大聖堂に上ろう〈Clermont-Ferrand〉lun. 10 avril*3日目4

f0176688_15374904.jpg
Notre-Dame-de-l'Assomption 大聖堂、Bayetteの塔からの眺め。
ただでさえ黒いボルヴィックの溶岩石、逆光でさらに真っ黒。





f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 いい天気の日本、暑いくらいです!
 100円ショップへ行って、クリアファイルを買ってきました。
 やっと旅でゲットしたパンフ類の整理です…。
 (ブログに書いてしまえばもう不要な気もするけど)

長い長い旅行記3日目第4回は写真が多いです。。。c'est parti.

> sur la tour de la Bayette バイエットの塔の上で
f0176688_15380300.jpg

戻って参りました、Victoire広場。菩提樹の緑が眩しい。

f0176688_15384041.jpg

北門を入って左に、こんな2重扉があります。
赤い扉が開いているときは、入場可能時間らしい。
扉を見ていると、係員のベストを来たムシューがどこからか現れます。

「マダム、入りますか?」
「はい、お願いします」


と2ユーロを渡す。
それを見ていた地方から来たらしい別の観光客2人もお金を渡しました。

ムシューは鍵のかかった扉を開け、「Bon courage !」 頑張ってと送り出す。

f0176688_15385668.jpg

うわ〜〜〜(汗)250段の螺旋階段。。。手ぶれでうまく撮れないよ!
なんてったって、Puy de Dôme山頂散策の帰り道ですからね。
マウンテンパーカーが暑いのなんのって、汗だくです。

よいしょ、よいしょと上ってやっと展望台に到達。

f0176688_15390709.jpg

ああああ、疲れた〜〜〜!!!ってその感想?

バイエットの塔の高さが何メートルあるのかは知らないけれど、
この尖塔の高さは108メートルだそう。
尖塔の間からPuy de Dômeを見るには、ちょっと手すりを乗り出さなくちゃならない。
こ、恐いんだけど…。

とにかく高くて恐いのか、階段を上って筋肉が酸欠なのか、足がブルブルしてしまって、
写真もおぼつかない構図。情けないっ。

f0176688_15391630.jpg

空は雲が多くなって来て、ちょうど大聖堂が日陰に入ってしまいました。
左腕にキリストを抱えた聖母は、東の屋根のてっぺんで町を見下ろしています。

f0176688_15392966.jpg

あれが、Kaoluluが泊まっているホテル。毎日聖母に見守られています(笑)

f0176688_16094836.jpg
さらに左に視線を移すと、Notre-Dame-du-Port、その先にミシュラン・スタジアムが。

f0176688_15394784.jpg
バイエットの塔の頂上は実はもっと上。これ以上は上れないけど。

f0176688_15400126.jpg

手すりにしがみついて乗り出して撮ろうとしても、尖塔の先が入ってない…恐いよぉ。

f0176688_15402089.jpg

北西側の下界に日が射してきました。おお、オレンジ色の屋根、綺麗!!

f0176688_16060298.jpg

あ、大聖堂も日向に入った!(それでもやっぱり黒いわ…)
家族旅行みたい。いいな大勢で旅行。

人が増えて来たのでそろそろ降りましょうか。

f0176688_16064768.jpg

Merci Notre Dame. 聖母の後ろ姿も日に照らされていました。

f0176688_16140470.jpg

上って来た階段を下りる。。。
途中、息を切らせたムシューとマダムとすれ違いました。
「Bonjour, bon courage」
と言葉を交わしたけれど、ムシューはもう引き返したい!という顔をしていました(笑)

