タグ:写真 ( 264 ) タグの人気記事

パリの洪水は2016年並み

f0176688_14425984.jpg
2013年10月のパリ滞在中のセーヌ川の写真。
イラストのグループ展のために2週間滞在したあの旅は、準備も滞在中も苦労が多かったけれど、
それ故か、今となってはとても貴重で楽しい思い出に変わっています。
パリ洪水のニュースを見て、セーヌの写真を探していたら、つい見入ってしまった(笑)


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
今週はスタートから風邪ひき全開…。
雪のせいではありません。先週の金曜から引いていましたから…。

水曜日、我慢できなくなって半日休暇をとって病院へ行くも、
「ただの風邪ですね。風邪には抗生物質も効かないし、
風邪薬を飲んで体を休めるしかないです」と言われ帰宅。
薬は喉の炎症と咳を抑えるものものだけで、鼻水に対しての処方はナシ。
鼻水は侵入物質を外に出すためのものなので、停めてはいけないとか…。

しかし、木曜日はポケットティッシュを3個使い切ってしまった。
金曜日になって、鼻がとまったと思ったら今度はすごい鼻声…(汗)

今朝は観念して昼まで寝ていました。
熱は全然ないんですけどね。…まだ鼻声は治らず。
なんとか月曜日までに治したい。

***

日本では、今週は大寒波で大雪に見舞われています。
フランスでは先週から洪水の警告があちこちで発せられていました。
平野部では洪水、山地では雪。

パリでは金曜日がセーヌ川の水位のピークと言われていました。
近郊では支流が氾濫し、停電などにも見舞われています。

昨日、公開されたパリ警察署がドローンで撮影したセーヌ川。



ドローンのお陰で、まるでCGみたいなパリの街が上空から見られる…。
フルバージョンはこちら↓

上昇した水位は5.8〜6.2メートル。
2016年の洪水は6.1メートルでした。
でも歴史的大洪水だった1910年は8.62メートルだったそう。

f0176688_14430628.jpg
動画30秒辺りで登場するパリ市庁舎。↑これは2013年に撮影してきた対岸からの写真。
水位がずいぶん違うんだなというのがわかります。

***

最近、フランス語が聞き取れなくなって来たことが本当に悲しいKaolulu。
だけど来年にDELF B2に挑戦しようかと目論み中。
自宅アトリエで仕事をしていた時は、起きている間はフランス語しか聞いていない状態だったけれど、
今は、帰宅後の数分、Youtubeでニュースチェックをする程度になってしまいました。

f0176688_17452370.gif で、先日、雪が降って歩いて会社を往復した際に思ったのです。
 自転車通勤ではなくて徒歩通勤にしたら、聞きながら歩けるかも…と。
運動不足も解消できて一石二鳥!
そのためにも、早く風邪を治さなくては。
f0176688_13504818.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2018-01-27 15:07 | 気になるフランス | Comments(0)

パリより近い天空のフランスへ行って来ました。

f0176688_16441447.jpg
今日は、スカイツリーへ行って来ました。
そして、スカイツリーよりも高いところへ行って来ました。
なにそれ?


f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 明日のフランス語レッスンは、先生がインフルエンザにかかってしまったため、
 またもや次週へ延期となりました。
 ああ、フランス熱が日ごとに冷めていくKaolulu。。。

また宿題延期だな(汗)…と、やる気をなくし、
いつ行こうかなと思っていたスカイツリーへ、思いつきで行ってみることにしました。

f0176688_16442763.jpg
電車に乗って25分。
東京スカイツリータウン7階。
勤め先からも見えるスカイツリーは、ここだと近過ぎて「足」しか見えません。
うん、でもKaoluluの地元からだと「足」は見えないもんね。

お目当ては、スカイツリーではなくて、これ↓

f0176688_16442033.jpg
コニカミノルタ・プラネタリウム「天空」。(写真は14時ごろの様子)

11時の回に行くつもりが、起きるのが遅過ぎて断念、
13時の回を目指し、12時に到着して先に当日券チケットを買いました。

その時はまだ席はがらがらだったのだけど、お茶して上映10分前に戻って来ると、
満席?ってくらいの人が一杯集まってきました。

予想はしてたけど、カップルばっかり!!
女性1人でプラネタリウムに来るなんて…(汗)
いや、1人でなんでも出来るようにならねば。人生この先まだまだ長いんだから。

と、カップルたちに囲まれながらエントランスで待つ。
カップル向けにしては、スタリウムくんというゆるキャラが登場する前置きは、
意外にも子供向けっぽい演出。…で、長い。

