FlyView 13分間パリ上空の旅

f0176688_12522508.jpg
「FlyView」という新しいアトラクションがパリのど真ん中にオープンして1ヶ月過ぎた。
Kaoluluはオープン前にフランスのラジオで知ったが、
具体的にはどんなものなのかわからなかった。
その様子が先日、Télé Matinで紹介されていた。
予想通り大人気の様子。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
昨夜、パリでナイフを持った男が5人を斬りつけたと
日本でもニュースになっています。
テロなのか、思想に感化された模倣犯なのか。
後者もテロの分子と考えていいのでしょうか。。。

今回紹介しようと思っている「FlyView」は、事件のあったパリ2区にあります。
CDG空港からロワシーバスに乗るとたどり着くオペラ・ガルニエのあたり。
観光客が多いエリア。

FlyViewは、フランス初、いや世界初の試みのVRの施設だそう。
VR装置をつけて、パリ上空360°を見渡す旅ができる。
そう聞くと、バーチャルで自由に空を飛べるのかなと思ったけれど、そうでもないらしい。



オープンから1ヶ月経って、実際のアトラクションをニュースで見てみると、
まるで本物の空港のような内装、一人一人がジェットパックを背負って旅立つが、
自由に飛ぶのではなく、観光コースが決まっているという形式だ。
VR技術で特異な経験ができる。

飛行時間は13分。
だけど、準備などを入れると45分くらいかかるそう。
ネット予約が必須で、料金は15ユーロ。

値段も手頃なので、これは人気でるのも頷ける!
パリ観光へ行く方にはぜひ体験して来て欲しい。(で、感想聞かせて!)

ニュースチャンネルLCIに、FlyViewを紹介した360°画像があった。



こないだパリの民宿のホストらと日本で再会してから、
なぜか、次はパリではなくて、やっぱり地方がいいなと思い始めてしまったKaolulu…。
次にフランスに行く時は、FlyViewを体験する時間はあるかなぁ。
それこそ、帰国でロワシーバスに乗る前に、ちょっと行ってみるってのもいいかもしれない。

今日はフランス語のカフェレッスンをして来た。
近頃、考えないとフランス語が口から出て来なくなってしまったので、
来月からは月1回から2回のレッスンに変更をお願いした。
f0176688_17465224.gif お金はかかるけど、初心と向上心が大切!と自分に発破をかけた。
 自然に口からフランス語が出て来るようになるまで頑張ろう。
絵を描かなくなった自分からフランス語までなくなったら何も残らないから(苦笑)

f0176688_10193148.jpg

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kaolulu-nv | 2018-05-13 13:13 | 気になるフランス | Comments(0)

Kaoluluの日誌:France/news/旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る