カテゴリ:散歩 et カフェ( 181 )

薪能とエシレのソフトクリーム

f0176688_14481852.jpg
GINZA SIX(Kaoluluはどうしても仏語でギンザ・シスと読んでしまう…)オープン1周年、
屋上で薪能が開催されたので、昔の職場の友だちを誘って行ってみた。
地下3階の観世流能楽堂もいいけれど、本来能は外で見るものだと思う。
天気もよく、初心者向けの演目で、ひさびさにいい芸術鑑賞ができた。
以前は理解しなくちゃと「頭」で観がちだったけれど、
鼓や笛の不思議なリズムが自然と心地よく感じるようになった。
歳をとったということなのかなぁ。


f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 今日は連休中に片付けた文庫本を古本屋へ持って行きました。
 数えていはいないけれど、5〜60冊はあったと思う本が
 500円で売れました(苦笑)ま、捨てるよりはいい。
それでもKaoluluの本棚は隙間もないほどぎゅうぎゅう。
あともう一回、大々的な本棚整理が必要そうです。

**
Kaoluluにとって連休中唯一のイベント、薪能。
お昼過ぎに友だちと待ち合わせ、遅めのランチを食べてウィンドーショッピング。
銀座はここ数年で新しい建物が次々と建ち、
歩く人も日本人だか中国人だか見分けがつかなくなった。
町って変わるんだねー。

連休中のGINZA SIXに、ちょうどエシレバターの期間限定店舗
Échiré Charette がオープンしていたので行ってみた。

↑のミルフイユはなんと3800円!でも完売だった…(買うつもりはなかったけど)
GINZA SIX限定のソフトクリームを友だちとシェアした。

f0176688_15140693.jpg
左がブール・ラムレザン、左がブール・サブレ。ともに630円!
バターがソフトクリームになってるってどういうこと?

f0176688_15200370.jpg
ラムレザンのソフトクリームは白くて、こってりぽったり滑らか。カロリー高そう。

f0176688_15195423.jpg
サブレのソフトクリームは、うっすらベージュ色で舌触りがソルベのようなざらっとした感じがあり、塩気が。

どちらもとても美味しかった!
ランチでお腹いっぱいだったのに、甘いものは別腹。
これ、GINZA SIXだけじゃなくて、丸の内の店舗で常備してほしい。

f0176688_15205192.jpg
夕暮れ時の屋上。
能のチケットは、自由席だけど整理番号がついており、
販売2日目に買って既に170番台だった。
開場30分ほどしてから行くと、すでに400番台の人たちが…。とほほ、出遅れた!

開演中の撮影は禁止。でも、それは当然だと思う。
暗くなってからスマホのモニタがちらちら見えるのは無粋だもん。

f0176688_15243333.jpg
客層は老若男女、結構幅広かったように感じた。
女性が多く、男性は少ない。
簡単なストーリーの説明があったけれど、能舞台の予備知識があれば、
もっと深く楽しめたんじゃないかなと思う。

f0176688_15244260.jpg
屋上庭園はぐるりとガラスで囲まれていて、東京タワーやスカイツリーを見ながら散歩ができる。

f0176688_17445952.gif 日本人なのに日本文化らしいことを何もしていないKaolulu。
 たまには、こういうのも必要だなって思う。
参加すれば、違和感どころか心地よく感じるのだから、
普段はフランス贔屓でも、所詮、日本人なんだよね(笑)



f0176688_10193148.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2018-05-06 15:35 | 散歩 et カフェ | Comments(0)

神社とピティヴィエと小さな幸せ

f0176688_14302576.jpg
今朝は、地元にいながら行ってなかったなという神社へ散歩。
と言っても、狭い歩道のある車道を1時間かけて歩くのは危険なので、
電車で遠回りして行ってみた。

どうやらここは子供の神社として有名らしく、
生まれたばかりの赤ちゃんを連れた若夫婦が数組、着物姿で参拝していた。

残念ながら、子供とはほぼ無縁のKaoluluは、
自分の健康と精神的成長、ついでに来週中国出張する会社の同僚らの旅の安全を祈って
手を合わせて来た。

広い領内のそこかしこに、神道の裏に隠された政治の匂いがただよっていて、
この空気をどう捉えていいものかと悩みながら、ぐるりと散策。

政治に利用される神様たちの歴史。
それは洋の東西を問わないものだけれど、
こんな片田舎で綺麗に手入れされ(すぎ)ている社殿に、
思わず眉をひそめてしまっている自分がいた。


f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 今週末の天気はあまりよくありません。
 天気がよかったら日比谷公園の日本産ワインのイベントに
 行ってみようかなと考えていたのだけど、
土日両日とも芳しくない様子です。
今朝は地元の神社へ行き、帰りにウィンドゥショッピングでふらふら。
これから、フランス語レッスンの宿題をしなくては。

散歩帰りにパティスリーへ寄り道。

f0176688_14303519.jpg
ショーケースの美しさに釘付け。ここはパリか!?

