映画「大統領の料理人」試写会

f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
昨日はまた更新をサボってしまいました。040.gif

珍しく都内へ出て、買い物や知り合いのグループ展を見に行ったり、
本当に珍しく、映画を見てきました。

実は、先月初旬にいつもサイト情報を参考にさせていただいている
「フランス観光開発機構」さんに映画試写会に招待されたのです!
Kaolulu、試写会初体験です。
ブロガー枠だったようで、普通は懸賞に応募しなくてはならなかったみたい…。

今月から始まる「フランス女子会」キャンペーン・シーズン2に先行したイベントだそう。
Kaolulu個人的には「女子会」という響きに、若干違和感を感じますが、
「女・子ども」と思えば、アラフォーも入りますよね??
f0176688_11281330.jpg
会場はシネマート六本木。六本木なんて、全然行かない!
霞ヶ関でOLしてた頃さえ、近かったけれど行かなかったし、
当時はヒルズもミッドタウンもなかったですし…。042.gif(今は霞ヶ関が「ヒルズ化」進行中ですね)

f0176688_11494176.jpg
上映前にルジェ・カシスのクレーム・ド・カシスとオランジーナのカクテルを試飲。
カシスオレンジのソーダ割りって感じ!
なるほど、これなら手軽に家でカクテルが作れます。
ディジョンのカシス農家、フランスのテレビ番組で見たことあるけど、素敵です…。
いつかKaoluluも行ってみたいです。

猛暑の銀座でショッピングしたあと、カクテルを飲んで席に着いたら眠くなっちゃった…032.gif



「大統領の料理人」公式サイト
9月7日(土)より、シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマ他全国ロードショー

予告編については、ブログつながりののんさんのブログがとっても詳しいです。

トリュフの産地・ペリゴール地方出身の主人公オルタンスが
突然、大統領専属料理人に任命され、男性だらけの厨房で活躍する実話を元にした話。
当時の大統領はミッテラン大統領。

素材の味のわかる、シンプルな料理…。
大統領もオルタンスも、考えは同じ。
なのに、「大統領専属料理人」と「大統領官邸の総料理長」の間の確執に次第に追いつめられる。

ストーリーはこんな感じ。
話はわかりやすく、大統領がオルタンスを気に入ってくれるシーンは、
見ている方も、素直に気分が良くなり、元気をもらえるいい映画だと思います。
それに、なにがあっても強いオルタンス、
周りに怖いと思われつつも、尊敬され慕われるキャラクターは、好感が持てますよね。

日本人としてちょっと驚くのは、「え、それってシンプルな料理なの?」とか思っちゃうこと。024.gif
確かに素材はシンプルだけど極上、火加減だって秒単位、
かなりの行程があって、やっぱりかなり手がかかってます!!
あれがフランスの家庭料理だとしたら、Kaoluluはフランスでは暮らせないなぁとか考えちゃう。
ま、大統領ですからね!一般家庭とは比較しちゃだめね。

f0176688_11472790.jpg
会場で、「フランス女子会」のJTBツアーパンフ、スイーツを巡る旅の冊子もいただきました。
ツアー会社とタイアップなんですね〜。
今回、展覧会+観光個人旅行を予定しているKaoluluは、
「あ=、次行くなら飛行機とホテルのセットでいいわぁ。。。楽そうで」と考えちゃう。
ツアーは特典がいっぱいあるし、行き帰りに気を張らなくていいのがいいですよね。
一人旅や個人旅行だと、宿まで行くのに、精神的にとっても疲れますから!

実はチケットを送ってくださった際、10月にパリに行くとお伝えしたら、
フランス観光開発機構さんから、パリのグルメガイドや地図を同封してくださいました。
f0176688_11542144.jpg
ま〜カラフル!
これらは、パリ市内各地の観光局インフォメーションでも無料でもらえます。

同じグルメガイドでも、発行年で載っているお店が違うわ。。。知らなかった!
観光ガイドには、Kaoluluが穴場だろうとチェックしていた10区のお化け屋敷も載ってました。
意外と観光客多いのかしら。。。ね。

