偶然、Myrtilleで…〈Clermont-Ferrand〉ven. 14 avril*7日目4

f0176688_14223254.jpg
クレルモンのサンピエール市場の目の前にある、ヴェジタリアンカフェ Myrtille ミルティーユ。
ヴェジタリアンでもヴィーガンでもないKaoluluが、オーヴェルニュの旅最後に訪れたところ。
そこで待っていたのは……。





f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 今朝はフランス語のカフェレッスンに行って来ました。
 先月、E3(ゲームショー)の仕事でロサンジェルスに行っていた先生。
 写真を見ながら、いっぱいお土産話を聞かせてくれました。
聞けば聞くほど、アメリカって不思議な国ね…(笑)

> Deux polices à cheval que j'ai vu étaient toutes ! 出会った2騎の騎馬警察は、それで全部だった!
f0176688_14224291.jpg

ポール通りを東へ下り切るとDelille広場に出ます。
ここで噴水の写真を撮ろうとしたら(↑の写真はちょっと後に撮影したもの)、
広場の東の大通りを、馬に跨がった警察がやってきました!!

急ぎ、駆け寄ってカメラを向ける!

f0176688_14225138.jpg

これがこの4月からクレルモンフェランに導入された騎馬警察!→4月の記事
会えるとは思ってもいなかったので、大感激。
ただし、カメラを向けても、馬も警官もポーズをとってはくれません(苦笑)

f0176688_14232822.jpg

わざわざ走って来て、カメラを構えていたKaoluluを見て、
近くにいた女性が「Le cheval, c'est beau.」と笑いかけてくれました。
その女性も美人でした。

f0176688_14234032.jpg

ホテルの看板が見えてきました。
ただ今10:35分。11時までに荷造りを済ませて、部屋を軽く片付けて、
帰りの列車が13:26発だから、13時くらいまで荷物を預かってくれるよう頼まなくちゃ。

と急ぎ足になっているところへ、後ろから、パッカパッカ蹄の音が…

f0176688_14241373.jpg

あ、また会った!!さっきの騎馬警察!

f0176688_14242467.jpg

さっきは気づかなかったけど、馬だけじゃなくて、自転車ポリスが先導してるんですね。

道端でカメラを構えている観光客がいても、決して停まりません。

f0176688_14243479.jpg

ホテルの前の道をパッカパッカ…とパトロール。

ホテルのレセプションで「馬、見ましたか?」と真っ先に聞かれました。
「見ましたよ!かっこいい」
「最近始まったんですよ、騎馬警察」
「馬は、市内で2頭だけなんですか?」
「そうだと思うわ。あれで全部」


ニュースでも2頭しか映ってなかったけど、クレルモンフェラン全域で2頭だけとは!
それで出会えただなんて、超ラッキーかも?
なんとなく気分がいい。。。

f0176688_14244266.jpg

ホテルの窓からの眺めもこれが最後。
チーズを保冷パックにいれ、ほぼ全ての荷物をボストンバッグに詰めました。
壊れたカメラが結構重い。
不要になった書類は、少しばかりの小銭とお礼の飴とチョコとともに部屋に置く。
持って帰る本や雑誌はリュックに詰める。

15kgくらいありそうなカバンを肩にかけて、レセプションまで下ろします。
電車に乗る時は、チーズはリュックに詰め直そう。。。

13時頃に戻ると告げて、再び外に出ました。

f0176688_14250211.jpg

Hôtel Albert Elisabeth、二つ星だけど、改装されたばかりで清潔、駅近、旧市街近、
レセプションもフレンドリーで親切、そしてなにより安い!
Kaoluluが個人的に★★★さずけよう。(って誰も嬉しくないか…)
最上階、通り側、眺めの素敵なお部屋をありがとう。

> Au dérinier moment, une rencontre inattendue 最後に思いがけない出会い
f0176688_15101583.jpg

11時過ぎ。。。さて、13時まで2時間弱、なにしようか?
今朝訪れたサンジョゼフ市場を描こうかと、スケッチブックと絵具を持って来たけど、
周り中駐車されていて、全貌が見えません。
地面に座ると車に隠れてホールが見えなくなるし。。。
ホールの周りを1周しても、落ち着いて絵を描けそうな場所はない。
市場を描くなら、市場が開催されていない日を狙うべきでしたね(苦笑)