パリ・ブレストやタルト・トロペジェンヌが1アントルメ1400円って安くない?
ピエスで4〜500円することを考えたら…。
こんど姪っ子が家に遊びに来る時は買いに来よう。

1人でアントルメは食べきれないので、お昼用に総菜やヴィエノワズリを買うことにした。
f0176688_14304507.jpg
キッシュは土日限定販売で、数種類あった。定番のキッシュ・ロレーヌにした。
これが、フランスで食べた熱々のキッシュにも劣らない美味しさ!
絶妙な塩梅。バターもチーズも卵もクリームも、きっと質のいいものを使ってる。

そして、1個しか残っていなかった小さなピティヴィエ!Pithiviers !
f0176688_14310011.jpg
お正月に食べられなかったガレット・デ・ロワのリベンジだ。
小さいけれど、一丁前にピティヴィエの形をしてる。
ピティヴィエだから、もちろんフェーヴは入っていない。
でも、外のパリパリ感も中のしっとり感も、まぎれもなくあの味!

美味しくて、いいものを食べる。

それが働いて稼ぐことの意味のような気がする今日このごろ。
定期収入がなく、100円単位でカツカツ生活をしていたころにはできなかった贅沢だ。
だからこそ、この小さな喜びが大きな幸せに感じられる。

老後のための貯蓄もしなくちゃいけないけど、
必ずしも長生きするとも限らないので、
ちょっぴり余裕あるなら自分の喜びに投資して、「今」幸せになったほうがいいと思う。
Kaoluluはドカンと投資しなくても、幸い、数百円で幸せになれるタイプだ(苦笑)

f0176688_17445952.gif 美味しいという感情は、気持ちを優しく穏やかにしてくれる気がする。

f0176688_10193148.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2018-04-14 15:17 | 散歩 et カフェ | Comments(0)

パリの日本人と東京のフランス人

f0176688_11341454.jpg
パリからMaison Romantiqueのホスト2人が東京にやってきました。
英語ができる友人と同行しようかと思ったのだけど、彼女は今育児に忙しそうだったのと、
仏語で会話すると彼女がわからない、英語で会話すると私がわからない…というのは不便なので、
1人で行ってきました。


f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 パリの2人は1週間前の土曜日に東京に到着。
 
「7日、どこか僕らもわかりやすいところで待ち合わせよう」

というメールが来て、渋谷ハチ公前か浅草雷門前は?と聞いたら、
渋谷から15分のところに滞在しているからハチ公がいいという返事。
ハチ公前なんて、何年ぶりだろう(苦笑)

遅い朝食を摂ってしまったという彼らに、
ランチを予約してしまったKaoluluはトンカツを奢る。重過ぎたな〜と後悔。
トンカツが揚がるのを待ちながらいろいろ話す。
(店を予約するよってメールで言っておいたんだけど…)

自分のフランス語がかなりもどかしい感じになってしまっているのが申し訳ない…。
最近、ニュースチェックもさらっと読むだけで辞書を引かな書くなってしまったし、
なにより、声に出して話さなくなった。
レッスン回数を増やした方がいいのかなと反省。

3ヶ月の休みをとった彼ら。フランス人でも珍しいけれど、自分たちは可能だと話す。
フランスは現在SNCF(国鉄)のストの真っ最中。
4月から6月までという長丁場のストは初めて。
「3ヶ月のヴァカンスに、3ヶ月のスト!信じられない!」
「どっちも可能だ!」
おいおい、フランスってすごすぎる。

SNCFのストは、正確には「5日間のうち2日スト」という形式だそう。
2日スト、3日通常運行、2日スト、3日通常運行…の繰り返しを3ヶ月行う。
f0176688_11344826.jpg
水色はエールフランスのスト。今年の4月のフランスは大変なことになっている。
長距離バスやカーシェアリングの利用者が増えているそう。
Kaoluluは、昨年の今頃にフランスを旅した。
「大統領選の直前はストはない」と知っていての計画だった。
今年じゃなくてよかった…。

