カテゴリ:ささいなコト( 334 )

湖が巨大ワインカーヴに

f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
昨日は「フレンチ絶景ミステリー」を見ました。
AXNミステリーのサイトが間違っていたようで、
2話目が「ピラ」、3話目が「ロカマドゥール」らしい。
久々に見たヴェロニック・ジュネストは、
かなり太ってしまって…あらら?って感じでしたが、
ストーリーは、大どんでん返しがあって面白かったです。
あ、そうそう、昨日はクスクス調理にも初挑戦しました。
結構美味しくできました(笑)

さて、今日は昨日紹介しようと思っていたニュース記事を。。。

France3: Le lac de Servières (63): une gigantesque cave à vin
 「セルヴィエール湖:巨大なワインカーヴ」


f0176688_22113549.jpg
France3ニュース動画よりキャプチャー画像

昨年4月に、2010年にバルト海の海底から引き上げられた170年前のシャンパーニュが
開封されたとニュースになっていました。→ Le Mondeの記事
甘くて、金属的な味がした…という評価でした。

今回は、今から18ヶ月前に、Le-Puy-Dôme県のセルヴィエール湖に
水中熟成の実験のために沈められたワインの話。

10月16日、沈められていたワインボトル250本が、
まるで宝探しのように地元のダイバーによって引き上げられました。

標高1200mの火山帯の真ん中にあるセルヴィエール湖。
9人のブドウ栽培社が、シャンパーニュ、フィトゥ(オクシタニア地方Aude県のAOP)、
オーヴェルニュ地方産ワインを湖底20メートルに沈めました。

注意深く荷解きをされ、栓をチェックされ、France3の3人のレポーターが試飲。
水中で熟成されたワインは、よりフルーティーで新鮮だそうです。
湖に沈めると、1年半の間ずっと湿度100%、遮光状態になり、
アンチエイジング、ワインの老化を防ぐようです。

ワイン栽培者たちは、味、赤・白・シャンパーニュの違いを見分けるため、
目隠しして試飲。
「ソーヴィニヨンは、3〜4年が飲み頃の白だが、
 それでも、古くなるのを遅くし、新鮮に保つことができた」

と説明。

この企画は慈善事業も兼ねていて、11月18〜20日に開催される
Clerlande(Riomの北東)のワイン見本市で売られ、
収益金は全額、ガンと闘う子どもたちに寄付され、生活の改善に使われるそうです。

f0176688_17445952.gif 今後、湖底ワインはオーヴェルニュの名物になるのでしょうか。
 水に沈めるとワインの熟成がゆっくりになるなんて、面白いですね。
まさに巨大ワインカーヴ。
オーヴェルニュじゃないけど、1ヶ月後はいよいよボジョレ・ヌーヴォーですね。
今年のできはどうなのかな。


〈今日のフランス語〉
L'opération est doublée d'une bonne action.
この活動は慈善事業も兼ねている。


doublé(e) de:〜を兼ねている
bonne action:「良い行い」「善行」。つまり「慈善事業」


〜améliore le quotidien des enfants atteints de cancer.
ガンと闘う子どもたちの日々を改善する。


atteindre:「(病気、災害などが)襲う、冒す」。日本語で「ガンに冒された子どもたち」というと恐ろしい感じがするので「ガンと闘う子どもたち」としてみた。

f0176688_182834100.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2016-10-19 22:45 | ささいなコト | Comments(0)

電子辞書を購入…まだ開けてないけど!

f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
ずっとどんより雨が続いて肌寒かった関東地方ですが、
連休に突入して、久しぶりに太陽が顔を出しました。
鳴き止んだと思っていた蝉が、再び鳴いています。
ツクツクホウシですけど…夏の終わりの蝉ですね。

この1ヶ月、肩甲骨付近の痛みと息苦しさに悩んでいるKaolulu。
一昨日、思い出して、昔買った首と肩の痛みについての本を開いてみたら、
はらりとメモが1枚落ちました…。

見ると、当時、症状をどう説明しようかと病院へ行く前に書いたメモでした。
なんと、今と同じく「息苦しい」と書いてあり、そんなことすっかり忘れていたアホなKaolulu(苦笑)
「じゃあ、これは心臓や肺の病気じゃなくて、頸椎ヘルニアで間違いない!」
そう確信できたら回復は早い。。。病は気からです。