Kaoluluが見たかったのはこの演目。

「フランス 星めぐりの空で」
星座の解説はなく、本当に純粋なる「ショー」。
バーチャルなフランス旅行。

登場するのは、
パリ天文台、モンサンミシェル、シャルトル、フォンテーヌブロー、
リヨン、ピレネー山脈のピック・デュ・ミディ天文台。


パリ天文台と聞くと、Kaoluluが思い出すのは堀江敏幸氏の「子午線を求めて」。
家に帰って本棚を探してみました。
f0176688_16443335.jpg
もう文庫版でさえ10年も前のものになるんだな。。。
せっかく出したので、もう一度読んでみようと思います。
あ、あとはパリ子午線といえば、「ダヴィンチ・コード」も思い出しますね。

フォンテーヌブローは、次のパリ旅行の時には行こうと思っているところ。
映像を見たら、ますます行ってみたくなりました。

リヨンの空では、
サンテグジュペリ繋がりで「星の王子さま」や「人間の土地」の一節が紹介され、
内藤濯や堀内大学の名訳が胸にぐさぐさ刺さる。

ピック・デュ・ミディ天文台からの朝日。
行ってみたいけれど、ここはちょっとハードルが高い。

せめてパリ14区にあるパリ天文台でも…って思うけれど、
現在工事中で一般公開はされていません。
ただ、昨年創立350年を迎えたパリ天文台は、サイトでバーチャルに訪れることができます。


いつか行けるといいなぁ。。。

f0176688_17445952.gif フランスに行きたいけど、今は行けない。
 そんな人に、いえ、そんな「カップル」にお薦めのプラネタリウムです。

「フランス 星めぐりの空で」は今年9月17日まで上映。
1月末までは200円引きの1500円で見ることができます。
f0176688_13504818.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2018-01-13 17:25 | 散歩 et カフェ | Comments(0)

いぬとパンダ

f0176688_15135264.jpg
今月20日、マダム・フィガロの人気ブログ「いぬパリ」が書籍となって発売されました。
発売日に最寄りの書店に行ったKaoluluですが、残念ながら在庫がなく、
出版社からの直接の取り寄せは、今からだと年明けになってしまうと言われ断念。
今日は少し遠くの大きな書店まで足を延ばしてきました。
無事get。


f0176688_17413896.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 午前中の曇天に負けず、ショッピングモールまで行って来ました。
 クリスマス・イヴでカップル率高いのを覚悟して出かけたのですが、
 思いのほか、クリスマスムードが薄い気が…。
いや、ハンドベルの生演奏などのイベントが行われていたのだから、
そんなはずはない…単にKaoluluの気持ちの問題かもしれませんね。

Kaoluluがこのブログを書き始めるきっかけとなったのは、
「いぬパリ」ブログだと言ってもいいです。
2005、6年頃だったと思います。
当時エキサイトブログで書かれていた吉田パンダさんのブログ「いぬパリ」を、
料理雑誌の編集長に「面白いよ」と教えてもらって読み始めました。
素のパリが、犬と飼い主目線で綴られていて新鮮で面白い。

2008年にエキサイトブログから、フィガロの公式ブログに移行しても、
ずっと読み続けています。

実はエキサイトブログだったころの方が好きなんだけど(笑)
今はもう削除されてしまったよう。。。

f0176688_15140072.jpg
2009年の年末のフィガロは、いぬパリカレンダーが付録でした。
今も大切にとってあります。
今回の「いぬパリ」にも、このカレンダーに登場する写真が複数載っていました。
永久保存版ですね。

来年は戌年。縁起物かもよ。。。
昨今、日本では犬より猫を飼う人が増えたとか。
犬派のKaoluluはなんとなく寂しい。
世のイラストレーターや絵本作家はなぜか断然猫派、だからKaoluluは脱落したのかなぁ。

