今も昔も

f0176688_11352006.jpg
関東地方は、canicule一休み。
月2回にしたフランス語レッスンは、7月5週目ということで今週はナシ。
久しぶりに宿題のない週末、読書を楽しんでいる。


f0176688_17413896.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 フランスは、ワールドカップ優勝の後は、
 大統領のボディーガードのスキャンダルと、
 酷暑とモンパルナス駅運休と、
そして、今日、いよいよ最終日となるツール・ド・フランスのニュースでいっぱいです。

Kaoluluはニュースはなんとなく斜め読み、
さらっと聞き流してしまっています。だめだなぁ……(汗)

今週末夢中になっているのは読書。
毎週金曜日は帰りに近所の書店を散策することにしています。
平積みになっている本ではなく、あえて、本棚の背表紙を眺めて、
気になるタイトル、気になる著者を探す…。
今の自分の気持ちにあった本を見つけたら買う。

金曜日みつけたのは、Kaoluluが生まれた頃に書かれた本。


タイトルを一見すると、よくある題材なのだけど、
対談している人たちがスゴイので気になった。
なかをパラパラと覗いてみて、これは、と思ったので買いました。

40年も昔に行われた対談なのに、今でも全く古くなっておらず、
いや、むしろ、今でも同じことを議論している私たちの進歩のなさを情けなく感じる。

東京オリンピックを前に、日本は外国人観光客を呼び込み、実際に増加の一途だ。
テレビは「外国人によく見られたい日本」を意識した番組を多く放送している。
(この4ヶ月、朝のニュース以外テレビを見ていないKaolulu…。なので詳しくは知らないが、この手の番組が増えすぎたことがテレビに興味をなくした理由だ)

しかし、この日本人の「外国人によく見られたい」という感情は、
奈良時代にもあったと、両大先生はおっしゃっている。

対象は、かつては中国、欧米、そして今後はまた中国なのだろうか。。。

「外国文化の受け入れ方」という項で、キーン先生は
「…あらゆる面に外国文化に対する愛と憎、受容と抵抗の関係があるように思われます」
とおっしゃる。
その感情こそが、日本文化が芽生えた要因。

男性的でおおらかな「ますらおぶり」、女性的で優美で繊細な「たおやめぶり」。
これは和歌の歌風をいう言葉ですが、この話題も面白い。
日本人は元来、男も女も「たおやめぶり」らしい。
だけど、外と対等に接するために無理して「ますらおぶり」であろうとする。
無理だとわかると「たおやめぶり」に戻る。

Kaoluluの言葉では上手く説明できない。。。(苦笑)

「ますらおぶり」は客観的、「たおやめぶり」は主観的にものを言う。
前者は大陸的、後者は侘び寂び。

これはKaoluuの考えだけど、
日本人は仲間意識が強くて、似た者同士が集まって主観的にものを言うのが好きだ。
会社帰りに同僚と飲みに行くとか、ママ友同士でランチ会を開くとか。
逆に、フランス人は移民が多くて個々が違うことを認めている社会だから、
日本のように内輪で飲みに行って主観的な話をする機会は少ない。
だから客観的な共通の話題、スポーツや文化、政治などの議論を好む。

今後、日本に外国人が増えたら、たおやめぶりが通じる外国人が増えるのか、
それとも、ますらおぶりな日本人が増えるのか…。
まあ、日本に来る外国人は、大概たおやめぶりになって帰国するみたいだけど。

f0176688_1437184.gif…とKaoluluの考えはおいといて、
この本は一気読みしてしまいそうです。

f0176688_10193148.jpg


[PR]
# by kaolulu-nv | 2018-07-29 12:43 | 読書 | Comments(2)

連日お祭りのシャンドマルスとシャンゼリゼ


昨日のレッスンでフランス語の先生に「見てね」と言われてしまったので、
今回のワールドカップ最初にして最後のテレビ観戦を。
勝つとは思っていたけれど、ホントに勝ってくれた。
20年目、2度目の優勝。

パリのファンゾーンは前日に革命記念日の花火が上がったシャンドマルス。
ものすごい人!
Vive la France !!!


