ラクレット

f0176688_12011154.jpg
寒くなると、煮込み料理や鍋料理が多くなるのはきっとどこも同じ…。
フランスではラクレットも。。。
もとはスイスの郷土料理だけど、フランスやドイツでも食べられている。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
今日から仕事初めという会社も多いことでしょう。
Kaoluluは明日が仕事初め。

17年分の書類の整理をしています。
昨日1日で5000枚くらいのコピー紙が出てきました。
今日はその倍くらいの書類を見るつもり…。それでもまだ残ってる!

タイムカプセルのようなこのアトリエにいると身動きできません。
それは、ものが多すぎるとか、寒いとか、そういう問題ではなくて、
「過去」に四方を取り囲まれていて息苦しいからだと気づきました。
2年前からこの部屋は時間が停止している…。
まさに「coincé」。

2年も経ってやっと、自分がこの部屋いたくないのだと気づきました。

今、昔の下絵や原稿を見ても、惜しくもないし懐かしくもない。
ポイポイ捨てられる。
完成品は日本のどこかの図書館に残っているだろうから、惜しがることはない。
そう思えるようになった。

脱出に2年もかかってしまったな…。
書類の次は、本やソフトウェア、ハードウェア(PC周り)の処分も考えなくちゃ。

***

今日は美味しそうな映像で誤摩化してしまおう。
美味しいチーズ食べたいよう。。。



1年前のMétéo à la carteの番組なんだけど!
サヴォワ地方のラクレット。

ラクレットチーズの故郷はスイス。
でも、カマンベールチーズがデンマークや日本でも作られているように、
フランスのあちこちでも、ラクレットチーズは生産されています。
ノルマンディー産ラクレットだってある。

大きくて、セミハードの牛乳のチーズ。

f0176688_12011871.jpg
ラクレット用のヒーターがないと家ではなかなかできないけれど、
4人前の分量は、
ジャガイモ1キロ、ラクレットチーズ800g、
もも肉ハム8枚、リヨン風サラミ12枚、サラミソーセージ8枚、
季節やその土地の野菜など食べたいもの。
シャルキュトリーは薄く切るのがコツ。

元祖ラクレットのスイスのYoutuber David Charles氏がこんな動画を公開しています。



フランス(コンゴ出身)のラッパーのパロディなんだけど。

Racler comme jamais, racler comme jamais, ognons et patates, cornichons coupés
こんな削り見たことねぇ、かつてない削りっぷり、玉ねぎ、ポテトにカットされたピクルス

って。。。
raclerはracletteの動詞「削る」。
コルニション(小さいキュウリのピクルス)ってラクレットで食べるのね。

f0176688_1746594.gif 郷土愛パロディ(笑)
 Kaoluluがラクレットを食べに行くなら湯島かな〜。
そろそろ女子会企画しようかな。。。
f0176688_13504818.jpg


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kaolulu-nv | 2018-01-04 12:40 | 気になるフランス | Comments(0)

Kaoluluの日誌:France/news/旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る