地理が苦手のフランスの若者たち

f0176688_15221388.jpg
今日も少し歩いてきました。今日は初めてスマホを持ち歩いての散歩。
スマホの万歩計は11,298歩。
普通の万歩計より歩数が多くカウントされているような気がします。
これ、正しいのかなぁ?


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
慢性的な運動不足なので、天気のよい週末は歩いています。
ぼ〜っと考え事をしながら歩く。
家でじっとしていると手足が冷たくなってしまうけれど、
歩いていると暑くて汗をかくくらい、今日は晴れていました。
ずっと晴れていてほしいけど…どうかな。

f0176688_15222303.jpg
写真はスマホは使わず、フランスで買ったIXUS180。
液晶モニタが全然あてにならないのだけど、思っていたよりずっと綺麗に写っています。

今日は、昨日偶然YouTubeでLive放送を見ていた時に出会ったレポートを紹介します。

Franceinfo: Les jeunes Français médiocres en géographie
 「地理に弱い若いフランス人たち」



Ah la la... c'est vrai ?
街行くフランス人の若者に、フランスの地図を見せて都市の位置を尋ねます。
すると、ほとんどの人がメチャクチャな位置を示します…(汗)

Kaoluluも、先日、フランスの地図と地名、郷土料理と地図を一致させるという問題を
フランス語のレッスンでやりました。
なぜか初級のテキストを使用しており、文法を復習できるのはいいのだけど、
Kaoluluにとっては本文の内容に目新しいことはもうありません(苦笑)
問題を読み終える前から、ホイホイと地名も地図も当てられます。。。
ところが、先生の話だと、Kaoluluはフランス人よりパリやフランスの地方を知っているそう。

逆にKaoluluは日本人なのに、日本国内旅行をほとんどしないし、
まして一人で列車を予約して日本の田舎へ行ったことはありません。
日本の地理クイズをやったら、日本好きなフランス人に負けてしまうかも。。。

フランスの若者がフランスの都市の位置を答えられない原因は、
丸暗記学習のせいだと、登場する地理学助教授は説明。
テストのために覚えたことは、翌日には忘れてしまう。
覚えることは、なぜそれを学ぶのかということに結びついている必要がある。
現在の教育では、自立的、自主的な市民が作り上げられていないということです。

ソルボンヌ大学の前で、若者に同じ質問をすると、
正しい回答をいう人がいました。彼は特別数学クラスの学生。
また、すらすら答える別の人の国籍を聞くと、アルジェリア人でした。

f0176688_17465224.gif なるほど、興味のある国のことは自国のことより覚えられます(苦笑)
 でも、海外へ行くと、自分が自分の国のことをよく知らないことに
恥ずかしく感じることがままあります。
やっぱり、自分の国のことは最低限知識として知っておかなくちゃだめですね。←反省

f0176688_10193148.jpg

[PR]
# by kaolulu-nv | 2017-11-26 15:58 | 気になるフランス | Comments(0)

パン屋と歯医者

f0176688_13405655.jpg
今日のお昼ご飯。
近所の美味しいパン屋さんなのに、営業時間の都合で土曜日にしか行けないところが残念。
日・月が休みなのは、まぁ、百歩譲ろう。
だけど、営業時間が9時〜16時ってどうよ?

田舎の美味いパン屋はフランスのパン屋よりもずっと高飛車営業です。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
昨日は有給休暇を取って大学病院で抜歯してきました。
なんだかんだでこの病院で抜くのは通算4本目。
今回抜いたのは、3カ所あったうちの最後の八重歯。
これで八重歯ゼロになりました。
ああ、歯磨きしやすくなるのがとても嬉しい…。

歯はすんなり抜けたけれど、痛み止めが切れるとズキズキ…。
午前中は消毒に行き、帰りにパンを買って帰ってきました。
でも、美味しいゴルゴンゾーラと蜂蜜のパン(写真左)は、硬くて咀嚼が大変でした(涙)
バゲットは焼き上がりタイミングが悪くて買えなかったけれど、
それでよかったのかも…代わりに初めてパンドミ(食パン)を買ってみました。

