曇天のルピュイから、蒼天のブリウドへ!〈du Puy à Brioude〉mer. 11 avril*4日目6

f0176688_22501872.jpg
Brioude ブリウドの Basillique St-Julien サンジュリアン寺院。
オーヴェルニュ地方最大のロマネスク教会。
町は小さいけれど、もっと長く滞在して、光の移り変わりを見てみたかった。





f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 フランス旅行記はまだ4日目。
 さすがに1ヶ月も経ってしまうと、記憶の欠如や順序が不明になってきます。
 写真を見ていると、細かな部分は思い出せるのだけど…。
 今週末にはこの4日目が終わるといいな(苦笑)

> Au dernier moment, des nuages ont disparu... ここへ来て、雲が晴れる…
f0176688_22503085.jpg

ルピュイのノートルダム大聖堂の表参道・ターブル通りを離れ、
観光案内所を目指して歩き始めます。
ルピュイの旧市街は、時間があったら宛てもなくのんびり歩きたいような景色。

f0176688_22503910.jpg

建物が高く、通りも狭く入り組んでいます。
空が狭くなって暗いけれど、家の壁がカラフルで陰気さを感じさせません。

f0176688_22531601.jpg

レース編みの学校。観光客もレース編み体験ができるらしい。

f0176688_22532764.jpg

ここを抜けると、ルピュイ旧市街でも賑やかなプロ広場 Place du Plot。

f0176688_22533735.jpg
Place du Plot プロ広場

土曜日には、ここで市場が開かれるそう。
そして、サンチャゴ・デ・コンポステーラの出発点も、実はこの広場らしい。

この噴水は1246年に設置された、ルピュイで一番古いものなんだそう。
彫刻は15世紀のものらしいけど…。
ターブル広場の噴水も水が出ていたらいいのにな。

f0176688_22535108.jpg

ルピュイでもJeff & Brugesを見つけた!
復活祭の装飾はどの店舗も一緒。
でも、このお店は上階まで青でコーディネートされていてとてもいい雰囲気。
日本にも進出してくれないかなぁ…。

f0176688_22540102.jpg

Place du Clauzel クローゼル広場にある観光案内所。
隣がカルフール・シティ(コンビニ的スーパー)だったりして、都会的です。
この広場でも、土曜日に市場が開かれるそう。でも特産品ではなくて蚤の市。

観光案内所で地図とパンフレットをもらいました。
地図は駅でもらっていたんだけど、これは近年中に訪れるかもしれない友人用。
これで、とりあえずルピュイでのミッションは全て完了。

f0176688_22541087.jpg

ちょっと引き返して、さっき見かけた小さなパン屋へ。
窓に「自家製」マークが貼ってあり、美味しそうなバゲットを持って出て来る客がいたので、
よさそうだなと思い、クロワッサンとパンオレザンを購入。
バスの中で食べよう。

f0176688_22542087.jpg

なんだか明るくなって来たなと思ったら、プロ広場に戻ると太陽が射していました!
いまごろ〜〜?(苦笑)

f0176688_19020233.jpg

後ろ髪を引くように、空は青々として…。
絵にもならない駐車場だというのに、思わず振り返って写真を撮ってしまいました。
蒼天マジックね(苦笑)

またもや道に迷いながら、駅へ向かう。
途中、「駅はあっちでいいんですよね?」と聞くと、
そのとおりと頷く犬を連れたサングラスのおじさん。

> le voyage en car à Brioude ブリウドへバスの旅
駅前を通り過ぎると gare routière バスターミナルがあります。

f0176688_19022639.jpg

新しい道路と、綺麗なバス停。
この右手の建物の向こう側に、バスが数台待っていました。
旧市街はガラガラだったのに、バス停には結構な人がいました。
旅行客というより、学生など、地元の人っぽい。

切符をコンポステする黄色い機械がなかったので、
「コンポステはどこでするの?」と眼鏡をかけた学生らしき青年に聞くと、
「運転手に見せればスタンプを押してくれるよ。もう乗れるんじゃない?」
とバスを指差す。なるほど、その方式か。。。
以前、乗ってからコンポステして来いと言われたことがあったので聞いてみたのですが、
言われてみれば、乗ってからスタンプを押されたこともあったと思い出しました。

みんな外で立ち話をしていたけれど、Kaoluluは早々にバスに乗り込みました。
歩き疲れちゃったしね。

運転手に「Brioude経由Clermont-Ferrand行き」の切符を見せると、
「Clermontまで行きたいんですね?」と念を押されました。
そのバスの終点はClermont-Ferrandだからです。
「いえ、このバスではBrioudeまで行って一度降ります。
 その後、電車でClermontに行く予定です」

と言うと、
「Brioudeで降りたいんですね」
とスタンプを押してくれました。
これでBrioudeで必ず停まってくれるでしょう。

12:18。満席ではないけれど、半分くらい席が埋まったバスが定刻通り出発しました。
あ、電車と違う方向に行くんだ!
…と当たり前のことに気づいて、急に嬉しくなったりして。

f0176688_19023833.jpg

Breuil広場に面したヴァーヴェナ酒の博物館。
観光コース地図やミシュランガイドには載っていないので見逃していました。
工場は街から離れたところにあるから、行けないと勝手に決め込んでいたのだけど、
ここでいろいろ見られそうですね。電車で帰っていたら気づかなかった!

f0176688_19024676.jpg

Borne川を渡った対岸には公園があって、そこからサンミシェル岩が見える!!
これは歩いてここまで行きたかったなぁ〜。
これもバスじゃなかったら見られなかった。

f0176688_19025450.jpg

ポリニャック城方面も通るバス。わぁ…夕方に電車で帰ったら見られなかったかも。
(いや、夕方までいたら、ポリニャックまで遠足できただろう…苦笑)

f0176688_19030340.jpg

ガイドブックには載っていないような、岩山が見えて来たり…。

その後も、電車では見られない、小さな町のあちこちでバスは停車しました。
え、こんなところにバス停があるの?と驚くような場所にも停まる…。
村が見えない、どう見ても車道と畑しかない道路の真ん中で降りる人がいたり。
電車の駅のない村にも停まるバス。

f0176688_19031131.jpg

空もいい感じに青くなって来て…。一面の麦畑、一面の菜の花、一面の牧草地を走り…。

f0176688_19032065.jpg

アリエ川を渡って…。

そして、とうとう、目的地が見えてきました。

f0176688_19032802.jpg

遠くに、赤い屋根の町並みと、小さな教会の塔が。

f0176688_19033839.jpg

麦と、菜の花畑の向こうに広がる赤い屋根の街、Brioude。

f0176688_19325206.jpg

13:24、ほぼ時間通り。Brioudeの駅前にバスは横付けし、多くの人が降りました。
ここから電車に乗り換える人も多い様子。

f0176688_1746594.gif 駅を出て、南へまっすぐ10〜15分歩くと、Brioudeの街です。
 帰りの電車の時間を確かめて、では、BrioudeのSt-Julien寺院を目指して
本日2カ所目の旅に出発!



フランス旅行記2017〈パリ郊外とオーヴェルニュ〉全記事表示
f0176688_10193148.jpg

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kaolulu-nv | 2017-05-17 19:38 | 2017フランス旅行記 | Comments(0)

Kaoluluの日誌:France/news/旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る