プラスチックの未来

f0176688_14501881.jpg
アメリカでプラスチック製のストローが禁止になったことは日本でもニュースになっていたが、
フランスでもストローと小さなマドラーは禁止となっている。
それに加えて、カトラリーや容器の廃止も、先週金曜日にフランス国民議会で可決された。
とても気になるニュースだ。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
日本は3連休。来週も3連休、
月末の1週おいてそのまた次も3連休。
まるで週休3日のようなJaponの初秋です。

Kaoluluは、たまった本を読んだり(たまってるのに新たに買った!)、
ネットで「下町ロケット」の無料視聴をしたりして過ごしています。

今朝はフランス語のレッスンにも行って来ました。
Kaoluluの耳も頭もすっかり日本語化してしまい、
子供並みのカタカコトになってしまいました。
フランス行きたいな〜と航空券を検索しても全然値が下がらない。
なんだかフランス語学習意欲がそがれます。安くならないかなぁ。

今日はそんな頭に喝をいれるべく、ニュースを1つ紹介します。

「プラスチック製カトラリーと容器、2020年に禁止されるだろう」

LCIの動画サイトはレジュメがないので、Le Mondeの記事を参考にします。

プラスチック製の使い捨てストロー(paille)と小さいマドラー(bâtonnet mélangeur または touillette)は既に廃止が決定されています。

もちろん、「1回しか使わないもの、生物分解されない素材でできているもの」に限ります。
ストローなどはもう一度使おうと思う人はなかなかいないでしょうけどね。

フランスでは、農業大臣がまだ検討が必要と反対している段階なのに、
国民議会はさらに多くのプラスチック製品の禁止を盛り込んだ修正案を可決。

加えられた製品は、

カトラリー(couverts)
ピック(piques à steak:日本ではよく弁当に使うようなピック)
使い捨てコップのふた(couvercles à verre jetables)
総菜プレート(plateaux repas:弁当のように仕切りがあったりする)
アイスのカップ(pots à glace)
サラダボウル(saladier)
箱(boît:まさに弁当箱のような容器)

フランスはレジ袋も既に禁止されている。
プラスチック依存から脱却し、次の10年に立ち向かおう、
フランスが先頭に立とうとういう意気込みだ。

一方、反対している農業大臣は、
「廃棄物の量、特にプラスチック製品ゴミを減らすためには、行動の変革が必要だ。
だが、一貫性が必要となる。…経済面とエコロジー面の影響をより深く推算するためにも、情報を整理したい」
と説明する。

使い捨てのプラスチック製品を禁止することで、どんな経済的影響があるのか、
Kaoluluも個人的にとても気になります。
紙製や生物分解可能物質製に変えるとコストがかかるし、物価も上がるかもなぁとか、
植物油やパルプを生産するために森が切り開かれたりして、自然破壊にならないかなとか…。

日本はまだストローもレジ袋も使っているけれど、
街中にゴミを捨てないようにしているし、プラスチックのリサイクルもあるので、
フランスとの単純な比較は難しいです。

今回の国民議会の決定には、もう1つプランがあるらしい。
contenantes alimentaires de cuisson、つまり、加熱可能なプラスチック容器。
保育園から大学の学食(給食)に使われている加熱可能容器を2025年までに禁止するというもの。
住民2000人以上の自治体では2025年までに、2000人以下の自治体では2028年までに実施。
加熱可能な容器は使い捨てじゃないじゃん!
って思うのだけど、この場合の目的は、子供の健康を守るためと環境保護なんだとか。
子供の健康…う〜む、そんな影響あるのかなぁ。
ただし、これは実験的に期間3年で行ってみるということらしい。

f0176688_17465224.gif 日本の弁当屋やコンビニが聞いたら卒倒しそうだわ(汗)

軽くて錆びない、割れにくいプラスチックは、容器としてとても便利な素材。。。
たとえば、薬品や化粧品が昔のようにガラス瓶で流通するようになることは想像できません。
重くなれば今度は輸送にコストがかかる。つまりガソリンも消費する。

なにが最もエコだろう?

リサイクルされるシステムを作ること?
これは一番必要だけど、1人ではできませんね。

買い物をする時に「これは本当に必要か?」と考えること。
どのくらいの期間使うことができるのか考えること。

Kaoluluがすぐできそうなのはこんなことくらいかな。

f0176688_10193148.jpg

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kaolulu-nv | 2018-09-16 16:08 | 気になるフランス | Comments(0)

Kaoluluの日誌:France/news/旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る
更新通知を受け取る