ストを茶化したピアフの替え歌↓がYouTubeの再生回数を増やしている。


話を戻そう。
この1週間で渋谷、新宿、上野、谷中、長野(!)へ行ったそう。
長野へは、日本人の友人に車で1日かけて往復してもらったんだとか。
酒蔵を訪れたと言っていた。。。
が、酒蔵で長野っておかしくない?とちょっと疑問。
彼らにとっては日本の地名を覚えるのは難しいみたいなので、もしかしたら長野ではないかもしれない。

一番気に入ったのは谷中だったそう。
谷中だったらKaolulu案内できたのに!ついでに浅草だってスカイツリーだって行けるし。
残念。
人が多くてスノッブな西東京より、Kaoluluは田舎で下町な東東京が好き。

御朱印帳をプレゼントした。
旅行アルバムにもできそうだし。
でも、彼らは「のれん」がほしいんだとか。
お店にかかっているような文字の書かれたものは特注だから売ってない。
フランス人はインテリアにお金をかける。。。
そういうお土産がいいのだろうなと、改めて思った。

トンカツを食べたあと、目黒川に行きたいというので、
代官山を抜け、目黒川まで散策。
このあたりに全然詳しくないKaoluluは、人に道を聞いたり、Google先生に聞いたり…。
なぜか彼らはスマホを手にしていなかった。

途中、強風で寒くなり、カフェで休む。
日本に来て、感じた事を話す。

渋谷のエキセントリックなファッションをどう思うか、
なぜ日本人の店員は立って仕事をしているのか(フランスではスーパーのレジも座っている)、
なぜテラス席が少ないのか、
日本の人はみな豊かなのか(ホームレスを全く見かけなかったという)、
ゴミが落ちていない、地下鉄が多すぎるがとても綺麗、
街中でセキュリティーを守る人(警官や憲兵)が少ない、
飲食店がどこにでもある、
フランスよりも食べ物が安い(けど果物は高い)
ストがない、
ヴェリブのような東京を網羅したレンタルサイクルがない、
移民労働者が全然いない、
日本の老人はなぜ働いているのか、

…などなど、Kaoluluが既にパリで経験して無感覚になっていた疑問を、
改めて彼らの視点から投げかけられた。

あと、車が通っていないのに赤信号で律儀に待っている人たち(笑)
これは、日仏の違いの有名な話。
日本人のdisciplinésっぷりに、驚いたそう。

葉桜になった目黒川沿いを歩き、三軒茶屋を過ぎて太子堂あたりで別れた。

今日は今頃、別の日本人の友だちと皇居を散策しているだろう。
明日は築地魚河岸へ行くそう。
パリの彼らの宿に泊まったことのある日本人たちが、彼らの旅を助けている。
火曜日から3週間台湾だそうだ。

Bon séjour et bon voyage !
A très bientôt à Paris !
f0176688_10193148.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2018-04-08 12:20 | 散歩 et カフェ | Comments(0)

パリより近い天空のフランスへ行って来ました。

f0176688_16441447.jpg
今日は、スカイツリーへ行って来ました。
そして、スカイツリーよりも高いところへ行って来ました。
なにそれ?


f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 明日のフランス語レッスンは、先生がインフルエンザにかかってしまったため、
 またもや次週へ延期となりました。
 ああ、フランス熱が日ごとに冷めていくKaolulu。。。

また宿題延期だな(汗)…と、やる気をなくし、
いつ行こうかなと思っていたスカイツリーへ、思いつきで行ってみることにしました。

f0176688_16442763.jpg
電車に乗って25分。
東京スカイツリータウン7階。
勤め先からも見えるスカイツリーは、ここだと近過ぎて「足」しか見えません。
うん、でもKaoluluの地元からだと「足」は見えないもんね。

お目当ては、スカイツリーではなくて、これ↓

f0176688_16442033.jpg
コニカミノルタ・プラネタリウム「天空」。(写真は14時ごろの様子)

11時の回に行くつもりが、起きるのが遅過ぎて断念、
13時の回を目指し、12時に到着して先に当日券チケットを買いました。

その時はまだ席はがらがらだったのだけど、お茶して上映10分前に戻って来ると、
満席?ってくらいの人が一杯集まってきました。

予想はしてたけど、カップルばっかり!!
女性1人でプラネタリウムに来るなんて…(汗)
いや、1人でなんでも出来るようにならねば。人生この先まだまだ長いんだから。

と、カップルたちに囲まれながらエントランスで待つ。
カップル向けにしては、スタリウムくんというゆるキャラが登場する前置きは、
意外にも子供向けっぽい演出。…で、長い。

