タグ:写真 ( 268 ) タグの人気記事

amie〈編み物〉ハンドウォーマー・改訂版

f0176688_16280945.jpg
気がついたらもう12月だった。いや、もちろん気がついてたけど。
先週の3連休にハンドウォーマーを編んだ。
この時季になるとアクセスが増える編み物の記事
編み図を改訂したので、是非利用してください。


f0176688_1115360.jpgこんにちは、Kaoluluです。
昨日は暖か過ぎて、何を着たらよいやらと悩んだのに、
今日は寒過ぎてまた何を着たらいいのかわからない(笑)

最近、外出時には、ヨーロッパの人に習って重ね着をしています。
薄手のものを数枚重ねて気温に応じて脱ぎ気する感じ。
温かすぎる下着は「これ以上脱げない!」って時に困るので、
3分袖くらいがちょうどよかったりして…。

写真のハンドウォーマーは数年前に作った編み図を元に編みました。
模様の位置を手の甲の中央に来るように図を修正しました。
写真のものは、標準よりも大きいKaoluluの手に合わせて、
親指部分と4本指の口部分を1段ずつ増やしています。
袖口は折り返してもかわいいと思います。

今年は紺とえんじ色のマフラーを買ったので、えんじ色にしました。
毛糸は以前と違ってアクリル100%ですが、太さはかぎ針5号のもの。
f0176688_16261513.gif
寒い日は、編み物でひきこもり(苦笑)
新しいハンドウォーマーで外出するのが楽しみになりますね。

f0176688_13504818.jpg



[PR]
by kaolulu-nv | 2018-12-02 16:44 | 編み物 | Comments(1)

薪能とエシレのソフトクリーム

f0176688_14481852.jpg
GINZA SIX(Kaoluluはどうしても仏語でギンザ・シスと読んでしまう…)オープン1周年、
屋上で薪能が開催されたので、昔の職場の友だちを誘って行ってみた。
地下3階の観世流能楽堂もいいけれど、本来能は外で見るものだと思う。
天気もよく、初心者向けの演目で、ひさびさにいい芸術鑑賞ができた。
以前は理解しなくちゃと「頭」で観がちだったけれど、
鼓や笛の不思議なリズムが自然と心地よく感じるようになった。
歳をとったということなのかなぁ。


f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 今日は連休中に片付けた文庫本を古本屋へ持って行きました。
 数えていはいないけれど、5〜60冊はあったと思う本が
 500円で売れました(苦笑)ま、捨てるよりはいい。
それでもKaoluluの本棚は隙間もないほどぎゅうぎゅう。
あともう一回、大々的な本棚整理が必要そうです。

**
Kaoluluにとって連休中唯一のイベント、薪能。
お昼過ぎに友だちと待ち合わせ、遅めのランチを食べてウィンドーショッピング。
銀座はここ数年で新しい建物が次々と建ち、
歩く人も日本人だか中国人だか見分けがつかなくなった。
町って変わるんだねー。

連休中のGINZA SIXに、ちょうどエシレバターの期間限定店舗
Échiré Charette がオープンしていたので行ってみた。

↑のミルフイユはなんと3800円!でも完売だった…(買うつもりはなかったけど)
GINZA SIX限定のソフトクリームを友だちとシェアした。

f0176688_15140693.jpg
左がブール・ラムレザン、左がブール・サブレ。ともに630円!
バターがソフトクリームになってるってどういうこと?

f0176688_15200370.jpg
ラムレザンのソフトクリームは白くて、こってりぽったり滑らか。カロリー高そう。

f0176688_15195423.jpg
サブレのソフトクリームは、うっすらベージュ色で舌触りがソルベのようなざらっとした感じがあり、塩気が。

どちらもとても美味しかった!
ランチでお腹いっぱいだったのに、甘いものは別腹。
これ、GINZA SIXだけじゃなくて、丸の内の店舗で常備してほしい。

f0176688_15205192.jpg
夕暮れ時の屋上。
能のチケットは、自由席だけど整理番号がついており、
販売2日目に買って既に170番台だった。
開場30分ほどしてから行くと、すでに400番台の人たちが…。とほほ、出遅れた!

