マルヌ河岸のガンゲット

f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
ああ、あっという間に週末も終わってしまった!
昨日は確定申告の書類を完成させました。
今日は仏語レッスンと、急用で上京してきました。
ああ、これから制服のアイロンをかけねば〜。

と言っているのに、ブログのアップ。だって週末しかできないんだもん。

オーヴェルニュ地方に気分が集中しているのだけど、
実は今回お邪魔するパリ郊外のシャンブルドットにも大変期待を寄せています。
パリの東、マルヌ川の近くノジャンのお家。。。
と、聞いて「いいなぁ〜」と思った方はフランスの田舎通かもしれません。

そう、ノジャンと言えば、ガンゲット。
今ではおじいさんおばあさんが集うダンスホールというイメージが強いけれど、
パリから鉄道が開通した19世紀、パリで働く人々がが週末をのんびり過ごしにやって来た、
「パリから一番近い田舎」です。

マルヌといえばブリ・ド・モー。
ブティ・ヴァン・ブランという郊外の小さなブドウ畑で作られたハーフボトルの白ワイン。
ガンゲットでアルゼンチンタンゴを踊るパリジャンたち傍らで、
ムール貝や魚のフリットやフレンチフライをつまむ。。。


France24より

シャンブルドットのオーナーは「マルヌの川辺を案内しよう、きっと気に入るよ!」
と言ってくれたけれど、ガンゲットまで行くかどうかはわかりません(笑)
でもきっと4月のマルヌ川は桜の花(サクランボの花)が咲いているはず。
ガンゲットまで行かなくても、スケッチしながらのんびり歩くだけできっと楽しい。

f0176688_17445952.gif マルヌ川を散歩できるのは旅の最終日。
 今回は1日しか滞在できないけれど、いつかまた尋ねて、
その時は自転車に乗ったりボートにのったり、のんびり数日過ごすのが夢です。。。
日本人らしくないヴァカンス、憧れます。

*ぷちニュース:もしかしたら現地からブログを更新できるかも!よ?
f0176688_10193148.jpg

[PR]
# by kaolulu-nv | 2017-03-05 23:23 | 気になるフランス | Comments(2)

そろそろ旅行1ヶ月前なのである…汗

f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
3月に入りました!
日本は暖かくなってきましたが、フランスは…
オーヴェルニュ地方は大荒れの天気のようですね。

旅行まで1ヶ月!
年末年始に飛行機、宿、電車と悪戦苦闘しながら自力でなんとか予約。
今は留守中の職場のために、マニュアル作成などしています。

家での具体的な旅行準備は保留中。
というか、衣装持ちではないKaoluluは直前まで荷造りができません。
でもそろそろ、必要書類、下調べ資料、変換プラグや洗面道具は用意できそうね…。

って、土日しか準備をできないのに、もう土曜日も正午を過ぎてしまいました(苦笑)
明日は仏語教室なので、宿題もしなくちゃ!

というわけで、1週間ぶりの更新なのに、他人の作ったYoutube動画紹介で失礼します。
しかも、何度もこのブログに登場している話題…。



Puy de Dômeの頂上にある、2000年も前の遺跡メルキュール神殿
今から天気がいいことを祈るばかり。

クレルモンフェラン到着の翌日の午前に行こうと目論んでいるのですが、
山の天気は午前と午後、どちらが晴れている確率が高いのだろう?

なんとなくだけど、午後になると雲が発生するイメージ。
でも午前中は霧が発生しそうなイメージ…(苦笑)

パノラミック・デ・ドームで登って、頂上の散策コースや博物館をゆっくり見て、
カフェテラスでランチして、またパノラミック・デ・ドームで降り、
午後は、クレルモンフェランでノートルダム・ド・ラソンプション大聖堂に登る…という計画。

天気で旅のイメージは変わる。でも天気は人の手ではどうにも出来ない!
今回のように、滞在期間の短い旅では、予定を変更することも難しい。

f0176688_1437184.gif 晴れますように!と神頼み。
 ちなみに、メルキュールは旅人の守護神でもある。。。

Temple de Mercure
Puy-de-Dôme県の考古学紹介ページ。音声ガイドがダウンロードできます。
f0176688_10193148.jpg


[PR]
# by kaolulu-nv | 2017-03-04 12:56 | 気になるフランス | Comments(4)

オーヴェルニュ地方に関する本を探す

f0176688_17413896.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 今日こそは確定申告の書類を完成させねば…。
 週末は朝のんびり起きて、部屋の片付けをし、
 ネットでフランスのニュースチェックをします。

