パート・ド・フリュイとクレルモンの特等席〈Clermont-Ferrand〉jeu. 13 avril*6日目5

f0176688_17374931.jpg
Clermont の特等席・Parc Montjuzet モンジュゼ公園。
クレルモンの北、標高486mの丘の上にある緑のオアシスだ。
これ以上ない青い空、葉桜のもと、緑の絨毯の上で一休み。。。C'est le paradis...





f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 旅行記、のんびり書いてもいいのだけど、Kaoluluの記憶もままならないので、
 週末はなんとか進めなくてはと頑張ってます。

> À la recherche des pâtes de fruits perdues 失われたパート・ド・フリュイを求めて
f0176688_17380364.jpg

モンフェランからの帰りのトラムは小学生でいっぱいでした。Puy de Dômeと同じ状態(笑)
どうやら、モンフェランのRoger-Quilliot美術館への課外学習だったらしい。
引率の先生が2人いました。
子どもたちは楽しげだけど、冷房が効いていないトラムの中は蒸し暑く、
Jaude駅まで行かず、2駅手前の市役所駅で降りました。
そこから階段公園になっているPoerne広場を上ると、アンボワーズの泉に到着します。

f0176688_17381936.jpg

雲1つない快晴!

f0176688_17383560.jpg

市庁舎の壁には大統領選第1回投票の候補者のポスターが。
このポスターの落書きを見れば、誰が当選するかはこの時点で既にわかっていたわけで、
日本の報道の騒ぎ方にイライラさせられていたKaoluluです。。。

f0176688_17385476.jpg

この日の午後と翌日の午前中は、クレルモン観光を兼ねてのお土産探し。
前日に観光案内所↑で買ったエコバッグが気に入ったので、もう一度行きました。
食べ物はいつ会えるかわからない友人には向かないと思ったので…。

しかし、前日はたくさんあったエコバッグが、1つしか残っていませんでした。人気商品?

「すみません、これを○○個欲しいんですけど…」
と、ランチタイムにも閉館しない、
まじめなクレルモンフェランの観光案内所の男性職員に聞いてみます。

「お待ちください、探しますから」
と、陳列台の下の棚を開けても見つからない、カウンターの裏の控え室にもない様子。。。

「待ってて下さい、倉庫を見てきます。絶対ありますから」
そこまでしなくても…とうろたえるKaoluluをよそに、さっさと地下へ。

待っている間、カウンターにいたもう1人の職員に
「Pâtes de fruitsを買いたいんですが」
と質問。
「pâtes de fruits」は発音が難しく、何回か言い直す必要がありました(汗)

pâtes de fruits パートドゥフリュイ(フルーツペースト)はオーヴェルニュの名物。
しかし、あちこちお土産屋さんやパティスリー、市場を覗いてみたのだけど、
大きな缶入りのものはあっても、人に配るのにちょうどいいくらいのサイズのものがなく、
お土産に買うと決めていたので困っていたのです。

そこへ、エコバッグを探しに行った職員が、
Kaoluluが頼んだ数の何倍もの束を持って上がってきました。
「○○個ですよね…」
残りを陳列台に並べました。

こちらのマダムがパート・ド・フリュイの買える場所を探しているそうだと、
もう1人の職員が耳打ちし、パンフレットを預ける。

大量のエコバッグの他に、絵はがきも数枚買い、
観光案内所から一番近いパート・ド・フリュイの買える店を教わりました。

f0176688_17391334.jpg

逆さまのチェック印が入っているお店。。。(逆さまにして説明してくれたので)
前にも通りがかりに見たことがあったお店だったのですが、どうみてもチョコレートだらけ。
観光案内所の人が言うのだから、間違いないだろうとお店に入って店員さんに聞いてみました。

「pâtes de fruitsはありませんか?」
「申し訳ありません。今はないんですよ。
 この通り、この時期は復活祭のためにチョコレートだけを作っているんです
「そうなんですか。残念です。ありがとうございました」


なるほど、どこのお店も地元名物より復活祭のチョコレート優先なのですね。。。
店を出て、もう市場で大きな缶入りのを買うしかないなぁと考えながら歩いていたら、
後ろから誰かが声をかけてきました。

「マダム、マダム、さっきの話を聞いてたんだけど、pâtes de fruits が欲しいのね?」

絵に書いたようなマダムが追いかけてきて言いました。

「Oui, そうなんですが…」
「私、知ってるわ。あそこならたぶんあるはずよ。連れてってあげるわ」
「え、いいんですか?ありがとうございます!」
「もしそこになかったら、あとは市場ね」