> L'intérieur de la Cathèdrale
さて、階段を降りて来たら、今度は内部を見学しよう。
残念ながら、クリプトと宝物庫は夏に開催されるガイドツアーでしか見られないみたい。
仕方ないですね。

f0176688_16141916.jpg

さっきの階段の入口の右上にあるのが、16世紀の jacquemarts 時打ち人形付き時計。
もとはIssoireにあったそうですが、宗教戦争の際に奪われてここに設置されています。
宝物庫に入れれば、たぶん、裏側も見られるのでしょう。
金箔を貼られた木製の人形は、170センチあるんだって。へ〜、実物大なんですね。
あごひげの老人の両側に、ハンマーを持った軍神マルスと森の神ファヌス。
…う〜む、老人虐待みたいな構図(苦笑)

f0176688_16144092.jpg

聖具納室の上には、13〜15世紀に奉納された絵画。
いくつかあったけど、暗すぎてこれしか撮影できませんでした。もっと近くで見たいな。

f0176688_16160856.jpg
このあたりのステンドグラスは13世紀のもの。ほんとに細かい…。

f0176688_16165455.jpg

後陣には、小さな礼拝堂が5つあります。
主室のロマネスクのVierge en majesté:聖母子像。
MarsatやOrcivalのロマネスク教会にあるものと同時代のものですが、
これは復元で、オリジナルは革命の際に破壊されてしまったそう。
もとは自然な色で彩色されていた像は、1833年に顔と手が黒に塗られたため、
間違って黒いマリアの1つとみなされていたとか。。。間違いなんですね。

f0176688_16172360.jpg
西門のオルガン。

f0176688_16183355.jpg
奥の主祭壇は、Viollet le Ducによって再現されたもの。銅に金メッキされている。

他の主な大聖堂に比べると、とても控えめな祭壇に見えます。

f0176688_16180376.jpg

交差廊の両側の柱に飾ってあるのが、15世紀のヤコブ像とマリア像。

そして、真ん中に立って説明しているのが、現代のバイエットの塔の番人(笑)
塔に上ろうかなぁと扉を見つめているとやってくるのが、このムシューです。

f0176688_16191055.jpg

何本もの細い柱が束ねられたような柱と、交差リブの屋根はゴシック様式でしたね。

f0176688_16194081.jpg

ではでは、ほんとうに、Merci Notre-Dame.

> faire les courses 買い物
f0176688_16532475.jpg

めっっちゃ疲れた〜〜〜(苦笑)
すっごい歩いて、すっごいいろいろ見た1日です。でもまだあります。
月曜だけど行けるところといえば、市場。

f0176688_16545686.jpg

日曜祝日以外は開いている、クレルモンフェランの常設市場、Saint-Pierre市場。

目的はチーズ。いや、今は買いません。最終日に買うための下見です。

f0176688_16550772.jpg

売場のマダムに、日本に持って帰れそうなお土産って何?と聞いてみます。
それなら缶に入っているものがいいかしら、レンズ豆とかパト・ド・フルイとか。

缶ね。。。缶のものは、観光案内所にも置いてあったと思います。
家用に1缶ならいいけれど、個人に配るには大きすぎ。もっと小さいのはないのかなあ。

f0176688_16552059.jpg

チーズは真空パックにできます?…もちろん!とのこと。
よし、日本にもって帰るチーズはここで買おう。サレールもあるし、カンタルもある。
シェーブルもいっぱいある。

f0176688_16552928.jpg

ここでも気になるのはやっぱりサンネクテール。断然フェルミエ(農場製)。

「ありがとう、まだ旅の途中だから、帰る前に寄ります」
「毎朝8時から開いてますよ」
と写真を撮らせてもらって市場を出ました。

さて、次はFnacへ行って、自分用のお土産を買おう。。。

f0176688_16554505.jpg

Jaude広場へ向かう途中に見つけた良さげなパティスリー!かわいい♪

f0176688_16555511.jpg

Pâquesだ、Pâquesだ!
この時期、どこのパティスリーも、ディスプレイはチョコだらけ。

f0176688_16560549.jpg
ああ、大きな胃袋がほしい。

f0176688_16564865.jpg

Jaudeのショッピングモールでお買い物…人ごみは疲れます。
ショッピングモールは日本もフランスも似たようなものですしね(苦笑)