とにかく首をまっすぐにしたまま金曜日は過ごしました。
会社のノートパソコンの下に、高さ5センチほどのお菓子の箱を置いて、
イスを設定できる最高の高さにしたら、あら不思議!
簡単に治ってしまいました(笑)

やっぱりね〜。。。会社の机の低さが原因でした。労災だわ。。。

今朝は、楽しみにしていた Des racines et des ailes を2時間たっぷり見ました。
感激!!こういう情報と映像が欲しかったんだよ!
と1人でメモをとりながら盛り上がる。。。
めちゃくちゃ集中して見るのでフランス語も結構聞き取れる(苦笑)

***

気分が盛り上がったところで、秋葉原まで行って来ました。
とうとうKaoluluが電子辞書を買う事を決意。

f0176688_15445788.jpg
ラジオ講座でフランス語を勉強し始めてから来年で20年目に突入!
語学学校では15年くらい前から電子辞書を持っている人が増え、
今ではスマホのアプリを使っている人も多く、紙の辞書は少数派です。
よくここまで紙の、しかもロワイヤル・ポッシュ(ポケット判)で頑張って来たよ(汗)

老眼が進んだ、というのが一番の理由ですが、
だんだんポッシュでは語彙に不足を感じるようになって来たというのも理由の1つです。
いや、仏和ではなくて、もちろん和仏の方ですよ(笑)

初級のうちに和仏を使っても、どれが最適な単語なのかがわからなかったりします。
このごろようやく、読めば意味が分かる単語が増えて来たので、
もうそろそろ和仏を見れば的確な語を探し出す事ができるのではないかと思ったのです。

アンチ・アマゾンなKaoluluは、お店で買えるなら店まで行く派。
ヨドバシAkibaの店員さんにいろいろアドバイスをもらいながら買いました。
本体35,200円アマゾンなら本体31,995円で、3,205円も安い…。

ただ、Kaoluluは本体を買って得たポイントで、
エネループ充電器+電池4本、電子辞書ケース、液晶保護シートをゲット。
現金払いなら10%、カード払いなら8%のポイントがつく…。
つまり3,520円分のポイントが得られるので、実はアマゾンより得なのですよ。ふふ。

え、電車賃がかかってしまう?…そ、そうですね。

でも、帰りにヨドバシAkibaの1階に入ってるブリオッシュ・ドーレに行く事もできるし。

f0176688_16021200.jpg
キャンペーン中のファーブルトンも気になったのだけど、
お昼を食べていなかったのでサンドイッチ・パリジャンとパン・オ・レザンに。
ここ、お店の中に入らなくてもテイクアウトが買えるので楽ですね。
(今日はiPhoneの発売でたくさん人がいて、お店の写真は断念しました)

f0176688_1746594.gif 電子辞書の使い心地は、慣れて来たら紹介しようかなと思います。
 ついでに5年保証にも入りました。電子辞書は修理に1万円くらいかかるそうなので、もしものために。 
 あ〜久々に高い買い物をしました!でも去年1年仏語教室に行けなかった費用を充てたと思えばいいですね。


*追記*
さっそく液晶画面保護シールを貼ろうとして、見事にゴミが入って失敗(涙)
難しいよぉ。え〜ん。。。仕方なく貼らずに使ってます…。
f0176688_10193148.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2016-09-17 16:06 | ささいなコト | Comments(0)

Julien Doré «Le lac»

f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
今日は会社帰りに母のお墓参りに行って来ました。
本当は昨日が命日でしたが、台風が来ていたので、
今日行ったのです。。。というのはウソ。
昨日はすっかり忘れていました!!(汗)

今日、職場で日付判を押していてハッとしたのです。
「あ、昨日の夜、助けてあげたコガネムシは母だったのかも…」

一昨日から、自宅の元アトリエにコガネムシが迷い込んでいるのを知っていましたが、
昨晩もまだ明りをつけるとブンブン飛んでいました。
寝る前には、階段のど真ん中でじっとしていて、
捕まえてみたら生きていたので、ベランダから逃がしてやりました。