少し離れたところにベンチを見つけたけれど、そこからでは遠過ぎて描けませんでした。

11:30、諦めて荷物を畳み、散歩中に見かけて気になっていたカフェで軽く昼食をとって、
クレルモンを出発するのも悪くないと思い直しました。

f0176688_15103731.jpg

そういや、ホテルから一番近い広場、Place Salford サルフォール広場の写真を撮っていませんでした。
ここを通らないとホテルから旧市街にはいけないので、ほぼ毎日通っていました。
広場というか、交差点というか、複数の道が交差するちょっと変わった作りの広場です。
ハンバーガーのアトリエ・マリウスは、この広場とDelille広場の接する角にあります。

f0176688_15245162.jpg

もう、地図なしで歩けるようになったクレルモンの旧市街。
ポール通りを上って、ノートルダム・ド・ラソンプションを目指す。

f0176688_15110692.jpg

もう何枚も写真を撮っているからちょっと遊んじゃおう。逆光のバイエットの塔。北西からの鐘楼。

f0176688_15104601.jpg

大聖堂に切り取られた雲。

f0176688_15114039.jpg

今度はグラ通りを下って、サンピエール市場を目指す。

f0176688_14223254.jpg

11:50。やってきたのは、サンピエール市場の目の前にある、ヴェジタリアンカフェ Myrtille
ここは旅行前にもチェックしていたカフェです。→ Mugの動画
Myrtille
4, Petite rue Saint Pierre
Clermont-Ferrand
tel: 04 73 39 09 97
火〜土:9:00〜18:00 日月休
入る前に、外観の写真を撮ろうとカメラを構えていると、
店の入口で、フランス人の女性が手を振っているのが見えました(↑顔をだしている人)。
「え、私?」と思わず、後ろを振り返る。
誰もいない。。。

旅行中に出会った人かなぁ、誰だったかなぁ…と思い出そうとしながら、
店の中に入って、女性に話しかけようとしました。
「あ、あら、人違いだったみたい。すみません」
と女性に謝られてしまいました。

その女性は、日本人の友達とこのカフェでランチを食べる約束をしていて、
私のことをそのお友達と勘違いしたそう。
立ち話をしていると、その待ち合わせの日本人のお友達がやってきました。

思わぬところで、いや、このオーヴェルニュの旅、最後の数十分というところで、
なんと、日本人に遭遇!!


はじめましてとご挨拶。
お友達のフランス人とフランス語で会話していたKaoluluを見て、
クレルモン在住の日本人が1人増えたのだと思ったそう(笑)
ただの旅人だと知って2度びっくりされたでしょうか。。。

フランス在住の日本人2人、台湾人1人、日本好きなフランス人1人のママ友の会だそうで、
そこへ見知らぬ日本人の旅人が加わるなんて、本当にすごい偶然!
…というわけで、ランチをご一緒させてもらうことにしました。

f0176688_15112938.jpg
*プライバシーを守るため、顔は人面鳥にしてあります…クレルモン在住のマダムたち!

こんな偶然ってあるんですね。。。!!びっくりです。
お友達だと勘違いされて、Kaoluluに手を振ってくれたマダムAさん、本当にありがとう!

f0176688_15121137.jpg
可愛らしい店内。地元産の野菜を使ったランチが人気のミルティーユ。

Kaoluluもランチをと思っていたのだけど、
嬉しいハプニングと、予想以上に手の込んだ素敵なお料理だったため、
残念ながら時間が足りなくなってしまいました。
Kaoluluは、30分後にはここを出て、ホテルで荷物を受け取って駅に行かねばなりません。

f0176688_15124375.jpg

お店の人に素敵な偶然を説明し、Kaoluluはカフェだけいただいておいとますることに。

明日からオーヴェルニュ地方の学校は復活祭の春休み。
来週だったら、クレルモンを案内できたのにぃ〜と言ってくれ、
その気持ちだけでも本当に嬉しいです!
来週だったら、こうして会えなかったかもしれないし!

日本好きなマダムAさんは、Kaoluluよりもずっと日本旅行について詳しそう。
日本の地方にも行ったことがあるそうです。

f0176688_15141956.jpg

ピンボケになってしまいましたが…(汗)
キャベツのファルシの中は、お肉ではなくてお米なんだって。
あ〜、スケッチ場所なんて探してないで、もっと早い時間に来ればよかった〜!

12:30、30分なんてあっという間。。。
ランチが食べられなかったので、電車の中で食べられるお菓子を買いました。

f0176688_15145484.jpg

台湾人のCさんお勧めのノワゼットとショコラのクッキー(足の付いたお皿の上)。

f0176688_15153111.jpg

偶然の出会いはMyrtilleで。平日のランチタイムを楽しむママさんたちで賑わっています。

f0176688_15160145.jpg

お店の2階の窓から、猫が顔を出してました。すぐ目の前がサンピエール市場。
ヴィーガンのお店の2階じゃ、魚は食べられないのかな?