Kaoluluが見たかったのはこの演目。

「フランス 星めぐりの空で」
星座の解説はなく、本当に純粋なる「ショー」。
バーチャルなフランス旅行。

登場するのは、
パリ天文台、モンサンミシェル、シャルトル、フォンテーヌブロー、
リヨン、ピレネー山脈のピック・デュ・ミディ天文台。


パリ天文台と聞くと、Kaoluluが思い出すのは堀江敏幸氏の「子午線を求めて」。
家に帰って本棚を探してみました。
f0176688_16443335.jpg
もう文庫版でさえ10年も前のものになるんだな。。。
せっかく出したので、もう一度読んでみようと思います。
あ、あとはパリ子午線といえば、「ダヴィンチ・コード」も思い出しますね。

フォンテーヌブローは、次のパリ旅行の時には行こうと思っているところ。
映像を見たら、ますます行ってみたくなりました。

リヨンの空では、
サンテグジュペリ繋がりで「星の王子さま」や「人間の土地」の一節が紹介され、
内藤濯や堀内大学の名訳が胸にぐさぐさ刺さる。

ピック・デュ・ミディ天文台からの朝日。
行ってみたいけれど、ここはちょっとハードルが高い。

せめてパリ14区にあるパリ天文台でも…って思うけれど、
現在工事中で一般公開はされていません。
ただ、昨年創立350年を迎えたパリ天文台は、サイトでバーチャルに訪れることができます。


いつか行けるといいなぁ。。。

f0176688_17445952.gif フランスに行きたいけど、今は行けない。
 そんな人に、いえ、そんな「カップル」にお薦めのプラネタリウムです。

「フランス 星めぐりの空で」は今年9月17日まで上映。
1月末までは200円引きの1500円で見ることができます。
f0176688_13504818.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2018-01-13 17:25 | 散歩 et カフェ | Comments(0)

カフェ発見/フランスのユズ栽培

f0176688_14334504.jpg
今朝は北風が強く、とても寒かったけれど散歩をしてきました。
午後になったら風も止み、ぽかぽか。
まだ若干オレンジ色の紅葉です。



f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 今日の散歩は9460歩。
 例のごとく、スマホなしの週末です(笑)

なぜ、スマホではなくデジカメで写真を撮っているのか?

その1)同じSDカードに写真を記録したい
その2)撮影時に設定することに慣れている
その3)スマホで撮影した写真をパソコンに落とすのが面倒くさい


というこの3つが理由です。特に「その3」が面倒。
誰か、手っ取り早くて安全な方法があったら教えてください。

f0176688_14531403.jpg
どんだけ田舎?という道を歩きます。だけどこんな森が残っているのはほんのわずか。
古墳のあった山も切り崩され、マンションやら一戸建て住宅やら、
次々と開発がされています。。。空き家もいっぱいあるのになぁ。
これから住む人は、そこがどんな森だったかも想像できないでしょう。

昨日は雨が降って寒かったので、1日家にこもっていました。
今朝食べるパンがなかったのはわかっていたけれど…。
ヨーグルトとコーヒーのみで朝食を済ませ、
地元の小さいケーキ屋さんでブランチ代わりのスイーツを食べよう!
と、北風吹きすさぶ道をずんずん歩いて行ったのですが、
時間が早過ぎたのか、はたまた臨時休業か、まだ店が閉まっていました。。。

と、その隣のお店に「11月11日オープン」とビラが貼ってあり、
入口を覗いてみると、ショーケースにケーキが並んでいました。
へぇ、昭和な居抜きの店にカフェがはいったんだぁ。

北風に耳が切れそうに痛かったので、とにかく入ってみることにしました。

f0176688_14532685.jpg
中は結構広くて、山小屋風のテーブルと椅子、吹き抜けの天井に吊るされたドライフラワー。

なんと、お客は「おばあちゃん100%」
Kaoluluが入ったとき、おばあちゃんが6人もおり「老婦人会?」と一瞬ひるむ(汗)
その後も入口に話し声が聞こえたと思ったら、やっぱりおばあちゃん2人組だった。