開演中の撮影は禁止。でも、それは当然だと思う。
暗くなってからスマホのモニタがちらちら見えるのは無粋だもん。

f0176688_15243333.jpg
客層は老若男女、結構幅広かったように感じた。
女性が多く、男性は少ない。
簡単なストーリーの説明があったけれど、能舞台の予備知識があれば、
もっと深く楽しめたんじゃないかなと思う。

f0176688_15244260.jpg
屋上庭園はぐるりとガラスで囲まれていて、東京タワーやスカイツリーを見ながら散歩ができる。

f0176688_17445952.gif 日本人なのに日本文化らしいことを何もしていないKaolulu。
 たまには、こういうのも必要だなって思う。
参加すれば、違和感どころか心地よく感じるのだから、
普段はフランス贔屓でも、所詮、日本人なんだよね(笑)



f0176688_10193148.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2018-05-06 15:35 | 散歩 et カフェ | Comments(0)

神社とピティヴィエと小さな幸せ

f0176688_14302576.jpg
今朝は、地元にいながら行ってなかったなという神社へ散歩。
と言っても、狭い歩道のある車道を1時間かけて歩くのは危険なので、
電車で遠回りして行ってみた。

どうやらここは子供の神社として有名らしく、
生まれたばかりの赤ちゃんを連れた若夫婦が数組、着物姿で参拝していた。

残念ながら、子供とはほぼ無縁のKaoluluは、
自分の健康と精神的成長、ついでに来週中国出張する会社の同僚らの旅の安全を祈って
手を合わせて来た。

広い領内のそこかしこに、神道の裏に隠された政治の匂いがただよっていて、
この空気をどう捉えていいものかと悩みながら、ぐるりと散策。

政治に利用される神様たちの歴史。
それは洋の東西を問わないものだけれど、
こんな片田舎で綺麗に手入れされ(すぎ)ている社殿に、
思わず眉をひそめてしまっている自分がいた。


f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 今週末の天気はあまりよくありません。
 天気がよかったら日比谷公園の日本産ワインのイベントに
 行ってみようかなと考えていたのだけど、
土日両日とも芳しくない様子です。
今朝は地元の神社へ行き、帰りにウィンドゥショッピングでふらふら。
これから、フランス語レッスンの宿題をしなくては。

散歩帰りにパティスリーへ寄り道。

f0176688_14303519.jpg
ショーケースの美しさに釘付け。ここはパリか!?

パリ・ブレストやタルト・トロペジェンヌが1アントルメ1400円って安くない?
ピエスで4〜500円することを考えたら…。
こんど姪っ子が家に遊びに来る時は買いに来よう。

1人でアントルメは食べきれないので、お昼用に総菜やヴィエノワズリを買うことにした。
f0176688_14304507.jpg
キッシュは土日限定販売で、数種類あった。定番のキッシュ・ロレーヌにした。
これが、フランスで食べた熱々のキッシュにも劣らない美味しさ!
絶妙な塩梅。バターもチーズも卵もクリームも、きっと質のいいものを使ってる。

そして、1個しか残っていなかった小さなピティヴィエ!Pithiviers !
f0176688_14310011.jpg
お正月に食べられなかったガレット・デ・ロワのリベンジだ。
小さいけれど、一丁前にピティヴィエの形をしてる。
ピティヴィエだから、もちろんフェーヴは入っていない。
でも、外のパリパリ感も中のしっとり感も、まぎれもなくあの味!

美味しくて、いいものを食べる。

それが働いて稼ぐことの意味のような気がする今日このごろ。
定期収入がなく、100円単位でカツカツ生活をしていたころにはできなかった贅沢だ。
だからこそ、この小さな喜びが大きな幸せに感じられる。

老後のための貯蓄もしなくちゃいけないけど、
必ずしも長生きするとも限らないので、
ちょっぴり余裕あるなら自分の喜びに投資して、「今」幸せになったほうがいいと思う。
Kaoluluはドカンと投資しなくても、幸い、数百円で幸せになれるタイプだ(苦笑)

f0176688_17445952.gif 美味しいという感情は、気持ちを優しく穏やかにしてくれる気がする。

f0176688_10193148.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2018-04-14 15:17 | 散歩 et カフェ | Comments(0)

パリの日本人と東京のフランス人

f0176688_11341454.jpg
パリからMaison Romantiqueのホスト2人が東京にやってきました。
英語ができる友人と同行しようかと思ったのだけど、彼女は今育児に忙しそうだったのと、
仏語で会話すると彼女がわからない、英語で会話すると私がわからない…というのは不便なので、
1人で行ってきました。


f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 パリの2人は1週間前の土曜日に東京に到着。
 
「7日、どこか僕らもわかりやすいところで待ち合わせよう」

というメールが来て、渋谷ハチ公前か浅草雷門前は?と聞いたら、
渋谷から15分のところに滞在しているからハチ公がいいという返事。
ハチ公前なんて、何年ぶりだろう(苦笑)