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
いや〜、昨日は暑い部屋で静かに観戦しました。
日本の解説者はどうもクロアチアよりなのが耳障りで、
音を消してみたりしたけれど、やっぱりそれは不自然で、
静かに静かに観戦してました。
日本戦ではないから、ご近所も静まり返っていたし。

1998年のフランス大会の時は、Kaoluluはちょうどフランス語を習い始めたころでした。
Coup du Mondeとか、équipeとか、1998の読み方とか、あの大会で覚えました。
あれから20年。
当時のキャプテン Didier Deschamps氏が今年は監督に。
フランスでは今後彼は英雄扱い間違いなし。
もちろん、Mbappéも。

シャンゼリゼに集まったサポーターたちのお祭り騒ぎの様子は
日本でも報道されていましたね。

今日の17:30には、そこを帰国したばかりのles Bleusたちが凱旋パレードをするそうです。
文字通り凱旋門エトワール広場から、シャンゼリゼのロンポワン(ロータリー)まで。
だから、今日もパリは大規模な通行止めとなる…(苦笑)

15:55、CDG空港に到着。
17:30〜18:30、シャンゼリゼを凱旋パレード、
その後、大統領官邸のエリゼ宮でレセプション、
コンコルド広場のホテル・クリヨンでソワレ、つまり祝賀パーティー。

…とこんなスケジュールになっているそう。
大統領も忙しい。。。

20年前の優勝は7月12日でした。
13日が凱旋パレード、14日が革命記念日のパレード。
(自国開催だったから、「凱旋」とは言わないかな)
この時期にフランスが連日お祭り騒ぎになるというのは今回が初めてではないわけだ。

今回の試合を見て感じたことは、
フランスは堅実に世代交替をしているということ。
少子化も早くに対策し、移民も受け入れ、
そして、技を若手に引き継いでいる。

ベテランが活躍するのも悪い事じゃないけれど、
若手を育て、彼らを信頼してさっさと席を譲るのは大事なことなのかもしれない。


7/22 Champions du Monde 2018バージョンに差し替えました♪
Allez, allez, allez les Bleus
Et la France a gagné
Allez, allez, allez les Bleus

On est les champions♪
on est les champions♪
on est, on est, on est les champions !♪
って歌は、20年前も歌ってたよね(笑)今回はあえてMagic system。
f0176688_10193148.jpg

[PR]
# by kaolulu-nv | 2018-07-16 13:50 | 気になるフランス | Comments(0)

フランス、フランス、フランス



昨日は le 14-juillet、フランス革命記念日、日本での通称パリ祭。

今年は土曜日だったおかげで、Franceinfoの生中継でパレードを見ることができた。
バイクの演技でアクシデントがあったり、航空部隊のトリコロールにエラーがあったり…
主賓として招待されていた日本の首相は、西日本豪雨の見舞いでキャンセル。
なにかと計画通りに行かなかった今年のパレード。
花火は無事だったようで。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
ツールドフランスに、サッカーワールドカップに
革命記念日とお祝いムードのフランスを、
ネットを通して感じています。

今朝はフランス語レッスンだったのですが、
サッカーに興味のない先生は、ツールドフランス観戦で寝不足だそう。
革命記念日のパレードのトリコロールにエラーがあった話をすると、
先生はSNS上のフェイクニュースなのかと思ったと…(苦笑)

明日は海の日でお休みだから、今日はサッカーの決勝戦でも見ましょうか。
でもKaoluluが応援すると負けそうで恐い。

冒頭の花火大会の映像はクライマックスのみなので、
全編をこれから鑑賞したいと思います。

毎年のことだけど、フランス(語)に出会う前は世界一だと思っていた日本の花火が、
侘び寂びに見えるようになる、ドラマチックな演出。

f0176688_17465224.gif 井の中の蛙、大海を知らず。ですな…。
 連休も後一日。結局何もしないでだらだらしています。
f0176688_10193148.jpg

[PR]
# by kaolulu-nv | 2018-07-15 16:36 | 気になるフランス | Comments(2)

Kaoluluの日誌:France/news/旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る