さて、作品は9枚目が完成しました〜。あと1枚です。がんばりまっする。


________________________________________
f0176688_11275646.jpgL'exposition " Les 3 illustratrices" à Paris
会場:Espace Japon/→ NetVillage version français
2013年10月8日〜19日 開催まで、あと38日
************************
[PR]
# by kaolulu-nv | 2013-09-01 11:56 | 気になるフランス | Comments(2)

モンマルトル葡萄収穫祭2013のワインのできは?

f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
今週は結局、「10月に額縁をどうやって運ぶか」を
方々に問い合わせて終わってしまいました…。

絵は?進んでませ〜〜ン。026.gif
でも、行きは手で持って行くことに決めたので、
ぎりぎりまで描くことができます。。。

帰りは国際宅急便にすることにしました。
高いのですが、行きは受託手荷物にするのでその分の予算が浮きましたし、
帰りは「使用予定のない中古品」なので、壊れようがなくなろうが遅れようが構いません。

額縁だけをギャラリーから発送するため、「別送品」にはできないことがわかりました。
しかし、見積もりをお願いしたところ、「一般品より別送品の方が送料は安い」と言われ、
目から鱗。。。思い込みというのは間違いの元ですね。

しかも、日本入国時の税率は額縁の素材に寄って違いますが、木製なら3.2%+消費税5%。
日本の消費税が安いお陰で、たったの8.2%しかかからないそうです!!
(フランス出国時は無税だそう)
でも来年は、フランスも日本も消費税(付加価値税)率が上がりますから、注意ですね。

***

荷物のことばかり考えてると、仕事が手につかないので、話題を変えます。024.gif
今年のモンマルトルの葡萄収穫祭のワインが出来上がったみたい。
今年の収穫祭に発売になるこのワインは、2012年に収穫された葡萄です。
ま、当然ですね。。。ブドウの収穫は9月でしょうから。011.gif

今年は700本以上がボトリングされたようです。
畑が狭いため、当然ワインが作れる量も少なく、あえて500mlの瓶に。
しかも値段は驚きの40ユーロ!!500mlでですかぁ。。。
肝心のできはどうなんでしょうね?

こちらに購入できるお店の情報があります。
Comité des fêtes et d'actions sociales de Montmartre(COFAS)
収穫祭の間は18区役所前のCOFASのスタンドでも買うことができるそう。

う〜ん、Kaoluluは試飲でいいかな!美味しかったら考えます。016.gif
昨年5月にクロ・モンマルトルを見たからちょっと欲しい気もする。あのときのブドウなのだ。

上記のサイトでは、クロ・モンマルトルでの葡萄収穫の様子や、
ワインの仕込みの様子の写真などを見ることができます。

葡萄畑(収穫済みの畑ですが)の見学ができないかな〜と思っていたのですが、
クロ・モンマルトル(葡萄畑)の見学はどうやら子どもだけのようですね…。
Bretonneau病院の中にある葡萄畑の見学は無料で、誰でも事前に病院に予約すると見られるそう。
でも、日時が決まっていてKaoluluはギャラリーにいなければならない日。残念。
予約の必要なイベントは、サイトで9月15日から受付開始です。

そうそう、サクレクール寺院前の屋台は、収穫祭中ずっとではなくて、
10月11日(金)〜13(日)だけなのですね!Kaoluluも勘違いしておりました。

楽しみだなぁ。032.gif

________________________________________
f0176688_11275646.jpgL'exposition " Les 3 illustratrices" à Paris
会場:Espace Japon/→ NetVillage version français
2013年10月8日〜19日 開催まで、あと40日
************************
[PR]
# by kaolulu-nv | 2013-08-30 16:26 | 気になるフランス | Comments(0)

作品制作が手につかない

f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
今週に入って、額縁をどうやってパリへ輸送するか?
を考えていて、作品制作が手につきません。
今は、紙が乾くのを待っているところです。

あちこちに海外輸送について問い合わせをしました。
最終的に、忙しいギャラリー交渉担当メンバーに許可を得て、
自分でギャラリーに問い合わせをしたら、あっさり返事が来て拍子抜け。042.gif

まず、郵送の場合。
関税が受取人(ギャラリー)に請求されたら、立て替えて払ってくれる。
ヨカッタ。016.gif

あと、大きさに注意する。
あまり大きいと、あちらの配達は乱暴なので壊される可能性がある。
小分けに送った方がいいと言う。
でも、小分けにすると、今度は送料が25〜30%増しになってしまう。
帰りの宅急便なんて70%増し!008.gif