一昨年の夏、都内で写真展を開催された時に、やっとご本人にお目にかかれました。
いや、黒トイプードルのあづきくんじゃなくて、パンダさんの方。。。
パンダさんの撮る写真は、雨後のような深い色でとても印象的です。

パンダ、といえば。。。

上野のパンダ・シャンシャンは今月19日に公開されましたが、
フランスはボーヴァルのパンダ・ユァンマン来月1月13日に公開が決まったそうです。

「ジャイアントパンダ・グローバルアワード」というのをご存知でしょうか。
いや、知らないよね。だってベルギーの個人のwebサイトが発祥なのだから…。

世界中のジャイアントパンダをプロファイリングしてあるGiantPandaGlobalというサイトが、
ウェブ投票を募り、その年のパンダに12部門の賞を贈るというもの。
12月20日から1月21日まで、投票受付中。

Online Voting

f0176688_15141233.jpg
今年生まれた赤ちゃんパンダ部門に、フランスのユァンマンもいます。

もちろん、上野のシャンシャンも。
f0176688_15141974.jpg
か、かわいい。。。写真だけ見たらシャンシャンの勝ち!
あれ?「シャンシャン」って漢字で「香香」じゃないの?「祥祥」になってる!
どちらもシャンシャンと読めるようですが、意味が違いますね。祥はめでたい。
中国では祥祥なのかなぁ?

サイトは英語しかありませんが、
興味のある方はぜひ、ユァンマンかシャンシャンに投票してあげましょう。

f0176688_1746594.gif いぬとパンダを無理矢理繋げた記事でした。
 Joyaux Noël !
f0176688_13504818.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2017-12-24 15:51 | 読書 | Comments(0)

Je te sens venir >>> I feel it coming のフランス語版

f0176688_17374931.jpg
昨日、会社のパソコンの壁紙を↑の写真に変えました。
きっと言わねば、自分で現地で撮影して来た写真だとは誰も気づかないはず。
クレルモンフェランのモンジュゼ公園からの眺め。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。

この写真はA4にプリントして、自室にも飾っています。
今年撮影したたくさんの写真の中で一番のお気に入り。
見ているだけで疲れがとれ、天国にいるような平穏な気持ちになれる…。

4月にしては強くて眩しい日差し。早くも夏の装いの人々。
桜の木陰。カモミールが咲く草上。オレンジの屋根の上に浮かぶ黒い教会。

こんな景色を見ることができて、今年は幸せだったな。。。

今日は個人的な年賀状制作と、最後のフリーの仕事をする予定。
辞めたと言いつつ、実は隔月でトレースの仕事をしていました。
連載モノだったので、連載自体が終了するまでという約束で。
会社はイラストの仕事を続けてもいいよと言っていてくれたけれど、
Kaoluluの中で二足のわらじは居心地が悪く、これで終わりと思っています。


昨日スマホで見つけて、その声に聞き入ってしまった Juliette Armanat
「Je te sens venir」



Daft Punk ft. The weekend「I feel it caming」
フランス語カバーだってことは、音楽に詳しくないKaoluluでもわかります(笑)
男性目線から女性目線に変換されているみたい。。。
英語の歌詞は聞き取れないのでさらっと流してしまうけれど、
フランス語になるとわかってしまう…!
何が来るのかわからない抽象的な英語のitに対して、仏語は具体的にteになっている…。


Je te sens venir

Sans détour et sans atour
Voilà, j'aimerais faire l'amour
Toute la nuit, tous les jours
L'amour avec toi

C'est peut-être un peu direct
Sans doute un peu incorrect
Mais, j'aimerais faire l'amour
L'amour avec toi

[Pré-refrain 1]
Sous la pluie, mon cœur coule tout contre ton corps
Et nos destins s'enroulent
Non, non, n'aie pas peur

Sous la pluie, mon corps roule tout contre ton cœur
Oui, nos destins s'enroulent
Non, non, n'aie pas peur

[Refrain]
Je te sens venir
Je te sens venir
Je te sens venir
En moi

きゃっ!151.png



Daft Punkはフランス人。
彼らの世界観が確立していて、聞けばDaft Punkだとわかるのが安心感があります。

PVに登場する女性は、まさかと思ったら本当に水原希子さんでした。
似てるな〜と思ってたんだけど。
似てるな〜と言えば、この曲はマイケル・ジャクソンを彷彿とするという感想も多い様子。
確かに!