フランスで人気のチェーンのショコラティエ Jeff de Bruges で、
復活祭の卵チョコを会社の同僚向けにいくつか買いました。
フランス中、どこでも見かけるお店です。でも日本未上陸ですから!
それからFnacへ行って、自分用にCDを2枚。
Lilian RenauxとAmir。
前者はいいなと思ったから。後者はフランスで1番人気なので(笑)

よ〜〜っし、これでノルマが2つ片付いた!←日本人の変な習慣…。

> acheter des billet pour le Puy-en-Vlay ルピュイ・アン・ヴレイ行き切符を買う
次のノルマは、というか、これは明日の計画の一部。
疲れたのでClermont Passを使って、バスでSNCF駅へ一気に戻ります。

f0176688_16575054.jpg

Clermont-Ferrandの駅の窓口。JRで言ったらみどりの窓口。

入ると番号札をとる機械があります。
「本日の列車」「その他の日の列車」というボタンがあるので、
Kaoluluは「その他の日の列車」を押します。
自分が何番窓口に呼ばれるかは番号札に書いてあり、自分の番号が呼ばれたら行きます。

事前にわかっていたことですが、
工事のためにLe Puy-en-Velayへの列車が減っていました。

本当は、朝行って夕方帰るという1日滞在をしたかったのだけど、
帰りの電車がなくなってしまったため、お昼のクレルモンフェラン行きバスに乗り、
Brioudeで途中下車、数時間後に今度は電車に乗ってクレルモンフェランへ帰る…
というルートをとることにしました。

説明が面倒なので、駅名と乗る時間、バスなのかTERなのかを図にして書いて、
窓口に渡しました。
「このルートで、明日の切符ください」
しばらくメモを見て、むっとした顔をされました。
「わかった」と言って、あとは何も言わずに希望通りの切符を発行してくれました。

f0176688_16581036.jpg

行きは早朝のTER。帰りはお昼のバスでBroude、夕方そこからクレルモン。Parfect !

まだ17時過ぎ。レストランが開くのは19時なので、ホテルに戻って休みます。

> de la gréle ? ヒョウ?
ホテルの部屋で一休みしていると、屋根を打つ音が聞こえてきました。
雨? 雨にしては音が大きい。

f0176688_16591526.jpg

うわ、雹じゃん。。。しかも雷も鳴っています。
ホテルに戻っていてよかった…。

f0176688_16592578.jpg
雨も降りました。

f0176688_16593831.jpg
ホテルの前の通りの建物はアールデコ調で結構オシャレ。

19時になったら雨も無事止みました。
宿近くのカルフール・シティで水とビスケットを買い、帰りにピザをテイクアウト。

ブログ友達のクレランさんに教わった、お友達の韓国人の方のお店 DJ-Pizza。
オーヴェルニュ・ピザが焼き上がるのを待つ間、玄米茶をごちそうになりました。

隣のテーブルでは、アフリカ系のお姉さんが、鶏肉たっぷりの焼うどんを、
唐辛子をいっぱいトッピングして「おいしい」と言って食べているところでした(笑)

「あんなに辛くして大丈夫なの?」とお店のマダムに聞いたら、
「アフリカ系の人は辛いのが好きなのよ」と。ナルホド。

テイクアウトしたピザは、1人前なのになんとMサイズ丸ごと1枚!
残念だけど食べきれず、半分ホテルのレセプションのお姉さんにあげました。
日本から持って来たキティちゃんの飴と一緒にあげたら、すごく喜んでくれました。

レセプションへ行ったついでに、コーヒーを淹れ、部屋で食後の一杯。

f0176688_1437812.gif なんだかんだと11時、やっと就寝。。。
 長い一日でした。16,765歩歩きました。でも明日は4時起きです。無謀。



フランス旅行記2017〈パリ郊外とオーヴェルニュ〉全記事表示
f0176688_10193148.jpg

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kaolulu-nv | 2017-05-06 17:55 | 2017フランス旅行記 | Comments(0)

人面鳥Kaoluluの日誌*フランス×news×旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る