タグ:食べもの ( 303 ) タグの人気記事

心と体とフランスと

f0176688_14365640.jpg
今年4月、朝焼けに染まるクレルモンフェラン。ホテルの窓からの眺め。
Kaoluluにとってフランスは、心の薬なのだと、つくづく感じる今日このごろ。
懐かしんで写真を見る。



f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
実は先月から体調が思わしくありません。
と書くと大げさなのですが、正確には歯の健康を崩しました。

なんと、原因はストレス…と今日、初めて知りました。
なんの?
思いあたることは「スマホへの乗り換え計画」

考えるだけで胸焼けがし(これは2年前に就職活動をしていたときと同じ症状)、
でも、ずっとガラケーを使い続けることは現実的ではないこともわかっていて、
このジレンマに、ストレスを感じています。

中でも一番のストレスは、常にネットを介してグーグルに繋がっている感覚。
想像するだに気持ち悪い。
いや、これは繋がっている先がアップルであっても同じこと、
故に、Kaoluluは22年アップルユーザでありながらIDを持っていないほどなのです。

9月頭頃から、歯が冷たいものにしみることに気づいていました。
虫歯だったら手遅れになるので、半月ほど前に近くの歯医者へ行きました。
昔治療した詰め物の下がしみる…とわかり、金属の詰め物を痛い思いをして取り除いたのに、
結局虫歯は見つからず、知覚過敏の処置をして仮の詰め物をしました。
(この時点でこの先生はダメだと思うべきだった)

いっぱい麻酔を打ったためか、歯の周辺にぶつぶつが出来、むしろ口内が敏感になってしまった。
数日後、もう一度知覚過敏の処置をしてもらう。
しかし、今度は口の中半分が渋い感覚になり、何を食べても渋くて美味しくない。
当然食欲は無くなる。歯がしみるのは変わらないので、歯磨きさえ億劫になる。

さらに1週間後、処置をしてもらいに行った際、症状を説明しました。
処置をすればするほど悪くなるんですがと。
でも、先生は「それは私の管轄じゃない。神経外科にでも行けば」と耳を疑うような言葉を吐いた。
こんな先生を頼ったのが間違いだった…。

今朝は、頬が腫れてしまい、別の歯医者さんに駆け込みました。
予約の患者でいっぱいで、その合間合間になってしまうと言われたけれど、
最新設備でとても丁寧に検査をしてくれました。

直接的原因は、問題のしみる歯ではなく、別のところにありました。。。
親知らず周辺の化膿。
そのせいで頬が腫れ、膿が出て味がおかしくなった。
歯がしみることにも影響しているよう。

普段は免疫力があって、磨きにくい親知らずに細菌が繁殖することはなかったけれど、
ストレスなどで、免疫力が落ちて化膿をしたのだろうということでした。
抗生物質、食事、睡眠をとること。…とアドバイスをくれました。

スマホ問題で、食事や睡眠がおろそかになっていたことは事実。
まさかスマホ乗り換えにドクターストップがかかるとは(苦笑)

それでも、明日はスマホを受け取りに行きます。
いずれ乗り換えねばならないのだから、今でも未来でも同じこと。
まだしばらくストレスがかかりそうなKaoluluの親知らずです。

今回、歯科医を変えたことで、最新機器を備えた人気の歯科は「スマホ」、
身近だけど技術に限界のある近所の歯科医は「ガラケー」に例えられる気がしました。
当人は楽かもしれないけど、相手に与える安心感に違いがある。
新しいものに変えること、自分が新しく変わることは必要なのでしょう。


Kaoluluのストレス解消はフランス語。
休日はフランス語の本を読むことにどっぷりとひたりたい。
またいつかフランス旅行ができることを考えながら。

f0176688_1437812.gif 次回の旅にはスマホ持って行くかって?
 一応ね。ガラケー並の役目しか担わさないつもりだけどね。
旅行の時こそ、ネットから自由になった方がいいと思うから。
旅行中にストレスで歯が痛くなったら困るし(苦笑)


f0176688_10193148.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2017-10-07 15:16 | ささいなコト | Comments(2)