高齢者率タカっ…。

Kaoluluには低すぎるテーブルが、大きく見える小さいおばあちゃんたち。

でも、店をやっているのは若いお姉さん。
店の片隅ではアロマグッズなどの小物も売られていて、
決して「老人会」御用達の店ではなさそうです(笑)

f0176688_14533533.jpg
破格の400円モーニング。
ジャムは季節ごとに違う手作りだそうで、今日は「みかん」をお願いしました。

値段が値段だけに、たいして期待はしてなかったんだけど、これが結構本格的でした。
ジャムは最近ありがちなシャビシャビした低糖ジャムではなく、こってりしっかり甘い。
皮だけじゃなく、きちんと実が入っていて美味しいです。

マーガリンじゃなくてバターだし、
パンもそこらの食パンじゃなくて、ほんのり黄色がかったブリオッシュ風。
仕入れているそうだけど、工場で作られたパンじゃないのは味でわかります。

こりゃ、いいお店見つけたかも。
今朝、パンを切らしていてラッキー。
ランチも試してみたいです。

***

さて、フランスの話題がないと寂しいので、フランスのユズの話題を。



France3: Yuzu : l’agrume venu du Japon débarque en Normandie
 「ユズ、日本からやってきた柑橘類、ノルマンディー上陸」


EUはアメリカに比べると植物輸入の検疫が簡単。
そのせいか、日本の野菜がすぐにフランスでも普及する気がします。
ユズの場合は、日本食をフランスに広めるために食材の講習会を開いたりと、
日本側の努力もあったようですけどね。

サイトによるとユズは「日本のグレープフルーツ」とあだ名されているそう。
厚くてでこぼこした皮のまん丸いレモンのよう。
色は成熟度合いによって、濃い緑から黄色まである…と説明。

使い方は、スイーツレシピにもおかずレシピにも使え、
繊細で香り高い風味は、クリームやタルト、マドレーヌ、マカロン、エクレアなどの香り付けに、
果汁や皮も食べられ、その風味は特にタラやサバなどの魚や、ホタテやエビ、
牛のほほなど、肉にもよく合う。

ノルマンディでは、サフラン栽培で知られるGuérand家が、同時にユズの栽培もしているそう。
湿度が高いノルマンディー地方は、日本のユズを育てるのに向いています。
樹齢5年のユズの木は、今年で3度目の収穫を迎えました。
1本から120〜150個の実が成るそうです。
日本と同じで、秋から11月の最初の寒波までに収穫されるそうです。

1個5ユーロ!?

それでもユズはフランスのシェフたちを魅了。
Guérandさんの畑にも20本くらいしか木がないので貴重です。

ユズの香りがするとなんでも和風になってしまいます。
フランスでユズの香りのするものに出会うと、
ちょっと微妙な気持ちになるのはきっとKaoluluだけではないはず…。
f0176688_17445952.gif 日本でゲランやディオールの香水をつけている人とすれ違うと、
 「あ、フランス…」と思ってしまうのと似てます。

f0176688_182834100.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2017-11-19 15:38 | 散歩 et カフェ | Comments(0)

秋の光とキッシュ

f0176688_14590777.jpg
個人的には秋より春の方が好きですが、秋のこの低めに射す太陽の光は好きです。
目にはとても眩しい。でも、カメラを向けると、本当に見たままの美しさが写る。
コントラストが強く、くっきりとした影が心地いい。

ゴッホは浮世絵を見て、日本の景色は、はっきりくっきりしていると思ったのでしょうが、
実際の日本は湿度が高く、もやがかかったような青っぽさがあり、太陽の位置も高くて影が小さい。
しかし、秋から冬の日差しだけは、まるで浮世絵のように、ものの輪郭をはっきりと浮かび上がらせます。


f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 今日は1週間ぶりの散歩をしてきました。
 歩数;10,737歩。
 途中、良さげな柄のストールを衝動買いしてしまいました。
だけど、家に帰って纏ってみると、ちょっと大判すぎました…。
ふむむ。家でショールとして使うのがよさそう。

f0176688_14593653.jpg
まだ薄い黄緑色の銀杏並木。てっぺんでモズが高鳴きをしています。
雲1つない青空。

f0176688_14594612.jpg
舗装されていない土手の上の道。
草はまだ青々としているけれど、日差しはやはり秋。
晴れているのに空気は冷たい。

f0176688_14595398.jpg
ちょうどお昼、久しぶりに外で1人ランチをすることにしました。
春夏はハワイアン、秋冬はフレンチと、コンセプトが変わるちょっと珍しいカフェ。

f0176688_15000385.jpg
前に来た時はハワインな内装だったけど、フレンチバージョンはこんな感じ。

ランチはキッシュセット。

f0176688_15002208.jpg
トマトとホウレンソウのキッシュに、キノコのスープ。
欲を言えば、付け合わせのポテトサラダをピュレ(マッシュポテト)か
グラタン・ドフィノワ(ポテトグラタン)にしてくれると、もっと「フレンチ」になる。
あと、パンも添えて欲しいね。。。欲張り過ぎっ。