f0176688_13504818.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2017-12-23 11:40 | 気になるフランス | Comments(0)

あの2人が日本にやってくるらしい

f0176688_18451233.jpg
パリ郊外のシャンブルドットの素敵な階段。

フランス時間日曜日に、4月にお世話になったシャンブルドットのホストがメールくれた。
Kaoluluがチェックしたのは日本時間月曜日の夜。
クリスマスメッセージかな…なんて思って開いてみたら、
彼らが日本旅行を計画しているという知らせだった。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
週末に、「フランス旅行はお腹いっぱい」と書いて、
フランス気分から一旦遠ざかろうとしていたところ…。

そこへ、逆にフランスからのアプローチが。
Kaolulu、フランスからは逃げられないらしい(笑)

今年4月に3度目の再開を果たしたシャンブルドットのホストらが、
来年春ごろに日本旅行を計画していると連絡をくれました。


こりゃ、Kaolulu、真剣にフランス語の勉強をし直さなくては!!
いよいよB2??

f0176688_18452482.jpg
旅行好きで、世界中を旅している彼ら。
アフリカやアジア、南米など、ちょっと冒険チックな場所が多い。
このコレクションに日本が加わると思うと嬉しい。。。

f0176688_18453106.jpg
彼らには、2011年に中国・日本旅行を計画して中国までやって来たのに、
あの東日本大震災で足止めされ、
フランス政府の命令で帰国せざるを得なかったという経験があるそう。
今度こそ!と意気込みたいところだけど、今は隣国のミサイルが気になるはずで…。
彼らの勇気は本当にありがたいです。

1ヶ月ほどの滞在で、おそらく日本を縦断するつもりでしょう。
彼らを案内してもいいよ!という、日本の地方に住むフランス語OKの方がいらしたら、
どうぞKaoluluに連絡ください(笑)

f0176688_1746594.gif Bienvenue !!
f0176688_13504818.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2017-12-19 19:01 | 気になるフランス | Comments(0)

旅の思い出・青い目の白い馬

f0176688_17352047.jpg
2013年に訪れた、ヴェルサイユの馬術アカデミー。
あの日のパリの曇天、冷たい空気、白い息を思い出す。
1人、列車に乗ってベルサイユへ。
宮殿ではなく、大厩舎へ行くというアマノジャクぶり。
青い目の白い馬を探しに…。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
今日は午前中は軽く散歩をし、午後は歯医者さんへ行きました。
今年最後の治療。
抜歯後の経過もよく、衝撃的に凍みる歯もなくなり、
がっちりしっかり詰め物(というか、もはや歯の4分の3ほど!)をし、
今回の治療がおわりました。
4ヶ月近くもかかった!
でも、これでお正月は安心してお餅が食べられます(笑)

スマホを買って以来、
フランスのニュースをプリントアウトして「読む」ということがなくなってしまいました。
いえ、正確には、4月のフランス旅行を終えて以来…かな。

Kaoluluの中でフランスが消化され、吸収され、栄養になり、
今のところ「満腹」というのが率直な気持ち。
やり残したことは何もない、しばらくは旅行なしでも元気にいられそうなのです。
というか、今、新しい情報を入れると、むしろこの平穏な気持ちを乱される気がする…。

きっとまた必ずフランスへ行きたくなる日が来るでしょう。
それまで、かつて見てきたものを思い出したり、仏語力向上に時間を使おうと思っています。

フランスの昼の生番組 Midi en France は、先週、ヴェルサイユからの中継だった様子。
馬術アカデミーの様子を見て、懐かしく、あの時の冷たい空気を思い出しました。



何度見ても素敵だよねぇ。。。

f0176688_17352847.jpg
雑誌で見た青い目に白い馬を探して行ったのに、ここにいる白い馬はみんな目が青かったというオチ(笑)

f0176688_17353580.jpg
この世のものとは思えない、本当に生きているものなのかと疑ってしまうくらい神々しい馬たち。
馬術バレエという、人間が考え出したダンスを、馬たちはどう思っているのだろう…。
自分たちが神々しいほど美しいことを自覚しているのだろうか。



