS3だぞ」と知らせてくれました。
テレビっ子な長老。

いつもより早くテレビの前に座る。
もう5年も前に行った、トゥールーズの町並みが映る。

NHK:「世界ふれあい街歩き バラ色の町トゥールーズ/フランス」

2012年に行った時は、仏検2級を試す旅で、
ネットや雑誌などで街の情報を集めたものの、
まだMichelin vertなどを読めるほどの力はありませんでした。
この番組を見たら、もっと行けそうなところがあったな〜と感じました。
観光地化された部分ではなく、素の歴史と文化を紹介する、すごくいい構成の番組でした。

来週水曜日朝8時からと、再来週月曜日11時45分から再放送があるようなので、
見逃した方はぜひ。。。
それも無理かなという人は、Kaoluluの旅行記でも…(長いけど)

f0176688_19042536.jpg
番組の最後に出て来るブリエンヌ運河。
Kaoluluは夕日が眩しい時間帯に遊覧船に乗りました。その時の写真。
懐かしくて思わず涙がでてきちゃった。

f0176688_17445952.gif トゥールーズ、いつかまたリベンジしたい街の1つです。
f0176688_10193148.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2017-10-18 19:19 | 気になるフランス | Comments(0)

ひさびさの水彩画・Place du Terrail

f0176688_10415572.jpg
4月のフランス旅行で撮影した写真を元に、水彩画に挑戦…(汗)
水彩紙が大きくてスキャンできないため、へなちょこな絵をさらにへなちょこな写真で、
という残念な画像になってしまったけれど、夏休みの宿題を1つ終えたような達成感。



f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
昨日は夕方になって雷雨になったけれど、日中は持ちこたえていた空。
今日もとりあえず、曇天のままキープしていますね。

昨日は家にこもって、お盆休みの続きをしていました。
お盆休みの最後の3日間で描いた水彩の仕上げ。
仕上げと言っても、「もうめんどくさいから止めた!」と思えるまでの作業のこと(苦笑)

ちょっと色を使いすぎたというのと、パースがめちゃくちゃ個性的なのが反省点。

f0176688_10420394.jpg
消失点はどこにあるんだろう?と自分でも呆れるパース。
部分的にアップにすると、きちんと描けているところと、適当なところがよくわかります…。

でも、どんな完成状態であれ、
自分が「これで終わり」と思えるところまで描けた達成感は気持ちがいいです。

ちなみに、元の写真はこれ↓

f0176688_10421905.jpg
全然違うじゃん!

…とりあえず「心の目で見ました」ということにしておこう。。。

ちなみにこの写真は、クレルモンフェランに到着した日の夕方のPlace du Terrail。
そのときの日記は↓


現地でこの広場をスケッチをしたのは、翌日パリに戻るというクレルモン5日目の夕方。
地面にしゃがんで描いたので、視点の高さがだいぶ違います↓


いずれにしても、久々の水彩でいきなり建築物、しかもかなり不思議な形の建物への挑戦は、
少々無謀だったかもしれません。
あと、大きな水彩紙は細部を描きたくなるので危険。

f0176688_1746594.gif 次回は、もう少し緑が多くて、直線が少なくて、
 面積の小さい絵を描こうと思います(笑)
好きなものを好きなように描く絵って楽しい。

f0176688_10193148.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2017-08-20 11:08 | 気になるフランス | Comments(4)

Kaoluluの日誌:France/news/旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る