でも味はとても美味しかったです。スープもキッシュも◎。
キッシュはしっかりチーズの味がするし、ふわふわで、フランスより美味しいかも。

f0176688_15003115.jpg
デザートは2口のパンペルデュ(フレンチトースト)。
味はTerroir Parisienにも劣らずとろりと濃厚。
違いは舌触り。自家製だというこのパンは、少々きめが細か過ぎ。
あとは、温度かな。。。
やけどしそうなくらいのアツアツでサーブ欲しい〜。

って、欲張りなことを言っているけれど、コーヒーをいれても合計950円。

f0176688_15003867.jpg
あ、一口飲んじゃった後でスミマセン。

f0176688_1746594.gif 今度はパンペルデュ単品を食べてみたいなぁ。
 散歩のカロリー消費はこれでチャラですね(笑)
f0176688_182834100.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2017-11-12 15:31 | 散歩 et カフェ | Comments(0)

久しぶりの散歩・秋

f0176688_16112163.jpg
雨が降り続いた10月が終わり、気づけば11月に。
今日は文化の日でお休み。朝からよく晴れていたので久しぶりに歩いてきました。
近所のドラッグストア、ホームセンター、家電量販店、100均をハシゴしてきただけだけど(苦笑)


f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 ひさびさの散歩。
 万歩計は9489歩。
 3時間くらいぶらぶらしていたのに、
お店の中を歩いたくらいじゃ大した距離にはなりませんね。

スマホを買ったけれど、休日はあえて持ち歩かないことにしました。
誰にも繋がりたくない。大切な1人の時間。
愛用のカメラと、せいぜい重さ20グラムの万歩計で十分です。

思うに、腕力のないKaoluluに5インチスマホは大き過ぎたと反省しています。
老眼なので、小さいスマホでは文字が見えないと心配していたのですが、
使わないのだから別に見えなくてもよかったのだと、今更気づきました。

だから、これは「電話」じゃなくて「PDA」だと思うことにしました。
PDAって古い?(苦笑)昔の手のひらサイズのコンピュータ端末のことです。

周りのiPhoneユーザらに「プリインストールアプリが53コって多すぎ!」
と指摘されて結構傷ついたKaoluluは、削除したくとも
どれが不要アプリなのかわからなくて、全部入れたまま…。
各アプリの容量をチェックすると、エイリアスか?と思うほど小さい。
試しにタップしてみると、アプリダウンロードの画面に切り替わる…。
なぁんだ、アプリ本体はインストールされていないんだ!

f0176688_16110912.jpg
庭の水盤の金魚。
長老がせっせと世話をしているお陰で、みんな小さめの鯉みたいなサイズに成長。
近所の野良猫らに襲われた翌日は、餌をやっても出て来ない。
前回、新しい金魚を買ってきて入れてやってから数週間。
覗き込むと、底から上がって来る。
落ち着いたみたい。

明日も天気がいいようなら、少し自転車で走って来よう。
フランス語カフェレッスンの宿題もしなくては。

f0176688_17445952.gif 仕事のあるウィークデーと、なにもないウィークエンド。
 そんな日常に感謝。
f0176688_182834100.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2017-11-03 16:41 | 散歩 et カフェ | Comments(0)

ワインを飲みながら@神保町

f0176688_16423814.jpg
神保町のビストロ・マチュリスタ。「ワイン食堂」と称しています。
バスクのシャルキュトリーと、がっつり羊肉のグリルと、
そして各国のピノノワールばかりが並んだワインで乾杯。

