神社とピティヴィエと小さな幸せ

f0176688_14302576.jpg
今朝は、地元にいながら行ってなかったなという神社へ散歩。
と言っても、狭い歩道のある車道を1時間かけて歩くのは危険なので、
電車で遠回りして行ってみた。

どうやらここは子供の神社として有名らしく、
生まれたばかりの赤ちゃんを連れた若夫婦が数組、着物姿で参拝していた。

残念ながら、子供とはほぼ無縁のKaoluluは、
自分の健康と精神的成長、ついでに来週中国出張する会社の同僚らの旅の安全を祈って
手を合わせて来た。

広い領内のそこかしこに、神道の裏に隠された政治の匂いがただよっていて、
この空気をどう捉えていいものかと悩みながら、ぐるりと散策。

政治に利用される神様たちの歴史。
それは洋の東西を問わないものだけれど、
こんな片田舎で綺麗に手入れされ(すぎ)ている社殿に、
思わず眉をひそめてしまっている自分がいた。


f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 今週末の天気はあまりよくありません。
 天気がよかったら日比谷公園の日本産ワインのイベントに
 行ってみようかなと考えていたのだけど、
土日両日とも芳しくない様子です。
今朝は地元の神社へ行き、帰りにウィンドゥショッピングでふらふら。
これから、フランス語レッスンの宿題をしなくては。

散歩帰りにパティスリーへ寄り道。

f0176688_14303519.jpg
ショーケースの美しさに釘付け。ここはパリか!?

パリ・ブレストやタルト・トロペジェンヌが1アントルメ1400円って安くない?
ピエスで4〜500円することを考えたら…。
こんど姪っ子が家に遊びに来る時は買いに来よう。

1人でアントルメは食べきれないので、お昼用に総菜やヴィエノワズリを買うことにした。
f0176688_14304507.jpg
キッシュは土日限定販売で、数種類あった。定番のキッシュ・ロレーヌにした。
これが、フランスで食べた熱々のキッシュにも劣らない美味しさ!
絶妙な塩梅。バターもチーズも卵もクリームも、きっと質のいいものを使ってる。

そして、1個しか残っていなかった小さなピティヴィエ!Pithiviers !
f0176688_14310011.jpg
お正月に食べられなかったガレット・デ・ロワのリベンジだ。
小さいけれど、一丁前にピティヴィエの形をしてる。
ピティヴィエだから、もちろんフェーヴは入っていない。
でも、外のパリパリ感も中のしっとり感も、まぎれもなくあの味!

美味しくて、いいものを食べる。

それが働いて稼ぐことの意味のような気がする今日このごろ。
定期収入がなく、100円単位でカツカツ生活をしていたころにはできなかった贅沢だ。
だからこそ、この小さな喜びが大きな幸せに感じられる。

老後のための貯蓄もしなくちゃいけないけど、
必ずしも長生きするとも限らないので、
ちょっぴり余裕あるなら自分の喜びに投資して、「今」幸せになったほうがいいと思う。
Kaoluluはドカンと投資しなくても、幸い、数百円で幸せになれるタイプだ(苦笑)

f0176688_17445952.gif 美味しいという感情は、気持ちを優しく穏やかにしてくれる気がする。

f0176688_10193148.jpg


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kaolulu-nv | 2018-04-14 15:17 | 散歩 et カフェ | Comments(0)

Kaoluluの日誌:France/news/旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る