家の中で2日も過ごしてしまった小さなムシにとって、
その時間の長さはどのくらいに感じるのだろう。1年?10年?
それでも母の命日を思い出さなかったKaolulu(苦笑)

今日は理由もなくフランスの音楽紹介です。


ジュリアン・ドレ「Le lac」
今年の10月に出るニューアルバム「&」からの1枚目のシングルだそう。

最後に出て来る女優さんはPamela Andersonということで話題になっているけれど、
映画をほとんど見ないKaoluluには、彼女が誰だかよくわかっていません…。
それより気になるのは風景。

おそらく全てフランスだと思うけど…。
一部は南仏アルプ・マリティム県で撮影されたことが公開されています。
ニースのドローン撮影会社が5月に撮影したそう。
アルプスの山を背景にしている画像がそうですね。

おまけに、そのドローン会社が撮影したニースの街の映像も載せちゃおう。


f0176688_17445952.gif 全画面表示にすると、ハイビジョンが引き立って美しい…。
 テロが起きて以来、今年の夏は観光客がぐっと減ってしまっているらしいけれど、
 本当に素敵な街ですね。
f0176688_10193148.jpg


[PR]
by kaolulu-nv | 2016-08-31 23:17 | ささいなコト | Comments(0)

旅の手帳 cahier de voyage

f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
今日はとてもいい天気。
午前中は来年のフランス旅行の気持ちを高めるために、
昨日紹介した番組からアドレスをチェックしたりしていました。

午後は近くの文具店へノートを買いに。

旅は準備段階が一番楽しく、ガイドブックを読んだり、情報を集めたりする時間が重要です。
Kaoluluは、いつも「スマホなし、タブレットなしの一人旅」なので、
結構しっかりと下調べをし、1冊の手帳にまとめてきました。

とはいえ、予定が確定してるわけではなく、
「雨が降ったら、この日とこの日のスケジュールは交換可」とか、
「この日の電車、行きは○時発、帰りは○時、○時、○時…終電は○時まで可」とか、
かなりフレキシブルでいい加減なスケジュール設定にしています。

つまり、フレキシブルすぎて、むしろ相当な量の情報を準備して行かねばならない
ということになります(苦笑)
スマホで現地で調べりゃいいじゃん!と笑われるのはわかっているのだけど。

f0176688_1651532.jpg
Kaoluluの旅手帳 cahiers de voyage。
A6のリング式、透明の袋ページがついているものがベスト。
2週間でページ70枚、つまり140ページ。
フライト情報、保険などのもしものときの連絡先、宿泊先までの行き方、
町ごとの行ってみたいお店、美術館などの観光地、名産品、現地発ツアー情報、
1日毎の日程表、電車の時刻表、バスの路線図、お土産リスト、
簡単な自己紹介フランス語、手土産を説明するフランス語…など仏語作文、
お土産を現地から発送する場合の注意点や、
携帯電話の海外使用法と料金メモ、成田への時刻表…などなど、
これ1冊とパスポート・航空券があれば大丈夫なくらい、ぜ〜〜んぶ書き込みます。

でも、10ページくらいは現地で使うことを考えて残しておきます。
現地へ行ってから、宿の人にアパートの暗証番号や家具の扱い方の説明がありますし、
地図を書いてもらったり、こちらから書き置きやメモを渡したりもできますから…。

でも、今日、文具店へ行ったら、なぜかA6リングノートが1冊もない!!(涙)
諦めて大きいA5リングノートにするしかないかなぁ〜と思っていたところ、
ふと、少し大きい手帳が1コーナーを占拠しているのに気がつきました。

f0176688_1628787.jpg
一番右のやつ。A4×1/3というちょっと変わったサイズ。
一番左の緑のが2012年トゥールーズ旅行、青いのが2013年パリ展旅行。
それらと比べると幅はほぼ同じで(リングが小さい分紙が大きい)、縦が長い。