遅い朝食を摂ってしまったという彼らに、
ランチを予約してしまったKaoluluはトンカツを奢る。重過ぎたな〜と後悔。
トンカツが揚がるのを待ちながらいろいろ話す。
(店を予約するよってメールで言っておいたんだけど…)

自分のフランス語がかなりもどかしい感じになってしまっているのが申し訳ない…。
最近、ニュースチェックもさらっと読むだけで辞書を引かな書くなってしまったし、
なにより、声に出して話さなくなった。
レッスン回数を増やした方がいいのかなと反省。

3ヶ月の休みをとった彼ら。フランス人でも珍しいけれど、自分たちは可能だと話す。
フランスは現在SNCF(国鉄)のストの真っ最中。
4月から6月までという長丁場のストは初めて。
「3ヶ月のヴァカンスに、3ヶ月のスト!信じられない!」
「どっちも可能だ!」
おいおい、フランスってすごすぎる。

SNCFのストは、正確には「5日間のうち2日スト」という形式だそう。
2日スト、3日通常運行、2日スト、3日通常運行…の繰り返しを3ヶ月行う。
f0176688_11344826.jpg
水色はエールフランスのスト。今年の4月のフランスは大変なことになっている。
長距離バスやカーシェアリングの利用者が増えているそう。
Kaoluluは、昨年の今頃にフランスを旅した。
「大統領選の直前はストはない」と知っていての計画だった。
今年じゃなくてよかった…。

ストを茶化したピアフの替え歌↓がYouTubeの再生回数を増やしている。


話を戻そう。
この1週間で渋谷、新宿、上野、谷中、長野(!)へ行ったそう。
長野へは、日本人の友人に車で1日かけて往復してもらったんだとか。
酒蔵を訪れたと言っていた。。。
が、酒蔵で長野っておかしくない?とちょっと疑問。
彼らにとっては日本の地名を覚えるのは難しいみたいなので、もしかしたら長野ではないかもしれない。

一番気に入ったのは谷中だったそう。
谷中だったらKaolulu案内できたのに!ついでに浅草だってスカイツリーだって行けるし。
残念。
人が多くてスノッブな西東京より、Kaoluluは田舎で下町な東東京が好き。

御朱印帳をプレゼントした。
旅行アルバムにもできそうだし。
でも、彼らは「のれん」がほしいんだとか。
お店にかかっているような文字の書かれたものは特注だから売ってない。
フランス人はインテリアにお金をかける。。。
そういうお土産がいいのだろうなと、改めて思った。

トンカツを食べたあと、目黒川に行きたいというので、
代官山を抜け、目黒川まで散策。
このあたりに全然詳しくないKaoluluは、人に道を聞いたり、Google先生に聞いたり…。
なぜか彼らはスマホを手にしていなかった。

途中、強風で寒くなり、カフェで休む。
日本に来て、感じた事を話す。

渋谷のエキセントリックなファッションをどう思うか、
なぜ日本人の店員は立って仕事をしているのか(フランスではスーパーのレジも座っている)、
なぜテラス席が少ないのか、
日本の人はみな豊かなのか(ホームレスを全く見かけなかったという)、
ゴミが落ちていない、地下鉄が多すぎるがとても綺麗、
街中でセキュリティーを守る人(警官や憲兵)が少ない、
飲食店がどこにでもある、
フランスよりも食べ物が安い(けど果物は高い)
ストがない、
ヴェリブのような東京を網羅したレンタルサイクルがない、
移民労働者が全然いない、
日本の老人はなぜ働いているのか、

…などなど、Kaoluluが既にパリで経験して無感覚になっていた疑問を、
改めて彼らの視点から投げかけられた。

あと、車が通っていないのに赤信号で律儀に待っている人たち(笑)
これは、日仏の違いの有名な話。
日本人のdisciplinésっぷりに、驚いたそう。

葉桜になった目黒川沿いを歩き、三軒茶屋を過ぎて太子堂あたりで別れた。

今日は今頃、別の日本人の友だちと皇居を散策しているだろう。
明日は築地魚河岸へ行くそう。
パリの彼らの宿に泊まったことのある日本人たちが、彼らの旅を助けている。
火曜日から3週間台湾だそうだ。