なんとまあ、親切な人もいるもんだ!
途中まで来たところで、Kaoluluももしかしてあのパティスリーかなとわかりました。
でも、連れてってくれるなら、連れてってもらっちゃおう…なんて思っていたら、
途中で、マダムがマダムの友達とばったり会ってしまいました。
「あら〜、○○さん、こんなところで、元気ぃ?」
と話が始まりそうになり、マダムはこちらを向いて、

「ごめんなさい、お友達に会っちゃったわ、ここを右に曲がったらすぐだから」
「いえいえ、ありがとうございます。Bonne journée !」


マダム2人は楽しそうにどこかへ行ってしまいました(笑)
Kaoluluは、察しのついていた、以前見たお店へ無事到着。

f0176688_17393240.jpg
La Ruche Trianon
26 rue du 11 Novembre
63000 Clermont-Ferrand
Tel : 04 73 37 38 26
月:10h30〜13h30/14h30〜18h30
火〜土:9h30〜19h 日休
「Bonjour、pâtes de fruitsはありますか?」
「ええ、ありますよ」


f0176688_17401690.jpg

やった〜。やっと見つけた!小さな箱入りのパート・ド・フリュイ!

「小さい箱のを探していたんです!まさにこんな感じの!もっと小さいのもありますか?」
「いつもはあるのですが、今はこのサイズが一番小さくて2箱しかないんです。
 その他はもっと大きいの。復活祭の時期はチョコレートを作っているから」
「そうなんですね。では最後の2箱を買います」


Puy de Dômeが描かれた紙製の箱は、まさにお土産にピッタリ。。。感激!

リボンを掛けている間、お店の写真を撮ってもいいですかと聞いたら、
どんどん撮影して!とのことでした。
ついでにブログに載せてもいいですねと聞いたら、喜んでいました。

f0176688_17402981.jpg

笑顔で明るい店員さんと、楽しそうな復活祭の飾り付け。

f0176688_17404386.jpg

鶏やウサギだけじゃなくて、魚もいっぱい。ショコラ・ショコラ・ショコラ!

f0176688_18521393.jpg

お店自体もとっても可愛らしい。シックなシャンデリアにポップな色使い。
お客さんも次から次へとやってきます。

f0176688_18532905.jpg

目がチカチカする!何が置いてあるのかわからないくらい、大量の鶏チョコ。

「素敵なお店でいい買い物できて、本当に嬉しいです」
「正真正銘のartisanat(職人の手作り)ですよ」


お店の入口まで見送ってくれ、お礼を言いました。

> La grande vue de Clermont : le Parc Montjuzet クレルモンの絶景・モンジュゼ公園
希望のお土産を手に入れ、ほっとしました。
このあとは、クレルモンで外せない絶景ポイントを目指します。
車で行くのが普通らしいのですが、バスでも行けそうなことを事前に調べておきました。

f0176688_18535907.jpg

もう何度も来ているJaude広場のバス停。

f0176688_18543352.jpg

バス9番線、Trémonteix Charcot行きに乗ります。
平日昼間は15分置きくらいに出ています(日祝は極端に少ないので注意)。
白い1両の普通のバスです。

f0176688_18550381.jpg

乗っている時間は10分ほど。
降りるのはChateaubriand駅。美味しそうな名前なので覚えやすい。
すぐ近くにスーパー・カルフールがあり、もしバスがなければその脇の道をまっすぐ南へ行けば、
歩いても30分でSt-Pierre市場に戻れるはずです。

f0176688_18553489.jpg

通りの向かい側にある帰りのバス停で、一応時間をチェック。ふむふむ大丈夫そう。
この写真の奥、大きな車道を渡ってオレンジの屋根の前の坂道(Montjuzet通り)を
右へと登ります。

f0176688_18561044.jpg

10分も上っていないと思います。この白い家が見えたら左折。

f0176688_18564043.jpg

すると、1、2分でモンジュゼ公園の入口に到着します。バス停から10〜15分ですね。
ここは正門ではないんだけど…。駐車場や正門は丘の西側にあるけれど、ここは東側です。

f0176688_18571263.jpg

入口(写真の左奥)からちょっと上って振り返るだけでこの景色!キタ〜〜!

f0176688_18574291.jpg

ああ、なんて坂道!でも、絶景が待っている!

f0176688_19195915.jpg

途中、何度も振り返って景色を確認しながら上りました。。。すご〜い!

f0176688_19204945.jpg

到着!絶景ポイント!汗だくだけど、来てよかった!!

f0176688_19212677.jpg

ピクニックしたり、ジョギングしたり…クレルモンっ子の憩いの場。

f0176688_19215676.jpg

木陰に腰掛けて、朝に食べ残したガトーをかじる。。。そういやランチ逃しちゃった。

f0176688_19223875.jpg

もっと小さいパッケージがあれば、
ここでパート・ド・フリュイを食べちゃうのもありだったかも。
まるでボルヴィックの宣伝用みたいに綺麗に撮れる木陰(笑)

f0176688_19231413.jpg

日本に帰ってからいただきました。
自分1人で食べるのがもったいなくて、職場にもお裾分けして。

f0176688_19235296.jpg

スケッチブックを取り出して、ざざざっと描いてみる。こんな絶景、絵に描けない…。

f0176688_19240467.jpg

もっともっと緑だし、地面には白い花がいっぱい咲いているけれど…うまく表現できないよ(涙)