A4三つ折りがピッタリ挟まるというキャッチフレーズに惹かれ、買ってみました。

f0176688_16362864.jpg
なるほど、ネットからプリントアウトしたA4の地図がピッタリ収まる!
しかもミシュランと同じサイズだったりして。

この Ca.Crea という手帳、
糸かがり製本でビニルの別売専用カバーに入れられるタイプのものと、
Kaoluluが今回買ったリングタイプのものがあるようです。
専用カバーはポケットとペンホルダーがついていてとても魅力的だったのだけど、
ページ数がリングタイプは50枚のところ、糸かがり製本は40枚ということで、
Kaouluは、リングタイプを購入。
サイズがA6の1.33倍あるので、A6換算66枚分だもんね。それに次の旅は1週間だし。

よし!少しずつ具体化していく旅の計画!楽しもう♪

Cahier de voyage は「旅のノート」で、Kaoululuが勝手にそう呼んでいるものだけど、
フランスでは「Carnet de voyage」というものがあります。
これは旅行記を絵と文章、チケットや写真のコラージュで作る「旅のスケッチブック」
旅の最中や旅の後につくるものですね。

Kaoluluは、旅の最中はこのcahierとは別に、日記帳を持って行きます。ってただのノートですが。
f0176688_1437812.gif 毎回スケッチブックも持って行くのですが、どうも時間がないのと恥ずかしいのとで、
 なかなか実行することができずにいます。
 次回こそ、スケッチする時間を作れたらなぁと思うのですが…どうでしょうね(笑)
f0176688_10193148.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2016-07-31 16:49 | ささいなコト | Comments(2)

頭の中…

f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
ゴールデンウィーク中に熱が出たり、鼻炎がひどくなったり…
なんとなく疲れが溜まっているなぁと感じる今日コノゴロです。

たぶんそれは、フランス語教室がなくなって、
同じ趣味の人やフランス人とお話できなくなってしまったことや、
絵を描かないでいるせいだと思います。。。

新卒で就職したときも、それまで高校でも短大でも絵を描いていたのに、
10ヶ月くらい絵を描かないでいたら、どうにもこうにもストレスがたまってしかたなく、
近所の美術予備校の日曜アトリエへ通い始めたっけ。
日曜日は午前9、10時くらいから、午後3、4時くらいまでずっと絵を描いていました。
結局、12年くらい通ったかな。

フランス語が聞き取れなくなってきている不安も意外と大きいかも。
寝る前は、フランスのラジオのポッドキャストを聞いていたのだけど、
最近は、聞き取れないまま眠ってしまうことが多いので、以前買ったCDを聞いています。
どんな曲か?


ストレス解消には、静かな曲より意外とこういうポップスが聞きたくなります。
元気になる感じ。
M Pokora のアルバム「M」に入っている「Reste comme tu es」。
仕事中も頭の中で鳴り響いています。Reste comme tu es ! ♪

f0176688_1437812.gif 会社では、ジャニーズや韓流の話題に全くついていけないKaolulu。
 だからと言って、M Pokora の話をしても誰も知らないよね…。とほほ。
 今週もあと1日頑張ります。
f0176688_10193148.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2016-05-12 23:17 | ささいなコト | Comments(2)

ブラッドオランジーナ、一足早く買いました

f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
また1週間が始まりました。
OL時代の友達が、
「1週間は長いけれど1ヶ月は短い」
と言っていたのが名言だと感じる今日このごろ。
気がつけば、もう3月も終わります…。

今日は、8がつく日なので、安売りになる大手スーパーに寄ってから帰りました。

「あれ?明日発売じゃなかったっけ?」

と、自分の記憶が間違いだったのかと思いましたが、
確かに、ブラッドオランジーナが、これでもか〜!と、
売場のあちこちに、うずたかく陳列されていました。

f0176688_22195375.jpg
発売記念で、1本100円!

f0176688_22202674.jpg
1日早く、いっただきま〜〜す♪(まだ冷えてなかったので、邪道ですが氷をいれました)

うまっ!! Très très bon !!

