人気ブログランキング |

カンペールからの手紙

f0176688_22304157.jpg
カンペール・コルヌアイユ観光局から資料が届いた!
お盆休みは翻訳だな。。。(笑)


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
ブログ更新が本当に月1ペースになってきました(苦笑)

7月の連休明けに、カンペール・コルヌアイユ観光局へ
資料請求の手紙を投函しました。
ブログ読者のヒヤシンスさんに教わった方法で、
メールじゃなくて、あえて手紙で送る…!
そして、返信用に自分の宛名シールを同封するのがミソ。

…なんだけど、観光局の人はそれを使わずに、先方の宛名シールを貼っていました。
f0176688_17465224.gifなぜ?インクジェットだから雨で滲むと思ったのかも。
しかも、住所間違ってるし!無事届いてよかった。

本当は、観光局サイトにあった100ページの冊子が欲しかったのだけど、
さすがにそれは郵送するには重過ぎたようです。
100ページもあると、せっかくサイトにPDFが公開してあっても見づらいです。
観光局は、送付状に
「案内所には100ページの完璧な資料があります。無料ですので是非来て下さい」
とわざわざ書いてくれました。それが欲しかったんだよぉ。
現地へ取りに行きます。いつか…。

でも、送られて来た冊子もなかなかよく出来ていて、行き先を決める資料としてはとてもいい。

「Cornouaille コルヌアイユ」というのは、カンペールが主要都市となる地方の名前。
ブルターニュの半島の、一番東がその名も「Finistèreフィニステール県」(地の果て県)。
その南部、旅行ガイドなどには「Finistère Sud 南フィニステール」と書いてあるところ。

ちなみに、パリ・ブレストのブレストのある「Finistère Nord 北フィニステール」は
「Léon レオン」というらしい。

このあたりはブルトン語由来の地名が多く、読み方がわからなくて地名が覚えにくいです。
Quimper カンペールも、実はブルトン語で「Kemper」と綴ります。
フランスでKで始まる単語は全て外来語。
ブルターニュ地方がかつてブルターニュ公国という独立した国家であった証です。

カンペールを拠点に、コルヌアイユの街を訪ねようと思っています。

Kaoluluがどんな仏文の手紙を書いたのか、興味がある方もいるかもしれません。
まあ、DELF A2レベルの作文です(苦笑)

「私は日本人です。いつかカンペールに行きたいと思っています。この素晴らしい街の情報を探しているのですが、残念ながら日本では詳細を見つけることができません。フランス語が少し読めるので、そちらのサイトによさそうな冊子を見つけました。よろしければ、カンペールやロクロナン、電車やバス、徒歩で行ける周辺についてのものを1冊(デジタルではなく紙のものを)送って下さいませんでしょうか。私は歴史や美術、地方の特産物などに興味があります。それから、水彩画を描くので美しい景色も探しています。
春に1週間くらい滞在しようと思っています。
私の住所のシールを添付いたします。
どうぞよろしくお願い申し上げます。お返事お待ちしております。」


みたいな感じです。さあ、皆さんならどんなフランス語に訳しますか?
と言っても、Kaoluluも日本語を考えてから訳したのではなく、
フランス語で考えてから日本語に訳しています。
そうでないと、自然なフランス語にならないから。。。気をつけないとね。


f0176688_1746594.gif来年の春はちょっとまだ資金に不安があるので、再来年を目指して計画します!
パリ経由だとどうしても前後パリ泊になってしまいそう。
どうするかなぁ。。。
f0176688_10193148.jpg

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kaolulu-nv | 2019-08-03 23:19 | 気になるフランス | Comments(0)

Kaoluluの日誌:France/news/旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る