夏は馬には暑すぎるため、秋から春にかけて公開されている馬術アカデミー。

2013年の旅行記その1その2

f0176688_17445952.gif またいつか行ってしまいそうな気がします。。。

f0176688_13504818.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2017-12-16 18:05 | 気になるフランス | Comments(0)

カフェ発見/フランスのユズ栽培

f0176688_14334504.jpg
今朝は北風が強く、とても寒かったけれど散歩をしてきました。
午後になったら風も止み、ぽかぽか。
まだ若干オレンジ色の紅葉です。



f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 今日の散歩は9460歩。
 例のごとく、スマホなしの週末です(笑)

なぜ、スマホではなくデジカメで写真を撮っているのか?

その1)同じSDカードに写真を記録したい
その2)撮影時に設定することに慣れている
その3)スマホで撮影した写真をパソコンに落とすのが面倒くさい


というこの3つが理由です。特に「その3」が面倒。
誰か、手っ取り早くて安全な方法があったら教えてください。

f0176688_14531403.jpg
どんだけ田舎?という道を歩きます。だけどこんな森が残っているのはほんのわずか。
古墳のあった山も切り崩され、マンションやら一戸建て住宅やら、
次々と開発がされています。。。空き家もいっぱいあるのになぁ。
これから住む人は、そこがどんな森だったかも想像できないでしょう。

昨日は雨が降って寒かったので、1日家にこもっていました。
今朝食べるパンがなかったのはわかっていたけれど…。
ヨーグルトとコーヒーのみで朝食を済ませ、
地元の小さいケーキ屋さんでブランチ代わりのスイーツを食べよう!
と、北風吹きすさぶ道をずんずん歩いて行ったのですが、
時間が早過ぎたのか、はたまた臨時休業か、まだ店が閉まっていました。。。

と、その隣のお店に「11月11日オープン」とビラが貼ってあり、
入口を覗いてみると、ショーケースにケーキが並んでいました。
へぇ、昭和な居抜きの店にカフェがはいったんだぁ。

北風に耳が切れそうに痛かったので、とにかく入ってみることにしました。

f0176688_14532685.jpg
中は結構広くて、山小屋風のテーブルと椅子、吹き抜けの天井に吊るされたドライフラワー。

なんと、お客は「おばあちゃん100%」
Kaoluluが入ったとき、おばあちゃんが6人もおり「老婦人会?」と一瞬ひるむ(汗)
その後も入口に話し声が聞こえたと思ったら、やっぱりおばあちゃん2人組だった。

高齢者率タカっ…。

Kaoluluには低すぎるテーブルが、大きく見える小さいおばあちゃんたち。

でも、店をやっているのは若いお姉さん。
店の片隅ではアロマグッズなどの小物も売られていて、
決して「老人会」御用達の店ではなさそうです(笑)

f0176688_14533533.jpg
破格の400円モーニング。
ジャムは季節ごとに違う手作りだそうで、今日は「みかん」をお願いしました。

値段が値段だけに、たいして期待はしてなかったんだけど、これが結構本格的でした。
ジャムは最近ありがちなシャビシャビした低糖ジャムではなく、こってりしっかり甘い。
皮だけじゃなく、きちんと実が入っていて美味しいです。

マーガリンじゃなくてバターだし、
パンもそこらの食パンじゃなくて、ほんのり黄色がかったブリオッシュ風。
仕入れているそうだけど、工場で作られたパンじゃないのは味でわかります。

こりゃ、いいお店見つけたかも。
今朝、パンを切らしていてラッキー。
ランチも試してみたいです。

***

さて、フランスの話題がないと寂しいので、フランスのユズの話題を。



France3: Yuzu : l’agrume venu du Japon débarque en Normandie
 「ユズ、日本からやってきた柑橘類、ノルマンディー上陸」


EUはアメリカに比べると植物輸入の検疫が簡単。
そのせいか、日本の野菜がすぐにフランスでも普及する気がします。
ユズの場合は、日本食をフランスに広めるために食材の講習会を開いたりと、
日本側の努力もあったようですけどね。

サイトによるとユズは「日本のグレープフルーツ」とあだ名されているそう。
厚くてでこぼこした皮のまん丸いレモンのよう。
色は成熟度合いによって、濃い緑から黄色まである…と説明。

