人気ブログランキング |

ミッテランの帽子

ミッテランの帽子_f0176688_10432430.jpg
年末年始の読書で読み終えたのは、
アントワーヌ・ローラン「ミッテランの帽子」


ミッテランの帽子_f0176688_17413896.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 年末年始、結構本を読みました。
山積みになっていた中の1冊を読み切りました。
読み始めたら止まらない、とても面白い小説でした。

2018年12月に邦訳が刊行されたアントワーヌ・ローラン「ミッテランの帽子」

1年前から書店の本棚に並んでいたのは見知っていましたが、
いかんせん、実在の人物、しかも左派元大統領の名がついたタイトルなので、
なかなか手が伸びずにいました。

昨年末ごろに意を決して購入。
しばらくは積読状態でしたが、暮れに読み始めて一気読み。

左派とか右派とか、フランスの政治はとても難しい。
(いや、日本の名ばかり左派右派よりは分かりやすいが…)
架空の物語なのに実在の有名人が多くてで来るけれど、
そんなことを知らずとも楽しめる、勇気をくれる小説だと思います。

ミッテラン大統領の帽子を手にした人たちの人生が変わっていく物語。
それはミッテランの帽子のせいなのか、思い込みのせいなのか。
いずれにしても、きかっけと勇気さえあれば、自分の人生は自分の手で変えられるということなのでしょう。
そして、自分の人生が変わると、廻りの人の人生も変わる…。

80年代のフランスの熱気も伝わって来て興味深い。
ルーヴルのガラスのピラミッドや、ビュランのしましまの円柱、凱旋門の西にあるグランダルシュ。
過去の芸術に現代的建造物を調和させた張本人がミッテラン大統領。
彼が大統領選に臨んだ際、宣伝広告を担当したジャック・セゲラ。
2人とも保守派の顔色なんて構いもせず、民衆の望むもの、好むものを表現するのに長けていた。
そして、国を変化させた。

今のフランスは、変わろうとして変われないでいるように見えます。

何をきかっけにして変わることができるのか。
国も、人も、私個人も。
それぞれの「ミッテランの帽子」がきっとどこかにあるのでしょう。
冬に読むのにお薦めの1冊です。


ミッテランの帽子_f0176688_13504818.jpg


# by kaolulu-nv | 2020-01-04 11:15 | 読書 | Comments(0)

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます!_f0176688_15320129.jpg
あけましておめでとうございます!
今年も(?)よろしくお願いいたします。
(久々にIllustratorを使った)

Bonne année !


あけましておめでとうございます!_f0176688_15592813.jpgあけましておめでとうございます。Kaoluluです。
結局、先月は記事を1つも投稿しませんでした。
とうとう。
ついに。
Finalement.

フランスとフランス語のことはいつも考えています。
だけど、記事にするほどでもないのかなぁと思うようになりました。

最近のKaoluluは、時間があるときは本を読んでいます。
前に紹介した「Un été à Pont-Aven」とか、和訳されたフランスの小説、日本の小説、台湾の小説、香港の小説、いろいろです。
小説だけではなくて、ビジネス書、話題の本なども興味が惹かれたものは読みます。
読み切れずに机の上に山になっていますけど…。

本を読んでいないときは、たいてい食べ物のことを考えています(笑)
明日の弁当は何を入れようとか、今度のケーキはあれを試してみようとか。

会社帰りにスーパーへ寄って、値下げされた食材で夕飯を考えるのが、実はストレス解消になっているのだと今更気づきました。

 人の体は、食べたものでできている。

そんなことを口実に、売れ残りの安い食材で夕飯を作る。
同じものを続けて作ることもあるし、
実験に失敗して、マズいものを無理して食べることもある。
残ってた食材を使い切ろうとして大量に作ってしまうことも。
夜9時半の1人の夕食。
この瞬間のために働いてるのかな?なんて思ったりする。

昨年はピラティスを習い始め、初めて体を動かす楽しさを知りました。
これからも続けるつもりです。まだまだ体質が変わる余地がありそうだから。

今年もフランスには行けそうにはないので、がつんとした目標は立てられないのですが、

「笑顔でいること(しわやたるみの防止に)
「ゴミを減らすこと(無駄なものを買わない)
「美味しいものを食べること(心と体の健康に)

