パリの洪水は2016年並み

f0176688_14425984.jpg
2013年10月のパリ滞在中のセーヌ川の写真。
イラストのグループ展のために2週間滞在したあの旅は、準備も滞在中も苦労が多かったけれど、
それ故か、今となってはとても貴重で楽しい思い出に変わっています。
パリ洪水のニュースを見て、セーヌの写真を探していたら、つい見入ってしまった(笑)


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
今週はスタートから風邪ひき全開…。
雪のせいではありません。先週の金曜から引いていましたから…。

水曜日、我慢できなくなって半日休暇をとって病院へ行くも、
「ただの風邪ですね。風邪には抗生物質も効かないし、
風邪薬を飲んで体を休めるしかないです」と言われ帰宅。
薬は喉の炎症と咳を抑えるものものだけで、鼻水に対しての処方はナシ。
鼻水は侵入物質を外に出すためのものなので、停めてはいけないとか…。

しかし、木曜日はポケットティッシュを3個使い切ってしまった。
金曜日になって、鼻がとまったと思ったら今度はすごい鼻声…(汗)

今朝は観念して昼まで寝ていました。
熱は全然ないんですけどね。…まだ鼻声は治らず。
なんとか月曜日までに治したい。

***

日本では、今週は大寒波で大雪に見舞われています。
フランスでは先週から洪水の警告があちこちで発せられていました。
平野部では洪水、山地では雪。

パリでは金曜日がセーヌ川の水位のピークと言われていました。
近郊では支流が氾濫し、停電などにも見舞われています。

昨日、公開されたパリ警察署がドローンで撮影したセーヌ川。



ドローンのお陰で、まるでCGみたいなパリの街が上空から見られる…。
フルバージョンはこちら↓

上昇した水位は5.8〜6.2メートル。
2016年の洪水は6.1メートルでした。
でも歴史的大洪水だった1910年は8.62メートルだったそう。

f0176688_14430628.jpg
動画30秒辺りで登場するパリ市庁舎。↑これは2013年に撮影してきた対岸からの写真。
水位がずいぶん違うんだなというのがわかります。

***

最近、フランス語が聞き取れなくなって来たことが本当に悲しいKaolulu。
だけど来年にDELF B2に挑戦しようかと目論み中。
自宅アトリエで仕事をしていた時は、起きている間はフランス語しか聞いていない状態だったけれど、
今は、帰宅後の数分、Youtubeでニュースチェックをする程度になってしまいました。

f0176688_17452370.gif で、先日、雪が降って歩いて会社を往復した際に思ったのです。
 自転車通勤ではなくて徒歩通勤にしたら、聞きながら歩けるかも…と。
運動不足も解消できて一石二鳥!
そのためにも、早く風邪を治さなくては。
f0176688_13504818.jpg


[PR]
# by kaolulu-nv | 2018-01-27 15:07 | 気になるフランス | Comments(0)

トヨタのフランス工場、従業員増員

f0176688_14503622.jpg
料理の法皇と呼ばれるポール・ボキューズ氏の訃報が流れています。
しかし、昨日は外出していたKaolulu、まだチェックできていません。
なので、前々日のニュースから。
円安が進んで、日本人が海外旅行をするにはちょっと辛くなって来た今日この頃。
しかし、フランスのトヨタの工場が新たな投資と従業員増員のニュースが…。
日本から輸入した方が安いんじゃない?とか思ってしまうのは素人かな。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
今朝は1ヶ月半ぶりのフランス語カフェレッスンでした。
先生の風邪+インフルエンザで2週も延期され、
今週はKaoluluが風邪気味で喉がおかしいのだけど、
これ以上延期になってはと思って頑張って行ってきました。

…って、風邪気味なのに、実は昨夜は新年会で飲み過ぎまして(苦笑)
昔の職場の仲良し女子会。
f0176688_14504487.jpg
神保町のマチュリスタでラム肉↑を頬張りながら、
なんと、ワインを3人で3本も開けてしまった!!ひえ〜、1人1本!(汗)
フランス語の先生にそう話したら「まるでフランス人だ!」と笑われました。
いや、こんなに飲んだのは初めてでしたよ。家に着くなりベッドに倒れた…。
でも、朝にはケロッと起床。。。きちんと肝臓は働いてくれた。

***

さて、今日は久しぶりにフランスのニュースを紹介します。

France2:「トヨタ・ヴァランシエンヌ工場:約700人新たに雇用」

トヨタは、新たな車種の製造のため、ノール県にあるトヨタの工場に
4億ユーロ以上の投資をすると、フランスのEchos紙に発表。
同時にそれは700人の新たな雇用を生むらしい。

現在この工場では、Yarisしか製造していません。
Yarisは、ヴィッツの国外名。



年間23万台をここで製造しているそうです。
もしかしてヨーロッパのYarisは全てフランス製なのかも。
他の車種も製造して年間30万台にまで伸ばすのが目的。

組合の要求によって大規模な投資がされることが決まり、
工場の出口を通る従業員たちは、明るい未来にみんな笑顔です。
22日月曜日にマクロン大統領が現地訪問し、正式決定されるそうです。

