人気ブログランキング |

「ブルックリンの少女」ギヨーム・ミュッソ

f0176688_15362804.jpg
お墓参り以外特別なことはせず、お盆休みを過ごしている。
掃除をしようと、元アトリエの床を磨いてみたりしたけれど、
この暑さに、積み上がった本の山を整理するところまで至らず…。
結局、汗をかきながら、じっとして本を読んでいる。


f0176688_17413896.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 先月買った眼鏡、レンズの度が合わなかったらお盆休みに調整に行こう、
 なんて考えていたけれど、
 問題なさそうなので、外出する用事が1つなくなりました。

もともと左右の視力の差がありすぎるKaolulu。
比較的よく見える(と言っても0.2程度)右目で遠くを見ます。
しかし、眼鏡をしていると、老眼で近くがよく見えません。
一方、近くも遠くもほとんど見えない左目は、眼鏡をしてやっと近くが見えます。
右目で遠く、左目で近くを見ていてちょうどいい感じです。

さて、そうやって、近くも遠くも見えるようになりまして、本を読んでます。
(あと、先日届いたCornouailleのパンフレットも読んでます)
連休中は上記の本を読了。

昨年刊行されたもので、フランスの翻訳本としては異例なくらい書店に平積みにされていました。
そのくらいよく売れているということ。
しかし、「よく売れる」=「みんなが読んでる」と思うだけで、
なかなか触手が動かないのがあまのじゃくなKaoluluでして…(汗)

しかも、タイトルが「ブルックリンの少女」ときてる。
へっ、ニューヨークかよ、アメリカかぶれかよ!
…とフランスかぶれなKaoluluは、手にとるのも拒んでいました。

が、そんなに売れてるなら、逆に読まねばならないなと断念したのが今月頭で、
手にとった版は既に第6刷となっていました。

Kaoluluは常に本を数冊同時進行で読んでいます。
当然、面白くない本は次第にペースが遅くなり、最終的に放り出される場合もあります。
逆に面白い本は同時進行していた本を追い抜き、ついには他を振り切って一気に読み終えてしまうことになります。
「ブルックリンの少女」は後者でした。
お盆休みの前半で読破。読み始めたら止まらない。470ページ一気読み。

舞台はフランスとアメリカ。
アメリカは苦手なKaoluluですが、主人公がフランス人のため、
フランス的思考、フランス的感覚があって、意外と平気でした。
アメリカでの出来事を推理をする主人公が
「土曜日の午後だから店が閉まってたんじゃないか?」という問いに
「ここはアメリカだぞ、フランスじゃない」と答えたり(笑)

それと、フランスの警察小説は、気分が悪くなるほど残酷なシーンが出て来たりするのですが、
ギヨーム・ミュッソ氏の小説はそういうシーンの描写は比較的ソフトだと思います。
心理描写も違和感なく読める。
翻訳も自然でとても読みやすいと感じました。

f0176688_1746594.gif眠れない蒸し暑い夜にお薦めの1冊です。

f0176688_10193148.jpg


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kaolulu-nv | 2019-08-14 16:21 | 読書 | Comments(0)

Kaoluluの日誌:France/news/旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る