人気ブログランキング |

MacからWindowsへのハードル

f0176688_12041045.jpg
令和クッキー。
自由が丘ロール屋の令和クッキーを友だちがくれた。
もったいなくて食べられない。
食べるタイミングがよくわからない(苦笑)


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
さっそく本題。
昨日、安いUSBメモリを購入しました。
Kaoluluのバックアップは意外と小さく、
500GBの外付けHDDに70GB弱しかありません。

1995年というパソコン黎明期を知る人は、
無闇にデータを保存しておくことに抵抗を感じると思います。
とにかく、内容を吟味して、本当に保存しておきたいものだけ残す…。

64GBのUSBメモリ1本に収めよう。

と、思っていたのだけど、思わぬ壁に行く手を阻まれました。

USBメモリの書き込み速度の遅さ!

今の時代、64GBなんてスススノスイだ…と思っていたKaoluluが無知でした。
確かにUSB3.0のデバイスを持っていれば、2.0の10倍の速さかもしれない。
いや、それだって、実は「読み込み速度」で、「書き込み速度」ではないのです。

2GBのフォルダを30分かけてコピー、3GBのフォルダを1時間かけてコピー、
1.5GBのフォルダを…と忍耐強くコピーしていたのですが、
途中でゲージが全く動かなくなりました。残り時間3時間?なんで増えてんの。

SDカードだったらよかったのかな、高価なUSBメモリならよかったのかな…
などと、ネットで情報を収集。
結局、USB2.0がどうのとか、値段がどうのという問題ではなく、
USBメモリ(フラッシュメモリ)はそもそも書き込みが遅いとわかりました。

特に、同じ容量でもたくさんのファイルが入っているフォルダは遅い。
回避策として1.5GBのフォルダをZIP圧縮し、1つのデータにすればかなり速くなる。
1時間かかったコピーが20分で終わることもありました。
ほっ。

ただ、外付けHDDから直接USBメモリにコピーするのは不安なので、
一旦内蔵HDDにコピーして圧縮、それからUSBメモリへコピーしています。
自分の手間よりも、内蔵HDDを無駄に駆使させるのがちょっと気になります(苦笑)
この子ももう7歳なもんで。。。

とりあえず、この方法を続けるつもりですが、
他の方法はないものかと検索をすると、WindowsでMac拡張フォーマット(HFS Plus)を
読むことができるソフトウェアがいくつかあると知りました。

個人での利用は無料のParagon HFS+ for Windowsがよさそうな気がします。

Windows10でも使用できるみたい。
ユーザ登録は必要みたいだけど、アップデートなどのサポートを受けるには仕方ないかな。
ドイツの会社ですが、日本事務所もある様子。

Windowsへの乗り換えの際にはインストールを考えようと思います。
1回読み込んでしまえばもういらないので迷いますが…(苦笑)

HDDの寿命も永久ではありません。
増えていくデータを次のディスクへ、また次のディスクへと引っ越し続けるか、
諦めてさくっと捨ててしまうか。

この数日、そんなことをずっと考えています。

人の寿命は永遠ではないけれど、そこそこ長い。
パソコンよりもスマホよりもずっと長い。

どんな記憶をどこに残すか。
その記憶を振り返る機会は本当にあるのか。

写真などなくても、自分はそこに存在した。
作品など残さなくても、自分はそこに存在した。

f0176688_12041853.jpg
友だちのために焼いたアールグレイのケーキ。
真ん中の部分は味見用(笑)

食べたらなくなる。世界で1つのケーキ。
f0176688_10193148.jpg

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kaolulu-nv | 2019-05-03 12:43 | パソコン環境 | Comments(0)

Kaoluluの日誌:France/news/旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る
更新通知を受け取る