同じ日のニュース↓

France2:「トヨタ:ヴァランシエンヌ工場の利点」

この工場は、従業員の勤務時間の配分の仕方に特徴があるらしい。

彼らは出勤時にはその日の自分の勤務時間はわからない。
製造ラインの管理者が、生産を見ながら必要のある超過勤務時間何分と判断。
その日その日の注文に合わせて生産をするためだ。
ただし、超過勤務時間は1日35分を超えてはならない。

勤務時間の調整は1年ではなく、3年でカウントするらしい。
調整がより簡単なので、従業員らは満足している。

超過勤務の代償としては、超過分毎に50%増額、
1ヶ月以上前に超過勤務日を決めておく場合でも、25%増額。
または、CDI(無期限雇用)に切り替え。
現在、この工場では4000人のうち、3000人がCDIだ。
*有期限雇用はCDD

この新たな勤務体勢は、5つの労働組合のうち4つは賛成。
残りの1つは、
「これは収益・利益を増やすことを目的とし、従業員の労働条件を犠牲にしている」
と反対している。


f0176688_17465224.gif 日本人とフランス人の働き方は全然違うから比較できないけど、
 フレキシブルな労働時間でも、しっかり対価が支払われる点は、
フランスの方が進んでいるかもしれません。
日本人は残業代がなくても残業してしまいますもんね…(苦笑)

f0176688_13504818.jpg


[PR]
# by kaolulu-nv | 2018-01-21 15:37 | 気になるフランス | Comments(0)

パリより近い天空のフランスへ行って来ました。

f0176688_16441447.jpg
今日は、スカイツリーへ行って来ました。
そして、スカイツリーよりも高いところへ行って来ました。
なにそれ?


f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 明日のフランス語レッスンは、先生がインフルエンザにかかってしまったため、
 またもや次週へ延期となりました。
 ああ、フランス熱が日ごとに冷めていくKaolulu。。。

また宿題延期だな(汗)…と、やる気をなくし、
いつ行こうかなと思っていたスカイツリーへ、思いつきで行ってみることにしました。

f0176688_16442763.jpg
電車に乗って25分。
東京スカイツリータウン7階。
勤め先からも見えるスカイツリーは、ここだと近過ぎて「足」しか見えません。
うん、でもKaoluluの地元からだと「足」は見えないもんね。

お目当ては、スカイツリーではなくて、これ↓

f0176688_16442033.jpg
コニカミノルタ・プラネタリウム「天空」。(写真は14時ごろの様子)

11時の回に行くつもりが、起きるのが遅過ぎて断念、
13時の回を目指し、12時に到着して先に当日券チケットを買いました。

その時はまだ席はがらがらだったのだけど、お茶して上映10分前に戻って来ると、
満席?ってくらいの人が一杯集まってきました。

予想はしてたけど、カップルばっかり!!
女性1人でプラネタリウムに来るなんて…(汗)
いや、1人でなんでも出来るようにならねば。人生この先まだまだ長いんだから。

と、カップルたちに囲まれながらエントランスで待つ。
カップル向けにしては、スタリウムくんというゆるキャラが登場する前置きは、
意外にも子供向けっぽい演出。…で、長い。

Kaoluluが見たかったのはこの演目。

「フランス 星めぐりの空で」
星座の解説はなく、本当に純粋なる「ショー」。
バーチャルなフランス旅行。

登場するのは、
パリ天文台、モンサンミシェル、シャルトル、フォンテーヌブロー、
リヨン、ピレネー山脈のピック・デュ・ミディ天文台。


パリ天文台と聞くと、Kaoluluが思い出すのは堀江敏幸氏の「子午線を求めて」。
家に帰って本棚を探してみました。
f0176688_16443335.jpg
もう文庫版でさえ10年も前のものになるんだな。。。
せっかく出したので、もう一度読んでみようと思います。
あ、あとはパリ子午線といえば、「ダヴィンチ・コード」も思い出しますね。

フォンテーヌブローは、次のパリ旅行の時には行こうと思っているところ。
映像を見たら、ますます行ってみたくなりました。

リヨンの空では、
サンテグジュペリ繋がりで「星の王子さま」や「人間の土地」の一節が紹介され、
内藤濯や堀内大学の名訳が胸にぐさぐさ刺さる。

ピック・デュ・ミディ天文台からの朝日。
行ってみたいけれど、ここはちょっとハードルが高い。

せめてパリ14区にあるパリ天文台でも…って思うけれど、
現在工事中で一般公開はされていません。
ただ、昨年創立350年を迎えたパリ天文台は、サイトでバーチャルに訪れることができます。


いつか行けるといいなぁ。。。

f0176688_17445952.gif フランスに行きたいけど、今は行けない。
 そんな人に、いえ、そんな「カップル」にお薦めのプラネタリウムです。

「フランス 星めぐりの空で」は今年9月17日まで上映。
1月末までは200円引きの1500円で見ることができます。
f0176688_13504818.jpg


[PR]
# by kaolulu-nv | 2018-01-13 17:25 | 散歩 et カフェ | Comments(0)

Kaoluluの日誌:France/news/旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る