を守って、毎日生活していこうと思ってます。


あけましておめでとうございます!_f0176688_17445952.gifよい一年になりますように。


あけましておめでとうございます!_f0176688_13504818.jpg

# by kaolulu-nv | 2020-01-01 16:23 | ささいなコト | Comments(4)

地の果てを目指して読書をしよう

地の果てを目指して読書をしよう_f0176688_15154627.jpg
先月8日頃に欧明社へ注文した本が今朝届いた。
なぜAmazonで買わないの?と今日のカフェレッスンで仏語の先生にも言われた。
「実店舗の本屋を守るため」
音楽や映画、ゲームなどダウンロード販売が主流となった今でも、
書籍だけは紙がいいという人は日本もフランスも多い。



地の果てを目指して読書をしよう_f0176688_17413896.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 また三連休です(笑)
 日本はヴァカンスがない代わりに祝祭日がとにかく多いです。
 昨日はピラティスで体をリセット。
フランスから取り寄せていた本が日本に到着したと欧明社から連絡をもらったので、さっそく代金を振り込みました。
いつの間にか土曜日もリアルタイムで振り込みが出来るようになったんですね。
入金の確認ができたから発送しますとメールが来て、翌朝には手元に届きました。

その時のレートにもよりますが、送料込みで1,658円。
安っ。
日本で新刊を1冊買うとの変わりありません。
ちなみにKaoluluは毎月3〜8,000円書籍に費やします。

今回取り寄せたのは、Jean-Luc Bannalec「Un été à Pont-Aven」
日本語に訳すと「ポンタヴェンの夏」。

ジャン-リュック・バナレック、フランス風の名前ですが、本名Jörg Bongといい、実はドイツ人。
フランスはブルターニュ地方、Finistère(地の果てと訳せる)に魅せられ、
ここを舞台にした刑事モノ小説を書いています。
「ポンタヴェンの夏」はそのシリーズ1冊目。
もちろん、Kaoluluが買ったのは、ドイツ語からフランス語に翻訳されたものです。

ドイツではドラマ化され、コンカルノー(Finistère-Sudの主要都市)はドイツ人観光客が増えているとか。




Kaoluluもこの小説へのOuest France(フランスの地方紙)の賛辞を見て、読みたいなぁと思った1人です。
« Roman policier, roman de voyage, voire guide touristique, les aventures du commissaire Dupin sentent le sel marin, la houle et le café »
「警察小説であり紀行文であり、そのうえ観光ガイドでもあるデュパン警視の冒険は海と波とカフェの香りがする」


パリ出身のデュパン警視が、ポンタヴェンの有名なカフェ・レストラン「ル・セントラル」のオーナーの殺人事件に遭遇。
ポンタヴェンといえば、画家ゴーガンゆかりの地。
彼の絵も事件に関係している様子です。

Kaoluluは次の旅行はFinistèreと決めていて、カンペールとポンタヴェンに行きたいなと考え中。
イマイチ具体的な旅程が想像できずにいたところ、この小説のことを知りました。
300ページ以上あるので、果たして1年で読み終えることができるのかあまり自信はありませんが、
読まなきゃFinistèreに行けない!ってくらいの覚悟で挑もうと思っています。
しばらくは日本の小説はお預けかな(苦笑)

コンカルノーは、なぜかフランスの警察小説にゆかりが深い街。
ジョルジュ・シムノン(ベルギー人)のメグレ警視シリーズ第1作はコンカルノーを舞台にした「黄色い犬」です。

地の果てを目指して読書をしよう_f0176688_1746594.gifゴーギャンを辿るアートな旅か、ポラール(警察小説)を辿るミステリーな旅か。
「地の果て」は、いろいろな可能性を秘めたデスティナシヨンです。

地の果てを目指して読書をしよう_f0176688_182834100.jpg


# by kaolulu-nv | 2019-11-03 16:05 | 読書 | Comments(0)

Kaoluluの日誌:France/news/旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る