カマルグのお米のワイン

f0176688_18514062.jpg
フランスの米の産地といえば南仏のカマルグ。
そこでワイン醸造の技術を活かして、2016年からお米でワインが作られているそう。
味は日本酒よりもワインに近いそうで、
色は、同じくお米を使った中国の黄酒のように黄色い。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
ガラケーからスマホへの移行計画、一歩ずつ進めています。
今日は少々早めにMNP予約番号を取得。

毎日、あれはどうなんだ?これはどうなるんだ?と心配事が浮上し、
家に帰ってきては、ネットで情報を検索しています。。。
一番厄介そうなのはグーグルさん。
今まで逃げて通してきたのだけど、AppleかGoogleかほぼ2択なスマホ界、
iPhoneが買えないなら、グーグルさんに身を預けるしかない。

Kaoluluの今後の合言葉は「Detox numérique デジタル・デトックス」

実は今月1日、イラストレーター時代のホームページを閉鎖しました。
今後は更新も週1程度になったこのブログ1つになります。
Kaoluluのケータイにメッセージを送っても、チェックは基本1日1回です。
ちゃんと生きてますので、心配しないでね。

***

さて、冒頭のフランスのニュース。
フランスのお米のワイン、気になります。



2分19秒のあたりです。

France3: Le Guishu, premier alcool de riz fermenté de Camargue récompensé !
 「ギシュ、カマルグの初の米発酵酒が受賞」


香港のワイン国際コンクールで、金賞を受賞したそう。
その名も「Le Guishu」

どんな漢字を書くんだろうと気になる名前です。

漢字の読みかと思いきや、Le Guishuは「Lou Guichou」からきていて、
現地語のプロヴァンス語で「小さな木」という意味だそう。
「shu」はもちろん日本語の「酒」にかけて、綴りを変えたもの。
すると「Le Guishu」で「酒の木」という意味にもなるとか。

また、このワインを作ったOlivierさんは、パートナーが中国人だそうで、
中国語的な発想にも詳しい。
どんな漢字を書くのかはわからないけれど、
「Le Gui Shu」で「Olivier de Chine heureux」という意味になるそう。
醸造家の名前がOlivierさんというのは、偶然の一致!

ネットの中国語辞典などを検索してみると、
「Gui」という音は「桂」の読みのようです。
日本語では「桂」はオリーヴではないけれど…。

Le Guishuには3種類あり、アッサンブラージュ(調合)された淡い黄色の辛口
ノンフィルターの中辛口、褐色をした甘口。
甘口のものは「UMAMI」と名付けられています。

米でワインのようなお酒が造れるのなら、
日本でも作ってくれないかなぁ。
日本にもワインのようなすっきりした「美少年」(だったかな)もありますけどね。
日本酒は翌日に残りやすいので、ほとんど飲まないKaoluluです。

f0176688_17445952.gif Le Guishu、試してみたいですね。
 フランスのこと考えてるとスマホ移行問題忘れられる…(笑)
f0176688_10193148.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2017-10-05 19:46 | 気になるフランス | Comments(0)

ワインを飲みながら@神保町

f0176688_16423814.jpg
神保町のビストロ・マチュリスタ。「ワイン食堂」と称しています。
バスクのシャルキュトリーと、がっつり羊肉のグリルと、
そして各国のピノノワールばかりが並んだワインで乾杯。

昨日は仕事をさくっと終わらせて、久しぶりに神保町へ出かけました。
年に1、2度しか行かなくなってしまった神保町。
前回来たのはフランス旅行用にスケッチブックなどを仕入れに文房堂へ行った時だったか、
それとも顔なじみのビストロ・クルルへ行ったときだったか。。。
Kaoluluにとって、東京=浅草・大手町間なので、神保町はドンピシャな東京です。



f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 昨日は仕事帰りに都内まで行ってきました。

 本とカレーと楽器とスポーツ用品店の街・神田神保町は、
 カフェとワインの街になりつつあると感じました。

以前から純喫茶、いわゆるタバコの煙が漂う昭和な喫茶店は多い街でしたが、
最近はしゃれたスイーツやエスプレッソマシンが似合うカフェも登場、
そしてさらに、ワインバーが増えた気が…。