Bon séjour et bon voyage !
A très bientôt à Paris !
f0176688_10193148.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2018-04-08 12:20 | 散歩 et カフェ | Comments(0)

パリの洪水は2016年並み

f0176688_14425984.jpg
2013年10月のパリ滞在中のセーヌ川の写真。
イラストのグループ展のために2週間滞在したあの旅は、準備も滞在中も苦労が多かったけれど、
それ故か、今となってはとても貴重で楽しい思い出に変わっています。
パリ洪水のニュースを見て、セーヌの写真を探していたら、つい見入ってしまった(笑)


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
今週はスタートから風邪ひき全開…。
雪のせいではありません。先週の金曜から引いていましたから…。

水曜日、我慢できなくなって半日休暇をとって病院へ行くも、
「ただの風邪ですね。風邪には抗生物質も効かないし、
風邪薬を飲んで体を休めるしかないです」と言われ帰宅。
薬は喉の炎症と咳を抑えるものものだけで、鼻水に対しての処方はナシ。
鼻水は侵入物質を外に出すためのものなので、停めてはいけないとか…。

しかし、木曜日はポケットティッシュを3個使い切ってしまった。
金曜日になって、鼻がとまったと思ったら今度はすごい鼻声…(汗)

今朝は観念して昼まで寝ていました。
熱は全然ないんですけどね。…まだ鼻声は治らず。
なんとか月曜日までに治したい。

***

日本では、今週は大寒波で大雪に見舞われています。
フランスでは先週から洪水の警告があちこちで発せられていました。
平野部では洪水、山地では雪。

パリでは金曜日がセーヌ川の水位のピークと言われていました。
近郊では支流が氾濫し、停電などにも見舞われています。

昨日、公開されたパリ警察署がドローンで撮影したセーヌ川。



ドローンのお陰で、まるでCGみたいなパリの街が上空から見られる…。
フルバージョンはこちら↓

上昇した水位は5.8〜6.2メートル。
2016年の洪水は6.1メートルでした。
でも歴史的大洪水だった1910年は8.62メートルだったそう。

f0176688_14430628.jpg
動画30秒辺りで登場するパリ市庁舎。↑これは2013年に撮影してきた対岸からの写真。
水位がずいぶん違うんだなというのがわかります。

***

最近、フランス語が聞き取れなくなって来たことが本当に悲しいKaolulu。
だけど来年にDELF B2に挑戦しようかと目論み中。
自宅アトリエで仕事をしていた時は、起きている間はフランス語しか聞いていない状態だったけれど、
今は、帰宅後の数分、Youtubeでニュースチェックをする程度になってしまいました。

f0176688_17452370.gif で、先日、雪が降って歩いて会社を往復した際に思ったのです。
 自転車通勤ではなくて徒歩通勤にしたら、聞きながら歩けるかも…と。
運動不足も解消できて一石二鳥!
そのためにも、早く風邪を治さなくては。
f0176688_13504818.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2018-01-27 15:07 | 気になるフランス | Comments(0)

パリより近い天空のフランスへ行って来ました。

f0176688_16441447.jpg
今日は、スカイツリーへ行って来ました。
そして、スカイツリーよりも高いところへ行って来ました。
なにそれ?


f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 明日のフランス語レッスンは、先生がインフルエンザにかかってしまったため、
 またもや次週へ延期となりました。
 ああ、フランス熱が日ごとに冷めていくKaolulu。。。

また宿題延期だな(汗)…と、やる気をなくし、
いつ行こうかなと思っていたスカイツリーへ、思いつきで行ってみることにしました。

f0176688_16442763.jpg
電車に乗って25分。
東京スカイツリータウン7階。
勤め先からも見えるスカイツリーは、ここだと近過ぎて「足」しか見えません。
うん、でもKaoluluの地元からだと「足」は見えないもんね。

お目当ては、スカイツリーではなくて、これ↓

f0176688_16442033.jpg
コニカミノルタ・プラネタリウム「天空」。(写真は14時ごろの様子)