昨日は仕事をさくっと終わらせて、久しぶりに神保町へ出かけました。
年に1、2度しか行かなくなってしまった神保町。
前回来たのはフランス旅行用にスケッチブックなどを仕入れに文房堂へ行った時だったか、
それとも顔なじみのビストロ・クルルへ行ったときだったか。。。
Kaoluluにとって、東京=浅草・大手町間なので、神保町はドンピシャな東京です。



f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 昨日は仕事帰りに都内まで行ってきました。

 本とカレーと楽器とスポーツ用品店の街・神田神保町は、
 カフェとワインの街になりつつあると感じました。

以前から純喫茶、いわゆるタバコの煙が漂う昭和な喫茶店は多い街でしたが、
最近はしゃれたスイーツやエスプレッソマシンが似合うカフェも登場、
そしてさらに、ワインバーが増えた気が…。

今回は、4月のフランス旅行中、ヴァンセンヌで会う予定だった
パリ在住の友人に会うためにビストロ・マチュリスタを予約しました。
急遽帰国が決まってしまい、パリで会うことはできなかったのだけど、
神保町で無事会うことができました(笑)
と言っても、実は彼女とは初対面…。

フランスの話題が通じる友達と、いっぱい話してとても楽しいディナーを楽しめました。
お互い初対面とは思えないほど!
話に夢中になりすぎて、豪快グリル料理を一枚も写真に撮りませんでしたよ…(苦笑)

***

ワインといえば、そろそろボジョレ・ヌーボーの予約が始まっている日本。
今年は去年よりも1週間ほど早く8月末には収穫が始まったそう。
vendanges(ブドウ収穫)はフランス各地で最盛期を迎えています。





France3 : Vendanges : des gendarmes patrouillent dans les vignes
 ブドウ収穫:憲兵、ブドウ畑をパトロール


ブドウ畑のパトロールは特に今年に限ったことではなく、名産地ではよくあること。
ブルゴーニュは収穫の時期になると、昼夜問わずに憲兵(警察業務も行う)が、
ブドウ畑をパトロールします。

2016年は季節外れの雹や霜、ブドウの木の病気で収穫量が減り、
そのために、ワイン100本分のブドウがケースごと盗まれたことがあったそう。
今年も厳重にパトロール。。。
組織的、計画的な窃盗団がいるらしい。
パトロールは犯人を捕まえるためというより、まずは抑止が目的のよう。

日本にも果物窃盗団がいると聞くけれど、
その果物がどこへ持って行かれ、どこで消費されているのか気になる…。
フランスのブドウの場合はいったいどこへ?

f0176688_17445952.gif 日本は欧州ワインの輸入関税(ボトル1本94円)を撤廃する予定。
 2019年ごろかと言われているけれど、果たしてどうなるのでしょう。
2年後が楽しみだなぁ。

f0176688_10193148.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2017-09-16 17:30 | 散歩 et カフェ | Comments(2)

もしかして4月以来の散歩かも

f0176688_16220295.jpg
久しぶりに晴れた日曜日。いや、週末に限らず青空を見ること自体が久しぶりな気がします。
かなりの運動不足で、肩こりやら腰痛を感じていたので、ちょっと歩いてきました。
汗をかいたけれど、空気はカラッとしていて秋の気配。



f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 今朝はフランス語のカフェレッスンがありました。
 いつもは自転車で出かけるのですが、今日はあえて徒歩で。

1時間のレッスンは、あっという間に終わってしまいました。
Kaoluluのフランス語はかなり幼稚なのでなんとかせねばなりません。
とりあえず通じてしまうと、なかなかそれ以上進歩しない上、
月1とはいえ同じ先生と1対1なので、話題が興味のある分野以外に広がらない…。
生徒がもう少し多くてもいいのかもなぁと思う今日この頃。

いい天気なので帰りは散歩をしてきました。
歩数:11,336歩
ここ数日、肩こりと腰痛を感じていましたが、姿勢を意識して早足で歩いていると、
だんだん体が軽くなり、肩こりも腰痛もなくなりました。
家に帰って来る頃には「まだ歩けるんだが…」という感じに。
やっぱり人間は歩かなくてはいけませんね。

f0176688_16220959.jpg
大きな川の土手をずんずんと北上。この川でカヤックに乗っている人は初めて見ました。
雨で増水しているから気をつけて〜。

f0176688_16221835.jpg
地元の歴史地区にはオシャレな和風カフェがいくつかあります。
行きたかったカフェはオープン時間より早かったので、よく行く方のカフェへ。
せっかく歩いたのに、結局甘いものを食べちゃうんだよね〜。

f0176688_16222727.jpg
しばらく来ていない間に、新しいメニューが登場していました。
みりんグラノーラを使ったパフェ。
バニラアイスとみりんグラノーラの上にキウイ、バナナ、イチジク、
それから甘酒の麹がシロップのようにかかっている。
美味しい。でも、量の割りには少々お高いかな。。。(650円)
ここでしか食べられないオリジナルパフェだと思えばいいのかも。

f0176688_16223534.jpg
ここのコーヒーはいつも美味しい。
ただ個人的には、もう少し口当たりの優しいカップのほうがこの味には似合う気がします。
前に来たときの薄いカップが好きだったな…。