使い方は、スイーツレシピにもおかずレシピにも使え、
繊細で香り高い風味は、クリームやタルト、マドレーヌ、マカロン、エクレアなどの香り付けに、
果汁や皮も食べられ、その風味は特にタラやサバなどの魚や、ホタテやエビ、
牛のほほなど、肉にもよく合う。

ノルマンディでは、サフラン栽培で知られるGuérand家が、同時にユズの栽培もしているそう。
湿度が高いノルマンディー地方は、日本のユズを育てるのに向いています。
樹齢5年のユズの木は、今年で3度目の収穫を迎えました。
1本から120〜150個の実が成るそうです。
日本と同じで、秋から11月の最初の寒波までに収穫されるそうです。

1個5ユーロ!?

それでもユズはフランスのシェフたちを魅了。
Guérandさんの畑にも20本くらいしか木がないので貴重です。

ユズの香りがするとなんでも和風になってしまいます。
フランスでユズの香りのするものに出会うと、
ちょっと微妙な気持ちになるのはきっとKaoluluだけではないはず…。
f0176688_17445952.gif 日本でゲランやディオールの香水をつけている人とすれ違うと、
 「あ、フランス…」と思ってしまうのと似てます。

f0176688_182834100.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2017-11-19 15:38 | 散歩 et カフェ | Comments(0)

秋の光とキッシュ

f0176688_14590777.jpg
個人的には秋より春の方が好きですが、秋のこの低めに射す太陽の光は好きです。
目にはとても眩しい。でも、カメラを向けると、本当に見たままの美しさが写る。
コントラストが強く、くっきりとした影が心地いい。

ゴッホは浮世絵を見て、日本の景色は、はっきりくっきりしていると思ったのでしょうが、
実際の日本は湿度が高く、もやがかかったような青っぽさがあり、太陽の位置も高くて影が小さい。
しかし、秋から冬の日差しだけは、まるで浮世絵のように、ものの輪郭をはっきりと浮かび上がらせます。


f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 今日は1週間ぶりの散歩をしてきました。
 歩数;10,737歩。
 途中、良さげな柄のストールを衝動買いしてしまいました。
だけど、家に帰って纏ってみると、ちょっと大判すぎました…。
ふむむ。家でショールとして使うのがよさそう。

f0176688_14593653.jpg
まだ薄い黄緑色の銀杏並木。てっぺんでモズが高鳴きをしています。
雲1つない青空。

f0176688_14594612.jpg
舗装されていない土手の上の道。
草はまだ青々としているけれど、日差しはやはり秋。
晴れているのに空気は冷たい。

f0176688_14595398.jpg
ちょうどお昼、久しぶりに外で1人ランチをすることにしました。
春夏はハワイアン、秋冬はフレンチと、コンセプトが変わるちょっと珍しいカフェ。

f0176688_15000385.jpg
前に来た時はハワインな内装だったけど、フレンチバージョンはこんな感じ。

ランチはキッシュセット。

f0176688_15002208.jpg
トマトとホウレンソウのキッシュに、キノコのスープ。
欲を言えば、付け合わせのポテトサラダをピュレ(マッシュポテト)か
グラタン・ドフィノワ(ポテトグラタン)にしてくれると、もっと「フレンチ」になる。
あと、パンも添えて欲しいね。。。欲張り過ぎっ。

でも味はとても美味しかったです。スープもキッシュも◎。
キッシュはしっかりチーズの味がするし、ふわふわで、フランスより美味しいかも。

f0176688_15003115.jpg
デザートは2口のパンペルデュ(フレンチトースト)。
味はTerroir Parisienにも劣らずとろりと濃厚。
違いは舌触り。自家製だというこのパンは、少々きめが細か過ぎ。
あとは、温度かな。。。
やけどしそうなくらいのアツアツでサーブ欲しい〜。

って、欲張りなことを言っているけれど、コーヒーをいれても合計950円。

f0176688_15003867.jpg
あ、一口飲んじゃった後でスミマセン。

f0176688_1746594.gif 今度はパンペルデュ単品を食べてみたいなぁ。
 散歩のカロリー消費はこれでチャラですね(笑)
f0176688_182834100.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2017-11-12 15:31 | 散歩 et カフェ | Comments(0)