元祖オランジーナより、レモンジーナより、断然おいしい!!
なんというか、大人の味です。後味が、他に例えようもなくスパイシー…。
シチリア産ブラッドオレンジだけでなく、レモンやら、オレンジやら、スパイスやら、
いろいろブレンドされているんだそうです。

まるで、ノンアルコールのカクテル。

f0176688_17445952.gif 気に入りました。これ、必ずリピートしちゃう。
 イトーヨーカドー先行販売だったんですね、きっと。Merci, chez Sept !


f0176688_22241924.jpg
公式サイトでは確かに3月29日発売って書いてあるもん。
抽選でプレミアムセットをもらった人はいるみたいですけどね…。

オイシイヨ。お花見のお伴にいいかも。
f0176688_10193148.jpg


→ブラッドオランジーナをフランス人が飲んでみた感想
[PR]
by kaolulu-nv | 2016-03-29 00:00 | ささいなコト | Comments(4)

ビストロ・クルルで幸せの贅沢ディナー

f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
昨日は雨が降っていたけれど、予報ほど風はなく、
春の嵐って感じではありませんでした。
そんな中、昔の職場の友達と初めての女子会でした。
(もう、女子ではないので婦人会だという話も…)
忘年会に来られなかったメンバーとの再会&Kaoluluの再就職祝い。

ずいぶん前にお仕事で知り合った花沢シェフのお店、ビストロ・クルルにて。

本当に久しぶりに行きました。土曜日、しかも大雨の予報の出ていた御茶ノ水はとても静か。
小さなビストロは、ほぼ貸し切り状態で、本当にゆっくり楽しくおしゃべりできました。
ここは料理とワインは間違いないですしね!!

f0176688_10422297.jpg
ズワイ蟹とアヴォカドのコンソメゼリー寄せ。(食べかけでごめんなさい!!)
この店一番の人気メニュー。
美味しいだけでなく、結構量もあって、これだけつまみながらワインやパンが進みます。
前菜の段階でかなり長い時間、しゃべりながら食べました。

f0176688_1044914.jpg
舞茸ときたあかりのスープ。
前菜だけでお腹いっぱいになりかけていたKaoluluも、さらっ飲めてしまいます。
1杯目をビールにしたから、お腹がふくれちゃった。。。(苦笑)

f0176688_10472489.jpg
1本目のワインは、シャトーヌフ・デュ・パプ。
ドメーヌ・ロジェ・ペランの、その名も「クエスチョン」という赤ワイン。
ソムリエさん曰く、「あばれんぼう」だそう。
フランス人も、どこのワインかわからない味ということで「?」とラベルに書かれているとか。
一口目はタンニンの味が濃くて重いのだけど、後味は軽く、
栓を抜いてから時間とともに味が変わるのも早いのだそうです。

f0176688_10553752.jpg
メインは群馬・増田牛のブレゼ。下に黒米のリゾットがたっぷり。
牛肉もホロホロほどけ、どっしりとした「?」ワインに合います。。。めちゃ贅沢!!
たまにはいいよね??

f0176688_10572231.jpg
「梅」のプリフィクスコースにはデザートはついていないので、
ランジス市場から直送のチーズ盛り合わせを頼みました。
(そして、なんとここでもう1本、オーストラリアの赤を頼んだKaoluluたち
 …完全に飲み過ぎです!)

グリュイエール、ブリ・ド・モー、リヴァロ、
え〜っと、あとは青カビと、もう1つウォッシュ系と…(汗)←酔ってて説明をきちんと聞いてない。
乾燥梅干しや、自家製いぶりがっこ、干しぶどうなど、マリアージュ用の付け合わせも。
日本でフランスのチーズが食べられるなんて…ちょっぴり高価だけど、幸せ。

f0176688_1135971.jpg
雨が降っているから、その場でカフェで締めることにしました。
プチフールのモンブラン付き。あ〜〜、ごちそうさまでしたぁ。。。

ビストロ・クルルのソムリエ、花沢マダムは実は元漫画家さん。
お店の入口にあった本で、知らないうちにKaoluluとコラボしていました↓
f0176688_1163019.jpg
レストラン・パティシエールの働き方: 「好き」を仕事にする&つづけていく!
誠文堂新光社 2016年1月8日既刊
表紙の、パティシエール中村樹里子さんの似顔絵を描かれているのが花沢マダム。

f0176688_11112381.jpg
中のレシピメモのイラストを描いているのがKaoluluです。
こんなところで一緒の仕事してたんですね〜(笑)