11時の回に行くつもりが、起きるのが遅過ぎて断念、
13時の回を目指し、12時に到着して先に当日券チケットを買いました。

その時はまだ席はがらがらだったのだけど、お茶して上映10分前に戻って来ると、
満席?ってくらいの人が一杯集まってきました。

予想はしてたけど、カップルばっかり!!
女性1人でプラネタリウムに来るなんて…(汗)
いや、1人でなんでも出来るようにならねば。人生この先まだまだ長いんだから。

と、カップルたちに囲まれながらエントランスで待つ。
カップル向けにしては、スタリウムくんというゆるキャラが登場する前置きは、
意外にも子供向けっぽい演出。…で、長い。

Kaoluluが見たかったのはこの演目。

「フランス 星めぐりの空で」
星座の解説はなく、本当に純粋なる「ショー」。
バーチャルなフランス旅行。

登場するのは、
パリ天文台、モンサンミシェル、シャルトル、フォンテーヌブロー、
リヨン、ピレネー山脈のピック・デュ・ミディ天文台。


パリ天文台と聞くと、Kaoluluが思い出すのは堀江敏幸氏の「子午線を求めて」。
家に帰って本棚を探してみました。
f0176688_16443335.jpg
もう文庫版でさえ10年も前のものになるんだな。。。
せっかく出したので、もう一度読んでみようと思います。
あ、あとはパリ子午線といえば、「ダヴィンチ・コード」も思い出しますね。

フォンテーヌブローは、次のパリ旅行の時には行こうと思っているところ。
映像を見たら、ますます行ってみたくなりました。

リヨンの空では、
サンテグジュペリ繋がりで「星の王子さま」や「人間の土地」の一節が紹介され、
内藤濯や堀内大学の名訳が胸にぐさぐさ刺さる。

ピック・デュ・ミディ天文台からの朝日。
行ってみたいけれど、ここはちょっとハードルが高い。

せめてパリ14区にあるパリ天文台でも…って思うけれど、
現在工事中で一般公開はされていません。
ただ、昨年創立350年を迎えたパリ天文台は、サイトでバーチャルに訪れることができます。


いつか行けるといいなぁ。。。

f0176688_17445952.gif フランスに行きたいけど、今は行けない。
 そんな人に、いえ、そんな「カップル」にお薦めのプラネタリウムです。

「フランス 星めぐりの空で」は今年9月17日まで上映。
1月末までは200円引きの1500円で見ることができます。
f0176688_13504818.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2018-01-13 17:25 | 散歩 et カフェ | Comments(0)

いぬとパンダ

f0176688_15135264.jpg
今月20日、マダム・フィガロの人気ブログ「いぬパリ」が書籍となって発売されました。
発売日に最寄りの書店に行ったKaoluluですが、残念ながら在庫がなく、
出版社からの直接の取り寄せは、今からだと年明けになってしまうと言われ断念。
今日は少し遠くの大きな書店まで足を延ばしてきました。
無事get。


f0176688_17413896.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 午前中の曇天に負けず、ショッピングモールまで行って来ました。
 クリスマス・イヴでカップル率高いのを覚悟して出かけたのですが、
 思いのほか、クリスマスムードが薄い気が…。
いや、ハンドベルの生演奏などのイベントが行われていたのだから、
そんなはずはない…単にKaoluluの気持ちの問題かもしれませんね。

Kaoluluがこのブログを書き始めるきっかけとなったのは、
「いぬパリ」ブログだと言ってもいいです。
2005、6年頃だったと思います。
当時エキサイトブログで書かれていた吉田パンダさんのブログ「いぬパリ」を、
料理雑誌の編集長に「面白いよ」と教えてもらって読み始めました。
素のパリが、犬と飼い主目線で綴られていて新鮮で面白い。

2008年にエキサイトブログから、フィガロの公式ブログに移行しても、
ずっと読み続けています。

実はエキサイトブログだったころの方が好きなんだけど(笑)
今はもう削除されてしまったよう。。。

f0176688_15140072.jpg
2009年の年末のフィガロは、いぬパリカレンダーが付録でした。
今も大切にとってあります。
今回の「いぬパリ」にも、このカレンダーに登場する写真が複数載っていました。
永久保存版ですね。

来年は戌年。縁起物かもよ。。。
昨今、日本では犬より猫を飼う人が増えたとか。
犬派のKaoluluはなんとなく寂しい。
世のイラストレーターや絵本作家はなぜか断然猫派、だからKaoluluは脱落したのかなぁ。