日本の「ぷれみあむふらいでー」が実施初日にFrance2の20時のニュースに出てるなんて驚き…。
そもそも残業ナシどころか15時に帰宅できる文字通り「ぷれみあむ」な企業なんて
日本に存在するのか疑問。。。
サービス・飲食業界はキャンペーンを実施しているようですが、
実際に来たお客は会社員ではなくて主婦ばかりだったそう。。。だよね〜。

Kaoluluが昨年1月に再就職した会社は、ラッキーなことに残業はほぼゼロ。
むしろ就職してびっくりしたのは、皆勤賞が存在すること!
四半世紀前でさえ「せめて夏休みの有給は必ずとり切りなさい」と
常々、上司に言われていたものなのに、
休まないことを表彰するという時代錯誤な賞が存在するとは…。学校じゃないんだから。
逆に「有給休暇ピッタリ消化(病欠を除く)賞」でも作るべきだとKaoluluは思います。

そんな訳で、Kaoluluは就職して2年目にして5連休を無理矢理いただきます(笑)



先週末に借りた本「カエサルを撃て」は、佐藤賢一氏の初期の作品のせいかイマイチ。
古代すぎて資料がないのか、せっかくの舞台、オーヴェルニュの描写がありません。残念。
そう思っていた矢先、France3の番組で、クレルモンフェランが舞台の推理小説を知りました。
Sylvain Forge「Sous la ville」

著者は現在ヴィシー在住、祖父母はGerzatに住んでいるため、
ピュイ・ド・ドーム県とアリエ県が生活圏だそう。
法学生時代にクレルモンフェランに住んでいたため、この街にとても詳しい。
彼は、自分の知っている街を舞台に作品を書くのが好きだそうで、
昨年6月に刊行された「Sous la ville」は、クレルモンフェランを舞台選んだ。
実際にある場所や店も出て来るし、架空の場所も出て来る。
市民がよく知る場所もあるし、あまり知られていない街の地下も登場する。
彼はそのために、クレルモンフェランの街を自分の足で調査したそう。

アルジェリア戦争の際、フランス側に付いた現地部隊のフランス玄関口が
クレルモンフェランにあり、その収容所を彼が実際に見た記憶が元と物語の元となっている。
外国人部隊はその後ミシュランのタイヤ工場で働いていたらしい。

今週、欧明社に取り寄せを問い合わせたところ、3〜4週間待つと言われて、
現地で探してみることにしました…事前に読みたかったな。って400ページは無理だけど。


今朝はまた、たまたまオーヴェルニュ関連の出版社のサイトを発見しました。
Page Centrale

f0176688_12291129.jpg

どの本も写真が素敵。。。たぶん実際に行って見るよりも美しいね(笑)

その中でKaoluluの目を引いたのは、クレルモンフェランを描いたcarnet de voyageの本。



carnet de voyage カルネ・ド・ヴォワヤージュというのは、
スケッチと日記が一緒になったようなスケッチブックのこと。
この本か、綺麗なオーヴェルニュの写真集、もし見つけたら買って来よう…。

実はクレルモンフェランでは2年に一度、
11月にカルネ・ド・ヴォヤージュの見本市が開かれています。
去年11月に開催されたので、次は来年の11月。
世界中から、世界各国を旅した旅行絵日記のアマチュアやプロのイラストレーターが集まります。
愛好家向けのワークショップも。



Kaoluluもこんな風に、旅先でサラサラと絵が描けるようになりたい!

昨日の夜は、ブリウドとイソワールを両方1日で回れないかと
電車の時刻表とにらめっこしていたのですが、
絵を描く時間をキープするには、やはり、欲張らずにどちらか1つに絞るべきだと、
今朝、これらの動画を見て改めて思ったKaoluluであーる(汗)

f0176688_17465224.gif 旅行準備、まだまだ調べねば行けないことが結構残っています。
 成田へ行く電車の時刻表、パリ郊外からベルシー駅へ行く時刻表は
3月にならないと調べられない。。。あともう少しの待機。
出発前に、帰国後の出社の準備もしておかねばならないし(前日の夕方帰国)、
出発の1週間前の週末までにほぼ全て荷物を用意しておく必要がある!
と、とりあえず今日は確定申告…デス。
f0176688_13504818.jpg


[PR]
# by kaolulu-nv | 2017-02-25 12:51 | 読書 | Comments(0)

●人面鳥Kaoluluの日誌●フランス×ニュース×旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る