今回は、4月のフランス旅行中、ヴァンセンヌで会う予定だった
パリ在住の友人に会うためにビストロ・マチュリスタを予約しました。
急遽帰国が決まってしまい、パリで会うことはできなかったのだけど、
神保町で無事会うことができました(笑)
と言っても、実は彼女とは初対面…。

フランスの話題が通じる友達と、いっぱい話してとても楽しいディナーを楽しめました。
お互い初対面とは思えないほど!
話に夢中になりすぎて、豪快グリル料理を一枚も写真に撮りませんでしたよ…(苦笑)

***

ワインといえば、そろそろボジョレ・ヌーボーの予約が始まっている日本。
今年は去年よりも1週間ほど早く8月末には収穫が始まったそう。
vendanges(ブドウ収穫)はフランス各地で最盛期を迎えています。





France3 : Vendanges : des gendarmes patrouillent dans les vignes
 ブドウ収穫:憲兵、ブドウ畑をパトロール


ブドウ畑のパトロールは特に今年に限ったことではなく、名産地ではよくあること。
ブルゴーニュは収穫の時期になると、昼夜問わずに憲兵(警察業務も行う)が、
ブドウ畑をパトロールします。

2016年は季節外れの雹や霜、ブドウの木の病気で収穫量が減り、
そのために、ワイン100本分のブドウがケースごと盗まれたことがあったそう。
今年も厳重にパトロール。。。
組織的、計画的な窃盗団がいるらしい。
パトロールは犯人を捕まえるためというより、まずは抑止が目的のよう。

日本にも果物窃盗団がいると聞くけれど、
その果物がどこへ持って行かれ、どこで消費されているのか気になる…。
フランスのブドウの場合はいったいどこへ?

f0176688_17445952.gif 日本は欧州ワインの輸入関税(ボトル1本94円)を撤廃する予定。
 2019年ごろかと言われているけれど、果たしてどうなるのでしょう。
2年後が楽しみだなぁ。

f0176688_10193148.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2017-09-16 17:30 | 散歩 et カフェ | Comments(2)

もしかして4月以来の散歩かも

f0176688_16220295.jpg
久しぶりに晴れた日曜日。いや、週末に限らず青空を見ること自体が久しぶりな気がします。
かなりの運動不足で、肩こりやら腰痛を感じていたので、ちょっと歩いてきました。
汗をかいたけれど、空気はカラッとしていて秋の気配。



f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 今朝はフランス語のカフェレッスンがありました。
 いつもは自転車で出かけるのですが、今日はあえて徒歩で。

1時間のレッスンは、あっという間に終わってしまいました。
Kaoluluのフランス語はかなり幼稚なのでなんとかせねばなりません。
とりあえず通じてしまうと、なかなかそれ以上進歩しない上、
月1とはいえ同じ先生と1対1なので、話題が興味のある分野以外に広がらない…。
生徒がもう少し多くてもいいのかもなぁと思う今日この頃。

いい天気なので帰りは散歩をしてきました。
歩数:11,336歩
ここ数日、肩こりと腰痛を感じていましたが、姿勢を意識して早足で歩いていると、
だんだん体が軽くなり、肩こりも腰痛もなくなりました。
家に帰って来る頃には「まだ歩けるんだが…」という感じに。
やっぱり人間は歩かなくてはいけませんね。

f0176688_16220959.jpg
大きな川の土手をずんずんと北上。この川でカヤックに乗っている人は初めて見ました。
雨で増水しているから気をつけて〜。

f0176688_16221835.jpg
地元の歴史地区にはオシャレな和風カフェがいくつかあります。
行きたかったカフェはオープン時間より早かったので、よく行く方のカフェへ。
せっかく歩いたのに、結局甘いものを食べちゃうんだよね〜。