さあ、少し早めだけど、ホテルに戻って荷物を受け取ろう。列車の旅は早め早めが肝心。
13:26 クレルモンフェラン発、Intercités 5970号に乗ってパリに帰る。

f0176688_15163286.jpg

f0176688_17445952.gif 楽しかったオーヴェルニュの旅。毎日見ていた黒い大聖堂。
 親切で明るいオーヴェルニュの人々。
そして、最後に出会ったクレルモンに暮らす日本人の方々。
素敵な旅にすることができたのは、みんなのお陰。
本当にありがとう!Merci mille fois !



フランス旅行記2017〈パリ郊外とオーヴェルニュ〉全記事表示
f0176688_10193148.jpg

[PR]
Commented by nana33 at 2017-07-03 15:03 x
Bonjour Kaolulu-san ! Au matin du 7ème jour, vous n'avez pas voulu quitter de Clermont-Ferrand, je crois. 帰りたくなくて、後ろ髪惹かれる想いですね。旅日記を読んでいると、今も、そこに、その場所にKaolulu-sanが居るような気がしてきます。
 6日目、7日目の写真に写っている街に生活している皆さん・・・旅行者慣れして、何気なくも親切。やっぱりフランス語で話しかけるって大事ね。

 毎日見守ってくれたCathédorale Notre-Dame de l'Assomption,この大聖堂の写真だけを全部繋ぎあわせて、一つの作品にしてみては? きっと、大迫力!
 4枚目の、お気に入りの街角の鉛筆デッサンも素敵ですよ。 私も旅先でスケッチしますが、風は吹くはスケッチブックはグラグラ動くはで、いつも苦労してます。でも帰国して部屋で見ると、そこに居る新鮮さが出ていて、それはそれで貴重ですよね(笑) À bientôt !
Commented by kaolulu-nv at 2017-07-03 22:00
> nana33さん
Bonjour Nana-san,
Exactement, en écrivant mon journal de voyage sur ce blog, je revisite l'Auvergne !

クレルモンの人々は、旅行者慣れしているような、していないような、不思議な感じがしました。市場の人たちはある意味粗野で、初対面の人にも平気で冗談を言うので、ちょっとびっくりしたくらいです。よそよそしい感じや、営業スマイルみたいなものがなく、普段通り、地元の人と同じように旅行者に接する…。何気ない親切はそういうことなのかもしれませんね。

この大聖堂だけの写真を集めたら、みんな同じような感じかも(笑)でも時間で雰囲気が変わって見えるかもしれませんね。

街角デッサンは難しいですね。立ったまま描ければいいのですが、目線もスケッチブックも動いてしまって、正確に写し取ることができません…。長いことパソコンで描いてきたツケですね。下手なデッサンでも、現地で描いたものと家で写真を見て描いたものは、空気感というか、時の流れが違いますよね。それでそれで貴重。。。本当に、nanaさんの言う通りです!
à très bientôt !
Commented by クレラン at 2017-07-06 18:00 x
kaoluluさんのレンズによると、普段気にも留めずに歩いている風景が
すごくオシャレに見えます!クレルモンがこんな素敵な町だったなんて?!
最後にいい出会いがあって良かったですね。
このカフェも知りませんでした。今度行ってみたいです(^▽^)/
ステキな旅日記を楽しませていただきました。どうもありがとうございます!
Commented by kaolulu-nv at 2017-07-06 18:39
> クレランさん
こんにちは!クレランさんにとってはクレルモンは日常、私にとっては非日常…観光客の目線が、写真を撮るときに自然に出てしまうのでしょうね。クレルモンは本当に素敵な街でしたよ!日本からももっと多くの人が行くべきなのに!って思います。
このカフェ、野菜不足になりがちな旅行者にもよさそうだなと思いました。時間がなくて本当に惜しいことをしました。地方都市だからこその地産池消、パリにだって絶対負けない、オシャレなオーガニックカフェですね!

オーヴェルニュの旅は、ここで一段落です。。。
こちらこそ、長い旅行記を読んで下さってありがとうございました。
この後パリへ行き、最終日は夜の便で帰国するので1日ぶらぶらします(笑)
この旅行記もあと数回で終わるでしょう。
最後に読みやすいように目次を作ろうと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kaolulu-nv | 2017-07-02 16:26 | 2017フランス旅行記 | Comments(4)

Kaoluluの日誌:France/news/旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る