お土産に焼き菓子をテイクアウト。

f0176688_17445952.gif 家に帰って、残り時間はアイロンがけと読書です。
 今月もオシゴトがんばろ。

f0176688_10193148.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2017-09-03 16:54 | 散歩 et カフェ | Comments(8)

春の足音と旅の安全

f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 旅行まで2週間。
 最近やっと旅立つ実感が出てきました。
 なぜ?フランスにいる夢を見るようになって来たから(笑)
荷物の準備は、薄手の服から詰め始め、後は下着と厚手の服。
今のところ、日本より暖かそうなクレルモンフェランの天気予報に少々困惑。
かといって薄手の服ばかりを持って行って予報が外れるのも恐い。

ベースは、カットソーやシャツを数枚、
ミドルは、薄手のセーター、カーディガン、スウェットパーカーを1枚ずつ。
アウターは、山らしくマウンテンパーカーと決めている。
山ガールならミドルはダウンかフリースでしょと突っ込まれそうだけど、
ま、Kaoluluは所詮ナンチャッテなので…(苦笑)

宿へのお土産を買うのは来週、又は当日空港の免税店(笑)
書類や旅行手帳はほぼ完成。
あとは…?

今日は「たびレジ」に登録しました。
奇しくもイギリスでテロが起こったばかり。
来週から学生たちの春休みが順次スタートするフランス。
フランス政府も国民にロンドンへは行かないようにと警告している様子です。
日本政府は、イギリスだけでなくフランスへの渡航についても再度注意を喚起し、
ヨーロッパに3ヶ月以下の旅行に行く人は、必ず「たびレジ」に登録するよう呼びかけています。

ガラケーのKaoluluが登録しても役に立たないかもと思ったのですが、
どうやら情報はSMSらしいので登録。登録自体はパソコンから可能。
長いメールを国際ローミングのガラケーで受信すると受信料がかかってしまうけれど、
SMSなら受信は無料。(送信は有料)
「必ず」登録するようにと呼びかけているのだから、無料じゃないとね。
国のシステムなのに、携帯電話会社に料金を払う仕組みはおかしいもん。
*後日追記*
SMSは安否確認のため、相互送受信で使用されるということ。
情報メールはメールアドレスに送信される。
ガラケーの場合は、パソコンのメールアドレスで出発前に登録をし、
ガラケーのアドレスを同時送信先として追加登録する必要があるようだ
メールは出発前にも送られて来るので、出発日までに追加登録すれば十分だろう。要受信料。




今日は、久しぶりに歩くためだけの散歩をしてきました。
坂道だらけのオーヴェルニュを1週間歩き倒すのだから…これも旅の準備。

f0176688_17504728.jpg
近くの大学の桜。先週見たときはつぼみが膨らみ、もっと早く開くかと期待していたけれど、
結局今週は晴れても冷たい風が吹き続け、気温が上がりませんでした。
1輪、2輪…やっと咲いてるって感じでした(笑)
満開まではまだまだ時間がかかりそう。

f0176688_17505408.jpg
大きな川の土手まで行ってみました。今年の菜の花は少ないかも。
まだまだ枯れ草が多く、見るからに寒そうな景色。

f0176688_17510693.jpg
でも、もっと南側、土手の反対側へ行くと満開!
アブラナの独特のツンとする匂いがしていました。
根元からまだまだ生えて来ている花の芽を摘んでいたら、上着が花粉だらけに!(涙)
ぎゃ〜〜!
お陰で帰りも猛スピードで歩けましたよ。早く花粉を拭き取りたい!って。

f0176688_1746594.gif 結果、今日は11,423歩歩きました。しかもたったの2時間で。
 かなりの早足で歩いていたということです(笑)
それでも全然疲れていないので、たぶん、旅行ではまだまだ歩けるはず。
いい天気になるといいなぁ。
f0176688_10193148.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2017-03-25 18:00 | 散歩 et カフェ | Comments(0)

Kaoluluの日誌:France/news/旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る