今も昔も

f0176688_11352006.jpg
関東地方は、canicule一休み。
月2回にしたフランス語レッスンは、7月5週目ということで今週はナシ。
久しぶりに宿題のない週末、読書を楽しんでいる。


f0176688_17413896.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 フランスは、ワールドカップ優勝の後は、
 大統領のボディーガードのスキャンダルと、
 酷暑とモンパルナス駅運休と、
そして、今日、いよいよ最終日となるツール・ド・フランスのニュースでいっぱいです。

Kaoluluはニュースはなんとなく斜め読み、
さらっと聞き流してしまっています。だめだなぁ……(汗)

今週末夢中になっているのは読書。
毎週金曜日は帰りに近所の書店を散策することにしています。
平積みになっている本ではなく、あえて、本棚の背表紙を眺めて、
気になるタイトル、気になる著者を探す…。
今の自分の気持ちにあった本を見つけたら買う。

金曜日みつけたのは、Kaoluluが生まれた頃に書かれた本。


タイトルを一見すると、よくある題材なのだけど、
対談している人たちがスゴイので気になった。
なかをパラパラと覗いてみて、これは、と思ったので買いました。

40年も昔に行われた対談なのに、今でも全く古くなっておらず、
いや、むしろ、今でも同じことを議論している私たちの進歩のなさを情けなく感じる。

東京オリンピックを前に、日本は外国人観光客を呼び込み、実際に増加の一途だ。
テレビは「外国人によく見られたい日本」を意識した番組を多く放送している。
(この4ヶ月、朝のニュース以外テレビを見ていないKaolulu…。なので詳しくは知らないが、この手の番組が増えすぎたことがテレビに興味をなくした理由だ)

しかし、この日本人の「外国人によく見られたい」という感情は、
奈良時代にもあったと、両大先生はおっしゃっている。

対象は、かつては中国、欧米、そして今後はまた中国なのだろうか。。。

「外国文化の受け入れ方」という項で、キーン先生は
「…あらゆる面に外国文化に対する愛と憎、受容と抵抗の関係があるように思われます」
とおっしゃる。
その感情こそが、日本文化が芽生えた要因。

男性的でおおらかな「ますらおぶり」、女性的で優美で繊細な「たおやめぶり」。
これは和歌の歌風をいう言葉ですが、この話題も面白い。
日本人は元来、男も女も「たおやめぶり」らしい。
だけど、外と対等に接するために無理して「ますらおぶり」であろうとする。
無理だとわかると「たおやめぶり」に戻る。

Kaoluluの言葉では上手く説明できない。。。(苦笑)

「ますらおぶり」は客観的、「たおやめぶり」は主観的にものを言う。
前者は大陸的、後者は侘び寂び。

これはKaoluuの考えだけど、
日本人は仲間意識が強くて、似た者同士が集まって主観的にものを言うのが好きだ。
会社帰りに同僚と飲みに行くとか、ママ友同士でランチ会を開くとか。
逆に、フランス人は移民が多くて個々が違うことを認めている社会だから、
日本のように内輪で飲みに行って主観的な話をする機会は少ない。
だから客観的な共通の話題、スポーツや文化、政治などの議論を好む。

今後、日本に外国人が増えたら、たおやめぶりが通じる外国人が増えるのか、
それとも、ますらおぶりな日本人が増えるのか…。
まあ、日本に来る外国人は、大概たおやめぶりになって帰国するみたいだけど。

f0176688_1437184.gif…とKaoluluの考えはおいといて、
この本は一気読みしてしまいそうです。

f0176688_10193148.jpg


[PR]
Commented by cdg2e at 2018-07-30 09:09
”日本に来る外国人は、大概たおやめぶりになって帰国するみたいだけど。”
同感です。!!
Commented by kaolulu-nv at 2018-08-11 13:10
> cdg2eさん
お返事遅くなりまして申し訳ございません!

もちろん、例外もありますけどね(笑)
4月にやってきたフランスの知人は、3ヶ月の大冒険(東京、台湾、韓国、福岡〜京都〜長野〜富士山)を計画していたのですが、台湾、韓国で挫折、早めに日本へ戻って来たものの、途中でフランスが恋しくなって1ヶ月も早く帰国してしまいました。

どうやら彼らには食事が合わなかったみたいで…。彼らにとって、日本は加工食品がびっくりするほど安い。そのため、安い弁当ばかり食べていたようです。逆に野菜や果物は高く、自炊をすると高くつく…。日本は長期滞在するよりも、1週間くらいの贅沢な旅に適しているのかもしれませんね。(あと、彼らは冒険をするには少々歳をとりすぎたのかも…汗)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kaolulu-nv | 2018-07-29 12:43 | 読書 | Comments(2)

Kaoluluの日誌:France/news/旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る