結構長い間座っていました。スケッチも下手なりに1枚描けたし大満足。。。幸せな時間。

f0176688_19241567.jpg

葉っぱの感じだと、たぶんサクラ。いや、フランス的にはサクランボの木。
花はほぼ散って、葉桜になってしまっているけれど。

f0176688_19242712.jpg

タカシ・ナラハ氏の「Boule erratique」(不安定なボール)で大聖堂を切り抜く。

f0176688_19380703.jpg

モンジュゼの頂上から。絵になりすぎて絵にならない。

f0176688_19381625.jpg

ここでピクニックしたくなる気持ちもよくわかる。日焼けなんて気にしない!

f0176688_19382519.jpg

こんなところで宿題でもしているのかな?クレルモンの特等席。

f0176688_19384579.jpg

もちろん、ピュイ・ド・ドーム県の王様、Puy de Dômeも見ています。。。


f0176688_17445952.gif 素敵な場所は立ち去りがたい。。。
 ずっといたい気持ちを抑え、日の高いうちに町に戻ろう。
まだちょっと見てみたいお店があるから…。

帰りのバス停で、通りがかりのお兄さんに
「今日は復活祭の前の聖木曜日だけど、バスは普段通りよね?」と心配性らしい質問をし
「わかんないけど、大丈夫じゃない?」とイヤホンを外して答えてくれた。

相変わらず自分でも変な旅人だと思うけど、変な旅人なりに旅を楽しんでいる。



フランス旅行記2017〈パリ郊外とオーヴェルニュ〉全記事表示
f0176688_10193148.jpg

[PR]
Commented by nana33 at 2017-06-19 16:13 x
Bonjour Kaokuku-san,ça va ? La saison de la pluie va commencer bientôt ...ここは宮城県南部の盆地です。梅雨時は湿気がすごいので、お日様が出ると何でも干してしまいます(笑)

 モンジュゼ公園から街を見下ろしてスケッチ! Notre-Dame de l'Assomption大聖堂を中心にして、空気が澄んでて、清々しい一枚ですよ。きっと、この絶景も新たに作品に描きたい候補でしょうね? やっぱり、この大聖堂の黒色は深みがありますよね。近くで見ても遠くから見ても目を引くし、カトリック信仰の日常的な安心感、長い時の流れを感じます。
 中世ファンはフランス国内にも多いのですね。観光だけじゃなく、Clermont-Ferrandに暮らしながら、中世時代を満喫できるなんていいなあ。6日目の旅日記、なかなか見られない中世の街の写真をありがとうございます。

 La Ruche Trianon,このチャーミングなお菓子屋さん、すごい! 情熱的な鶏チョコ・魚チョコにビックリしました(笑) 近所だったら、魚チョコを買って、部屋に飾りたいです。

 Bonne semaine à vous !
Commented by kaolulu-nv at 2017-06-19 19:31
> nana33さん
Bonjour nana33-san, je vais bien, merci !
Dans la plaine du Kanto, il faisait un peu sec comme si la saison des pluies n'est pas encore arrivée.
宮城県南部にいらっしゃるんですね。
関東は梅雨入りしてから雨らしい雨が降っていない気がします…。今日も予報では7月並に暑くなると言っていましたが、湿度が低かったせいか、そこまで暑くはなかったです。

モンジュゼ公園は、本当に最高のロケーションでした。散歩をしている人たちもとても穏やかで、子供からお年寄りまで、のんびり散策したり、草の上に寝転がったり…。そうですね、この景色を水彩画で描くのはとても難しそうですけど、できたら挑戦してみたいです。↑のスケッチはデッサンがかなり狂ってますし(笑)
モンフェランの町は、ミシュランガイドを予め読んではいたのですが、写真がゼロなのでどんな場所なのか全くわからないまま現地に行きました。tournelle(小塔)やgalerie、palierがどんなものなのか、実際に見てこのことか!と納得したくらいです。ルネサンス期は裕福な商人がた〜っくさんいた証ですよね。

La Ruche Trianonは場所もよく、とてもいいお菓子屋さんでした。鶏チョコ、1羽くらい買ってみればよかったですね。でも食べるのがかわいそう…。

A très bietôt !
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kaolulu-nv | 2017-06-17 19:46 | 2017フランス旅行記 | Comments(2)

人面鳥Kaoluluの日誌 *フランス×ニュース×旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る