バナナ・ヨーグルトケーキ gâteau yaourt à la banane と読書

f0176688_17133102.jpg
昨日の夜、いつものヨーグルトケーキのレシピにバナナを加えて、バナナケーキを作った。
かなりボリュームがある。これで食欲の秋と読書の秋を満たすのだ。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
バナナケーキを作ろうと、10日間も熟成させていたバナナがありました。
常温で皮がヒョウ柄になるまで熟成させ、
その後冷蔵庫に入れておいたもの。
もっと早くケーキにしたかったのだけど、
週末になると暑くなって、オーブンを使う気がなくなっていました。

やっと昨日の夜は涼しかったので焼いてみました。
基本のレシピは先日のレモン・ヨーグルトケーキと同じ。

ただし、今回はプレーンヨーグルトではなく、バニラ風味ヨーグルトを使用。
大きめのバナナ1本、レモン半個分の絞り汁をふりかけて、
フォークでピューレ状になるまで潰す。
他の材料は何も減らさず、ただ、最後にバナナピューレを加えるだけ。

f0176688_17133795.jpg
バナナのいい香り。味はちょっと甘過ぎたかも…(苦笑)
バニラヨーグルトではなくて、プレーンヨーグルトでよかったな。
冷やしても美味しかったけど、トースターでカリッと焼き直してもいいかもしれません。

そして、甘いものを食べながら、今日読み終えたのはこちら↓
f0176688_17134508.jpg
何をいまさら…と言われそうな数年前のベストセラー。
基本、ベストセラーは読まないんですが、
今年の春に岩波書店の「広辞苑」が改訂になった際、
ニュースに知っている編集者が出ているのを見て、やはり読まねば…と思ったのです。

岩波書店はKaoluluがイラストの仕事を始めるきっかけをくれた出版社。
お世話になった17年間に、20人以上の編集者とお仕事をしました。
その間に異動になった方も多く、中には現在辞書編集部にいる人もいます。

舞台はKaoluluにとっては今でも親しみのある神保町。
本に登場する洋菓子店はあそこだろう、中華料理店はきっとあそこだね…と見当がつく。
とても懐かしい気持ちになって読了。

言葉というものに、以前ほど神経質ではなくなったけれど、
仏語を勉強しているから、辞書は毎日使っています。
電子辞書にしてからは、意外と国語辞典も使う機会が増えました。
仏語に訳そうと思った時に、日本語の意味が知りたくなることもあるし、
仏和辞典で調べた日本語が、古過ぎて意味が分からないってこともあるから。

言葉。
人が人として生きていく上で、なくてはならないツール。

絵や映像でも気持ちは伝えられるし、百聞は一見にしかずとは言うけれど、
人の記憶は映像だけではなく、言葉にすることで強く残る。

Kaoluluは子供のころをあまり覚えていない。
それは、母がいないため、共有した記憶を語る機会が皆無だったからだと思う。
普通の人は子供の頃のことを覚えていると思っているけれど、本人が実際に見た記憶ではない可能性が高い。
機会があるたびに、親が自分について語った話であることが多い。

言葉は感情の単位。記憶の本体だと思う。

f0176688_10193148.jpg

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kaolulu-nv | 2018-09-24 17:52 | 節約お菓子 | Comments(0)

Kaoluluの日誌:France/news/旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る