帰りに、友達に素敵なお土産ももらってしまいました。いつか倍返ししなくっちゃ!

f0176688_11131116.jpg
f0176688_17445952.gif 友達ってありがたいですね。
 お互い年をとっても、連絡したり、会って話しが出来る人がいるって幸せだなぁと
 実感できた貴重なディナーでした。
 Merci beaucoup !!
f0176688_13504818.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2016-02-21 11:10 | ささいなコト | Comments(2)

フィルハーモニー・ド・パリのパイプオルガン

f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
会社員4週目。無事働いています(笑)
明日祝日も出勤です!

さて、時間がないのでサクッと更新します。


ちょうど一年前にオープンした、パリ交響楽団の本拠地「フィルハーモニー・ド・パリ」
先週末2月6、7日に、パイプオルガンが初お目見えしました。

France3: Inauguration de l'orgue de la Philharmonie de Paris
「フィルハーモニー・ド・パリのオルガンお披露目式」
2016年2月7日

France3の映像はリハーサルと、無声映画「オペラ座の怪人」に合わせた演奏の一部です。
フィルハーモニー・ド・パリ公式サイトで、
コンサートのライブ動画を今年8月6日まで見ることができます。

→ Grandes Orgues : Olivier Latry, Philippe Lefebvre, Bernard Foccroulle, Wayne Marshall

f0176688_22441171.jpg
フィルハーモニー・ド・パリ公式サイトよりキャプチャー画像

教会や大聖堂にあるパイプオルガンと比べると、かなり印象が違いますよね。

これは、フランス人オルガン製作者 Michel Garnier 氏によって考案され、
オーストリアの著名な楽器製作会社 Rieger が製作した、
高さ15メートル、横幅20メートルの巨大な楽器です。

91セットの6055本のパイプ、4段の鍵盤がついた演奏台が2つあるパイプオルガンは、
その設置と調整に1年を要しました。
演奏台が2つ?
そう、実は、1台はホール後方に突き出したパイプの後ろに。
もう1台は移動式で、ニュース動画のように、舞台の上で使用することができます。
ハイテク!

そして、ホール後方のパイプオルガンは、大部分が可動式のパネルに隠されていて、
演奏する時に、魔法のように開く…という仕組みになっています。
これで音の強さやニュアンスを調整もできるのだそう。

オルガニスト Bernard Foccroulle 氏は「世界に同じものはない」といい、
エクサンプロヴァンスの歌のフェスティバルのディレクターは、
「音響効果がすばらしく、並外れている」と認めたそうです。

ちょうど現在、去年暮れにパリのノートルダム大聖堂のパイプオルガンが演奏された時の
ライブ映像が ARTE でアップされています。

ARTE Concert: Olivier Latry à l'orgue Cavaillé-Coll de Notre-Dame de Paris
(2月24日まで再生可)

f0176688_1746594.gif フィルハーモニー・ド・パリのお披露目式でも演奏している
 Oliver Latry 氏の演奏です。
 聞き比べてみるといいかもしれませんね。長いけど〜。
f0176688_13504818.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2016-02-10 23:03 | ささいなコト | Comments(0)

フランスの家電リサイクル

f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
こんばんは、ですね。
通勤生活2週間終了…。
40過ぎての就職も苦労しましたが、
17年弱ぶりの事務職復帰も大変でして。。。
でも、老後のために頑張らなくては!

今日は、「フランスの家電リサイクル」の話題です。

France2: Électroménager : le recyclage au banc d'essai
 「家電製品:実験台のリサイクル」
2016年1月27日

f0176688_2314212.jpg
France2ニュース動画よりキャプチャー画像

日本では「家電リサイクル法」とか「小型家電リサイクル法」というものがあります。
前者は、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機の大型家電が対象で、
家電販売店が回収し、メーカーがリサイクルをします。有料
後者は、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機などが対象で、
市町村が回収し、認定事業者がリサイクルします。市町村によって手数料がかかる場合あり。
その他に「PCリサイクル」というものもあって、
こちらは、パソコン購入時にリサイクル料を負担しているので、無料で回収されます。