また、「贈物」として送るといいという噂があるそうで、
Kaoluluが調べた限り、それは間違いじゃないかと思える。

ジェトロ:EUの小口貨物の通関制度

抜粋すると、
I. 関税免税制度
EUでは個人用の貨物や旅行者の携行品など、少額貨物輸入通関の際に輸入関税が免税されます。理事会規則(EC)No.1186/2009において関税の免税が認められるための諸条件が規定されています。
以下の物品に対しては、輸入関税が免除されます。

5. 価額が150ユーロ以下の物品。ただし、アルコール類、タバコ、香水、オードトワレを除く。
6. 域外国の個人からEU域内の個人へ送る商業的性格を持たない小口の贈答品で価格が45ユーロ以下のもの。 ただしアルコール類、タバコ、香水、オードトワレについては、上限量の定めがある。

8. EU域外からの旅行者携行品の免税範囲

c. その他(香水、コーヒー、茶、電子機器等):430ユーロまで(空路、海路旅行者)


つまり、
「5」150ユーロ以下の物品は免税
「6」贈答品は45ユーロ以下免税
「8-c」旅行の携行品430ユーロまでは免税

「贈物」にチェックを入れたら、45ユーロを超えるただけで課税されてしまう。
何もチェックせず、普通に「Personal Use」にでもしておけば150ユーロまで免税なはず。

課税される場合、EUの関税とフランスの租税について。
ジェトロ:フランスの関税制度

EUの関税率については、ジェトロのサイトにもEUに問い合わせをと書いてあるだけ。
フランスの租税については、一般品なら19.6%、絵画なら軽減税率7%が徴収される。
EUの関税とフランスの租税の合計が請求される。
絵画と申告すると税率は実は安くなるのだけど、きっと審査に時間がかかるのだろう。

***

Kaoluluは課税されるならそれでもいいから、1個にまとめて郵送したかったです。
でも、小分けにしたほうがいいとか、なんだかんだと言われるのが面倒になってきたので、
全部、受託手荷物にしちゃおうかと思い始めています。。。
輸送時間が一番短いから、その方が安全ですよね、きっと。

ただし、22kgの荷物を空港のベルトコンベアから降ろせる自信がないので、
11kgずつ、2つに分けようと思います。
ロストバゲージに備えて、名前と宿泊先とギャラリー住所を書いておこう。

スーツケースを用意するということも考えたけれど、
どうせ、タクシーかチャーター便を使うことになるから、どっちも同じ。
車に乗せる際、同じ形のダンボール箱が2つの方が楽だろうなと思うし。
スーツケース自体が5kgはあるし、安くても5000円、それはタクシー代に回そう。

帰りはダンボールは2つとも宅急便で別送品。
2つ送ると割高だから、1つは手荷物で持ち帰ってもいい。
これはお土産の量によって、現地で決めようと思います。

それと、エールフランスコードシェア便は2013年4月18日から、
エコノミークラスも無料受託手荷物が2個までOKになったそうで、
その5日前にチケットを買ってしまったKaoluluは、再発行してもらう必要があります。
これはHISさんにお願い済み。出発の10日前に郵送されるそうです。

と、こんな感じでしょうか。
紆余曲折ありましたが、こんな感じの計画を立てました。
あとは海外輸送用の頑丈なダンボール2個を注文し、
コメントくださったn-gibさんのアドバイス通り、プラスチックの結束バンドも買って来て、
作品を2枚完成させる!ま、出発ぎりぎりまで作成できるのはよかったかもね。

情報をくださった方々、問い合わせに親切に回答してくださった方々に、
心からお礼申し上げます。040.gif
日本人って、なんて親切なんだろう〜と日本人なのに感動しました。007.gif

展覧会を成功させるべく、頑張ります!
荷物が持てるように腕力もつけなくちゃね。024.gif

________________________________________
f0176688_11275646.jpgL'exposition " Les 3 illustratrices" à Paris
会場:Espace Japon/→ NetVillage version français
2013年10月8日〜19日 開催まで、あと42日
************************
[PR]
# by kaolulu-nv | 2013-08-28 15:47 | 気になるフランス | Comments(2)

Kaoluluの日誌:France/news/旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る