f0176688_16222727.jpg
しばらく来ていない間に、新しいメニューが登場していました。
みりんグラノーラを使ったパフェ。
バニラアイスとみりんグラノーラの上にキウイ、バナナ、イチジク、
それから甘酒の麹がシロップのようにかかっている。
美味しい。でも、量の割りには少々お高いかな。。。(650円)
ここでしか食べられないオリジナルパフェだと思えばいいのかも。

f0176688_16223534.jpg
ここのコーヒーはいつも美味しい。
ただ個人的には、もう少し口当たりの優しいカップのほうがこの味には似合う気がします。
前に来たときの薄いカップが好きだったな…。

お土産に焼き菓子をテイクアウト。

f0176688_17445952.gif 家に帰って、残り時間はアイロンがけと読書です。
 今月もオシゴトがんばろ。

f0176688_10193148.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2017-09-03 16:54 | 散歩 et カフェ | Comments(8)

なんちゃってトリュファード

f0176688_23154080.jpg
オーヴェルニュ旅行のお土産のチーズ、
サンネクテールで「なんちゃってトリュファード」を作ってみました。
なんちゃって&怪しい料理の腕でも、素材がいいと美味しいのだ!


lire la suite... 続きを読む→
[PR]
by kaolulu-nv | 2017-07-22 00:16 | 気になるフランス | Comments(0)

重い荷物をかかえてパリへ帰る〈de Clermont-Ferrand à Paris〉ven. 14 avril*7日目5

f0176688_09463404.jpg
Paris12区、Vincennes ヴァンセンヌのバスターミナル近くのカフェ Les Officiers。
復活祭の休暇の大移動の中、重いボストンバックに汗だくになりながらパリに無事帰還。
パリジャンたちに混じってアペロの時間を楽しむ。


lire la suite... 続きを読む→
[PR]
by kaolulu-nv | 2017-07-08 11:52 | 2017フランス旅行記 | Comments(2)

偶然、Myrtilleで…〈Clermont-Ferrand〉ven. 14 avril*7日目4

f0176688_14223254.jpg
クレルモンのサンピエール市場の目の前にある、ヴェジタリアンカフェ Myrtille ミルティーユ。
ヴェジタリアンでもヴィーガンでもないKaoluluが、オーヴェルニュの旅最後に訪れたところ。
そこで待っていたのは……。


lire la suite... 続きを読む→
[PR]
by kaolulu-nv | 2017-07-02 16:26 | 2017フランス旅行記 | Comments(4)

クレルモンの常設市・サンピエール市場〈Clermont-Ferrand〉ven. 14 avril*7日目2

f0176688_11051849.jpg
ClermontのMarché St-Pierre サンピエール市場へチーズを買いに。
サンジョゼフ市場では真空パックにしてもらうことができなかったので、
日本へ持ち帰るために、常設市場へも足を運んだ。


lire la suite... 続きを読む→
[PR]
by kaolulu-nv | 2017-06-30 23:50 | 2017フランス旅行記 | Comments(0)

クレルモンの夕暮れ散歩〈Clermont-Ferrand〉mar. 12 avril*5日目5

f0176688_21591459.jpg
現在、写真センターになっている Hôtel Fontfreyde フォンフレイド館。
中庭に面したルネッサンス様式の階段小塔の彫刻がかっこいい。


lire la suite... 続きを読む→
[PR]
by kaolulu-nv | 2017-06-05 23:54 | 2017フランス旅行記 | Comments(2)

オーヴェルニュの郷土料理〈Clermont-Ferrand〉mar. 11 avril*4日目9

f0176688_21584336.jpg
Clermont-Ferrandの郷土料理レストランL'Alambicにて。
Rapoutet, lentiles du Puy à la crème。
Rapoutetは、オーヴェルニュThiers名産のハムだそう。


lire la suite... 続きを読む→
[PR]
by kaolulu-nv | 2017-05-25 19:27 | 2017フランス旅行記 | Comments(4)

人面鳥Kaoluluの日誌*フランス×news×旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る