近所のこの美味しいパン屋は、Kaoluluが出勤時に買うには開店が遅く、
帰宅時に買うには閉店が早いという、やる気無さげな営業時間なのが欠点です。
パン屋なのだから、朝6時から開けてくれ!って思ってしまう…。
営業時間が短ければ、売れる数も限られるので単価も高め。
美味しいので値段は我慢するとしても、もう少し営業時間が長くてもいいのにな。

今日はパン繋がりの話題です。

フランスのパン屋は超働き者です。
たいていは朝5、6時から夜8時くらいまで開いています。
週1日休むことは義務で、法律で定められています。

ところが、この10年で、日本のコンビニ的存在にあたる
シュペレット(小規模スーパー)や中規模小売店という競合の出現で、
パン屋に危機が訪れています。

f0176688_14163852.jpg
France2: Commerce : les boulangeries bientôt ouvertes toute la semaine ?
 「商業:パン屋はやがて無休になるのか?」


以前にも同じようなニュースを紹介したことがあったのですが…。
2015年、ランド県のパン屋さんが、県条例に逆らって、毎日オープンしようと試みたところ、
警察に出頭を命じられ、告訴を恐れて毎日営業を断念し、週1日休業せざるをえなくなりました。

お店を毎日オープンしただけで、警察が捜査にやってくるなんて、
日本じゃ信じられないですよね。。。

ニュースに登場するマルセイユのパン屋さんは、この地区のパン屋はみな火曜日休業なので
条例に逆らって毎日営業しています。
しかし彼によると、休業日を営業日にしても、毎日オープンするのに必要な人件費は賄うのは難しいらしい。

パン屋は、破産する農産物加工業の企業のうち、3分の1にあたる。
この10年で、フランスでは毎年1200店のパン屋が消えている。。。

週1日休業の義務は、フランスの伝統的なパン屋の優位性を弱めているのでしょうか。

Kaoluluにはよくわかりません。
パンはスーパーで買うものという時代が来ても、パン屋はなくならないかも。
日本では、米屋で米を買う人は少なくなったと思います。
スーパーのせいで米がマズくなったということもないですし。

f0176688_17445952.gif フランスに住む人たちと、フランスのパン屋さんたちが、
 きっといい解決策を見つけてくれるはずです。

f0176688_13401243.jpg
おまけ。庭の花。今日、長老に植え替えられて、既に別のものになってたけど(笑)

f0176688_10193148.jpg

[PR]
# by kaolulu-nv | 2017-11-25 14:40 | 気になるフランス | Comments(0)

カフェ発見/フランスのユズ栽培

f0176688_14334504.jpg
今朝は北風が強く、とても寒かったけれど散歩をしてきました。
午後になったら風も止み、ぽかぽか。
まだ若干オレンジ色の紅葉です。



f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 今日の散歩は9460歩。
 例のごとく、スマホなしの週末です(笑)

なぜ、スマホではなくデジカメで写真を撮っているのか?

その1)同じSDカードに写真を記録したい
その2)撮影時に設定することに慣れている
その3)スマホで撮影した写真をパソコンに落とすのが面倒くさい


というこの3つが理由です。特に「その3」が面倒。
誰か、手っ取り早くて安全な方法があったら教えてください。

f0176688_14531403.jpg
どんだけ田舎?という道を歩きます。だけどこんな森が残っているのはほんのわずか。
古墳のあった山も切り崩され、マンションやら一戸建て住宅やら、
次々と開発がされています。。。空き家もいっぱいあるのになぁ。
これから住む人は、そこがどんな森だったかも想像できないでしょう。

昨日は雨が降って寒かったので、1日家にこもっていました。
今朝食べるパンがなかったのはわかっていたけれど…。
ヨーグルトとコーヒーのみで朝食を済ませ、
地元の小さいケーキ屋さんでブランチ代わりのスイーツを食べよう!
と、北風吹きすさぶ道をずんずん歩いて行ったのですが、
時間が早過ぎたのか、はたまた臨時休業か、まだ店が閉まっていました。。。