久しぶりの散歩・秋

f0176688_16112163.jpg
雨が降り続いた10月が終わり、気づけば11月に。
今日は文化の日でお休み。朝からよく晴れていたので久しぶりに歩いてきました。
近所のドラッグストア、ホームセンター、家電量販店、100均をハシゴしてきただけだけど(苦笑)


f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 ひさびさの散歩。
 万歩計は9489歩。
 3時間くらいぶらぶらしていたのに、
お店の中を歩いたくらいじゃ大した距離にはなりませんね。

スマホを買ったけれど、休日はあえて持ち歩かないことにしました。
誰にも繋がりたくない。大切な1人の時間。
愛用のカメラと、せいぜい重さ20グラムの万歩計で十分です。

思うに、腕力のないKaoluluに5インチスマホは大き過ぎたと反省しています。
老眼なので、小さいスマホでは文字が見えないと心配していたのですが、
使わないのだから別に見えなくてもよかったのだと、今更気づきました。

だから、これは「電話」じゃなくて「PDA」だと思うことにしました。
PDAって古い?(苦笑)昔の手のひらサイズのコンピュータ端末のことです。

周りのiPhoneユーザらに「プリインストールアプリが53コって多すぎ!」
と指摘されて結構傷ついたKaoluluは、削除したくとも
どれが不要アプリなのかわからなくて、全部入れたまま…。
各アプリの容量をチェックすると、エイリアスか?と思うほど小さい。
試しにタップしてみると、アプリダウンロードの画面に切り替わる…。
なぁんだ、アプリ本体はインストールされていないんだ!

f0176688_16110912.jpg
庭の水盤の金魚。
長老がせっせと世話をしているお陰で、みんな小さめの鯉みたいなサイズに成長。
近所の野良猫らに襲われた翌日は、餌をやっても出て来ない。
前回、新しい金魚を買ってきて入れてやってから数週間。
覗き込むと、底から上がって来る。
落ち着いたみたい。

明日も天気がいいようなら、少し自転車で走って来よう。
フランス語カフェレッスンの宿題もしなくては。

f0176688_17445952.gif 仕事のあるウィークデーと、なにもないウィークエンド。
 そんな日常に感謝。
f0176688_182834100.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2017-11-03 16:41 | 散歩 et カフェ | Comments(0)

NHK BSで見たトゥールーズ

f0176688_19041473.jpg
2012年に訪れたトゥールーズ。初めてのフランス1人旅で1週間滞在しました。
昨日10月17日にNHK BS3「世界ふれあい街歩き」で取り上げられていて、
懐かしく見入ってしまいました。。。ああ、やっぱりトゥールーズもいい。



f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
スマホでこのブログを見ると、たくさんの広告が表示されていて驚きました。
何と見づらいことか!!
シンプルで気に入っているエキサイトブログなのに、
こりゃアカン…。パソコンで見て欲しいです。

昨日は家に帰って来るなり、長老が「今日は8時からBS3だぞ」と知らせてくれました。
テレビっ子な長老。

いつもより早くテレビの前に座る。
もう5年も前に行った、トゥールーズの町並みが映る。

NHK:「世界ふれあい街歩き バラ色の町トゥールーズ/フランス」

2012年に行った時は、仏検2級を試す旅で、
ネットや雑誌などで街の情報を集めたものの、
まだMichelin vertなどを読めるほどの力はありませんでした。
この番組を見たら、もっと行けそうなところがあったな〜と感じました。
観光地化された部分ではなく、素の歴史と文化を紹介する、すごくいい構成の番組でした。

来週水曜日朝8時からと、再来週月曜日11時45分から再放送があるようなので、
見逃した方はぜひ。。。
それも無理かなという人は、Kaoluluの旅行記でも…(長いけど)

f0176688_19042536.jpg
番組の最後に出て来るブリエンヌ運河。
Kaoluluは夕日が眩しい時間帯に遊覧船に乗りました。その時の写真。
懐かしくて思わず涙がでてきちゃった。

f0176688_17445952.gif トゥールーズ、いつかまたリベンジしたい街の1つです。
f0176688_10193148.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2017-10-18 19:19 | 気になるフランス | Comments(0)

Kaoluluの日誌:France/news/旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る