一昨年の夏、都内で写真展を開催された時に、やっとご本人にお目にかかれました。
いや、黒トイプードルのあづきくんじゃなくて、パンダさんの方。。。
パンダさんの撮る写真は、雨後のような深い色でとても印象的です。

パンダ、といえば。。。

上野のパンダ・シャンシャンは今月19日に公開されましたが、
フランスはボーヴァルのパンダ・ユァンマン来月1月13日に公開が決まったそうです。

「ジャイアントパンダ・グローバルアワード」というのをご存知でしょうか。
いや、知らないよね。だってベルギーの個人のwebサイトが発祥なのだから…。

世界中のジャイアントパンダをプロファイリングしてあるGiantPandaGlobalというサイトが、
ウェブ投票を募り、その年のパンダに12部門の賞を贈るというもの。
12月20日から1月21日まで、投票受付中。

Online Voting

f0176688_15141233.jpg
今年生まれた赤ちゃんパンダ部門に、フランスのユァンマンもいます。

もちろん、上野のシャンシャンも。
f0176688_15141974.jpg
か、かわいい。。。写真だけ見たらシャンシャンの勝ち!
あれ?「シャンシャン」って漢字で「香香」じゃないの?「祥祥」になってる!
どちらもシャンシャンと読めるようですが、意味が違いますね。祥はめでたい。
中国では祥祥なのかなぁ?

サイトは英語しかありませんが、
興味のある方はぜひ、ユァンマンかシャンシャンに投票してあげましょう。

f0176688_1746594.gif いぬとパンダを無理矢理繋げた記事でした。
 Joyaux Noël !
f0176688_13504818.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2017-12-24 15:51 | 読書 | Comments(0)

Je te sens venir >>> I feel it coming のフランス語版

f0176688_17374931.jpg
昨日、会社のパソコンの壁紙を↑の写真に変えました。
きっと言わねば、自分で現地で撮影して来た写真だとは誰も気づかないはず。
クレルモンフェランのモンジュゼ公園からの眺め。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。

この写真はA4にプリントして、自室にも飾っています。
今年撮影したたくさんの写真の中で一番のお気に入り。
見ているだけで疲れがとれ、天国にいるような平穏な気持ちになれる…。

4月にしては強くて眩しい日差し。早くも夏の装いの人々。
桜の木陰。カモミールが咲く草上。オレンジの屋根の上に浮かぶ黒い教会。

こんな景色を見ることができて、今年は幸せだったな。。。

今日は個人的な年賀状制作と、最後のフリーの仕事をする予定。
辞めたと言いつつ、実は隔月でトレースの仕事をしていました。
連載モノだったので、連載自体が終了するまでという約束で。
会社はイラストの仕事を続けてもいいよと言っていてくれたけれど、
Kaoluluの中で二足のわらじは居心地が悪く、これで終わりと思っています。


昨日スマホで見つけて、その声に聞き入ってしまった Juliette Armanat
「Je te sens venir」



Daft Punk ft. The weekend「I feel it caming」
フランス語カバーだってことは、音楽に詳しくないKaoluluでもわかります(笑)
男性目線から女性目線に変換されているみたい。。。
英語の歌詞は聞き取れないのでさらっと流してしまうけれど、
フランス語になるとわかってしまう…!
何が来るのかわからない抽象的な英語のitに対して、仏語は具体的にteになっている…。


Je te sens venir

Sans détour et sans atour
Voilà, j'aimerais faire l'amour
Toute la nuit, tous les jours
L'amour avec toi

C'est peut-être un peu direct
Sans doute un peu incorrect
Mais, j'aimerais faire l'amour
L'amour avec toi

[Pré-refrain 1]
Sous la pluie, mon cœur coule tout contre ton corps
Et nos destins s'enroulent
Non, non, n'aie pas peur

Sous la pluie, mon corps roule tout contre ton cœur
Oui, nos destins s'enroulent
Non, non, n'aie pas peur

[Refrain]
Je te sens venir
Je te sens venir
Je te sens venir
En moi

きゃっ!151.png



Daft Punkはフランス人。
彼らの世界観が確立していて、聞けばDaft Punkだとわかるのが安心感があります。

PVに登場する女性は、まさかと思ったら本当に水原希子さんでした。
似てるな〜と思ってたんだけど。
似てるな〜と言えば、この曲はマイケル・ジャクソンを彷彿とするという感想も多い様子。
確かに!

f0176688_13504818.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2017-12-23 11:40 | 気になるフランス | Comments(0)