と、その隣のお店に「11月11日オープン」とビラが貼ってあり、
入口を覗いてみると、ショーケースにケーキが並んでいました。
へぇ、昭和な居抜きの店にカフェがはいったんだぁ。

北風に耳が切れそうに痛かったので、とにかく入ってみることにしました。

f0176688_14532685.jpg
中は結構広くて、山小屋風のテーブルと椅子、吹き抜けの天井に吊るされたドライフラワー。

なんと、お客は「おばあちゃん100%」
Kaoluluが入ったとき、おばあちゃんが6人もおり「老婦人会?」と一瞬ひるむ(汗)
その後も入口に話し声が聞こえたと思ったら、やっぱりおばあちゃん2人組だった。

高齢者率タカっ…。

Kaoluluには低すぎるテーブルが、大きく見える小さいおばあちゃんたち。

でも、店をやっているのは若いお姉さん。
店の片隅ではアロマグッズなどの小物も売られていて、
決して「老人会」御用達の店ではなさそうです(笑)

f0176688_14533533.jpg
破格の400円モーニング。
ジャムは季節ごとに違う手作りだそうで、今日は「みかん」をお願いしました。

値段が値段だけに、たいして期待はしてなかったんだけど、これが結構本格的でした。
ジャムは最近ありがちなシャビシャビした低糖ジャムではなく、こってりしっかり甘い。
皮だけじゃなく、きちんと実が入っていて美味しいです。

マーガリンじゃなくてバターだし、
パンもそこらの食パンじゃなくて、ほんのり黄色がかったブリオッシュ風。
仕入れているそうだけど、工場で作られたパンじゃないのは味でわかります。

こりゃ、いいお店見つけたかも。
今朝、パンを切らしていてラッキー。
ランチも試してみたいです。

***

さて、フランスの話題がないと寂しいので、フランスのユズの話題を。



France3: Yuzu : l’agrume venu du Japon débarque en Normandie
 「ユズ、日本からやってきた柑橘類、ノルマンディー上陸」


EUはアメリカに比べると植物輸入の検疫が簡単。
そのせいか、日本の野菜がすぐにフランスでも普及する気がします。
ユズの場合は、日本食をフランスに広めるために食材の講習会を開いたりと、
日本側の努力もあったようですけどね。

サイトによるとユズは「日本のグレープフルーツ」とあだ名されているそう。
厚くてでこぼこした皮のまん丸いレモンのよう。
色は成熟度合いによって、濃い緑から黄色まである…と説明。

使い方は、スイーツレシピにもおかずレシピにも使え、
繊細で香り高い風味は、クリームやタルト、マドレーヌ、マカロン、エクレアなどの香り付けに、
果汁や皮も食べられ、その風味は特にタラやサバなどの魚や、ホタテやエビ、
牛のほほなど、肉にもよく合う。

ノルマンディでは、サフラン栽培で知られるGuérand家が、同時にユズの栽培もしているそう。
湿度が高いノルマンディー地方は、日本のユズを育てるのに向いています。
樹齢5年のユズの木は、今年で3度目の収穫を迎えました。
1本から120〜150個の実が成るそうです。
日本と同じで、秋から11月の最初の寒波までに収穫されるそうです。

1個5ユーロ!?

それでもユズはフランスのシェフたちを魅了。
Guérandさんの畑にも20本くらいしか木がないので貴重です。

ユズの香りがするとなんでも和風になってしまいます。
フランスでユズの香りのするものに出会うと、
ちょっと微妙な気持ちになるのはきっとKaoluluだけではないはず…。
f0176688_17445952.gif 日本でゲランやディオールの香水をつけている人とすれ違うと、
 「あ、フランス…」と思ってしまうのと似てます。

f0176688_182834100.jpg


[PR]
# by kaolulu-nv | 2017-11-19 15:38 | 散歩 et カフェ | Comments(0)

Kaoluluの日誌:France/news/旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る