フランスでも、2005年から全ての家電製品の回収が義務化されているそう。
ところが、その回収率はせいぜい30%くらいだとか…。

France2が、隠しカメラをつけて、家電販売店へ古いコーヒーメーカーを持って行くと、
「新品を買わないと、古いものは引き取れません」と断られてしまいます。
このお店では、最終的に上司に相談して、引き取ってくれることになったようですが、
新品との引き換えが一般的な対処のようです。

フランスでは、日本の「PCリサイクル」のように、
新品を買う時に既に「eco-participation エコ負担金」というものを払っています。
リサイクル料ですね。
最近では、オンラインショッピングサイトでも、客はエコ負担金を支払っているので、
販売サイトも古い家電を引き取らねばなりませんが、この義務は守られていません。

ニュースの最後に登場する、ハイパーマルシェ・カルフールのようないくつかの販売店は、
店の入口に小型家電の回収ボックスを設置。
これによって、回収が年10%増加したそうです。

ボックスの中には、日本でも見るような電池やプリンタインクカートリッジだけでなく、
リモコンやアイロン、コーヒーメーカーなども入っていますね…。
日本の市町村にも、これと似たような小型家電リサイクルボックスがあるみたいだけど、
Kaoluluはまだ見たことないわ。

f0176688_17465224.gif Kaoluluも、折をみてパソコンを処分しなければなりません。
 まだ動くのでもったいない気もしますけどね〜。


〈今日のフランス語〉
collecte、récupération:回収
cafetière:コーヒーメーカー、コーヒーポット
reprendre:引き取る
enseigne:看板→販売店
bac:容器、桶→bacs de récupération:回収ボックス
f0176688_13504818.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2016-01-29 23:42 | ささいなコト | Comments(4)

最近のこと

f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
今日は個人的にお知らせしたいことがあります。

もしかしたら、毎日ブログを読まれている方は、
なんとなく気づいているかもしれません。


今月の1日の記事で、今年の目標は「挑戦」と書きました。
未知の世界へ飛び込もう。

いろいろ考えて、本当に長いこと考えて、自分で結論を出しました。
実は、昨年秋から、就職活動をしていました。

本も大好きです。イラストも大好きです。
…でも、このままでいいのかなと数年前から感じていました。
絵本に挑戦してみたり、新たな仕事を求めて営業活動をしてみたり…。
でも、今まで17年もイラストで生活できていたのがまるで夢だったみたいに、
自分の腕と脚で結果を出すことは本当に大変なんだと、身をもって知りました。

昨日、無事、就職先が決まりました。
イラストとは全く関係ないお仕事ですが、やっと自分の居場所をみつけた喜びでいっぱいです。

絵は、今後もずっと描き続けます。
元を正せば、自分からイラストレーターになろうと望んでなったのではなく、
偶然の出会いから、頼まれるままに描き続け、
気づいたら16年余り経っていた…という感じなのです。

「あら、これで生活できそうだわ」とアルバイトを辞め、
「3、4年続けばいい方かな。その時は事務の仕事に戻ろう」と、結構軽く考えていました。
もちろん、軌道に乗ってからは、プロ意識を持ってしっかり取り組んできたつもりです。

f0176688_1746594.gif
 人生、何が起こるかわかりませんね(笑)


人生が80年、90年あるとしたら、Kaoluluにはまだあと半分残っています。
これから先の人生も、楽しく、安心して過ごせるように頑張ります。
何かを始めるのに、遅すぎるということはない。人生のうちで今が一番若いのだから。

f0176688_1437184.gif フランス関連のニュースを取り上げるこのブログは今後も続けます。
 ただ、今までのように毎日アップすることは難しいこと、
 午前中ではなく、夜の更新になるだろうことはお知らせしておきます。
 今後ともご愛読、どうぞよろしくお願い致します。

*締切のあるお仕事は無理ですが、絵も描き溜めて、いつか個展でも開きたいなと
考えています。絵本もおばあちゃんになってからでも挑戦したいです。
f0176688_13504818.jpg

[PR]
by kaolulu-nv | 2016-01-15 10:21 | ささいなコト | Comments(8)

人面鳥Kaoluluの日誌 *フランス×ニュース×旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る