あの2人が日本にやってくるらしい

f0176688_18451233.jpg
パリ郊外のシャンブルドットの素敵な階段。

フランス時間日曜日に、4月にお世話になったシャンブルドットのホストがメールくれた。
Kaoluluがチェックしたのは日本時間月曜日の夜。
クリスマスメッセージかな…なんて思って開いてみたら、
彼らが日本旅行を計画しているという知らせだった。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
週末に、「フランス旅行はお腹いっぱい」と書いて、
フランス気分から一旦遠ざかろうとしていたところ…。

そこへ、逆にフランスからのアプローチが。
Kaolulu、フランスからは逃げられないらしい(笑)

今年4月に3度目の再開を果たしたシャンブルドットのホストらが、
来年春ごろに日本旅行を計画していると連絡をくれました。


こりゃ、Kaolulu、真剣にフランス語の勉強をし直さなくては!!
いよいよB2??

f0176688_18452482.jpg
旅行好きで、世界中を旅している彼ら。
アフリカやアジア、南米など、ちょっと冒険チックな場所が多い。
このコレクションに日本が加わると思うと嬉しい。。。

f0176688_18453106.jpg
彼らには、2011年に中国・日本旅行を計画して中国までやって来たのに、
あの東日本大震災で足止めされ、
フランス政府の命令で帰国せざるを得なかったという経験があるそう。
今度こそ!と意気込みたいところだけど、今は隣国のミサイルが気になるはずで…。
彼らの勇気は本当にありがたいです。

1ヶ月ほどの滞在で、おそらく日本を縦断するつもりでしょう。
彼らを案内してもいいよ!という、日本の地方に住むフランス語OKの方がいらしたら、
どうぞKaoluluに連絡ください(笑)

f0176688_1746594.gif Bienvenue !!
f0176688_13504818.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2017-12-19 19:01 | 気になるフランス | Comments(0)

旅の思い出・青い目の白い馬

f0176688_17352047.jpg
2013年に訪れた、ヴェルサイユの馬術アカデミー。
あの日のパリの曇天、冷たい空気、白い息を思い出す。
1人、列車に乗ってベルサイユへ。
宮殿ではなく、大厩舎へ行くというアマノジャクぶり。
青い目の白い馬を探しに…。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
今日は午前中は軽く散歩をし、午後は歯医者さんへ行きました。
今年最後の治療。
抜歯後の経過もよく、衝撃的に凍みる歯もなくなり、
がっちりしっかり詰め物(というか、もはや歯の4分の3ほど!)をし、
今回の治療がおわりました。
4ヶ月近くもかかった!
でも、これでお正月は安心してお餅が食べられます(笑)

スマホを買って以来、
フランスのニュースをプリントアウトして「読む」ということがなくなってしまいました。
いえ、正確には、4月のフランス旅行を終えて以来…かな。

Kaoluluの中でフランスが消化され、吸収され、栄養になり、
今のところ「満腹」というのが率直な気持ち。
やり残したことは何もない、しばらくは旅行なしでも元気にいられそうなのです。
というか、今、新しい情報を入れると、むしろこの平穏な気持ちを乱される気がする…。

きっとまた必ずフランスへ行きたくなる日が来るでしょう。
それまで、かつて見てきたものを思い出したり、仏語力向上に時間を使おうと思っています。

フランスの昼の生番組 Midi en France は、先週、ヴェルサイユからの中継だった様子。
馬術アカデミーの様子を見て、懐かしく、あの時の冷たい空気を思い出しました。



何度見ても素敵だよねぇ。。。

f0176688_17352847.jpg
雑誌で見た青い目に白い馬を探して行ったのに、ここにいる白い馬はみんな目が青かったというオチ(笑)

f0176688_17353580.jpg
この世のものとは思えない、本当に生きているものなのかと疑ってしまうくらい神々しい馬たち。
馬術バレエという、人間が考え出したダンスを、馬たちはどう思っているのだろう…。
自分たちが神々しいほど美しいことを自覚しているのだろうか。



夏は馬には暑すぎるため、秋から春にかけて公開されている馬術アカデミー。

2013年の旅行記その1その2

f0176688_17445952.gif またいつか行ってしまいそうな気がします。。。

f0176688_13504818.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2017-12-16 18:05 | 気になるフランス | Comments(0)

Kaoluluの日誌:France/news/旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る
更新通知を受け取る