ピュイ・ド・ドーム山頂散策〈Puy de Dôme〉lun. 10 avril*3日目2

f0176688_14335145.jpg
Puy de Dômeの山頂からPuys山脈一帯を見下ろす。
天気は最高、気温も高いけど、木々はまだまだ早春の色。





f0176688_84732.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 帰国後、久々に仏製マニキュアを塗り、主食はバゲット、たまにクスクス、
 毎日pâte de fruitを一粒ずつ食べ、フランスのワインを飲み、
 サンネクテールを食べ終えたので、ブリ・ド・モーを買って来て…
あー、フランス恋し〜〜〜っ。

> Panoramique des Dômes パノラミック・デ・ドーム
f0176688_14340841.jpg

乗るはずだったPanoramique des Dômesを、バスが遅れたせいで逃し、
のんびりチケットを買い(前述通りClermont Passを提示したのに半額請求された)、
広い駅舎の中をうろうろ。
今思えば、なんで40分もあったのに外に出て散歩をしなかったのだろう…?

カフェテリアもあったけれど、お腹は空いていないし。
はしゃぐ家族連れの真似をして、フランス造幣局のお土産コインでも買おうかなと、
自販機を見てみると、コインじゃなくて、お札バージョンがあったので買ってみました。

f0176688_14342493.jpg

こっちの方が、コインより軽くてお土産にいいんじゃない?
…2ユーロで0ユーロの公式紙幣を買う(笑)

お土産屋さんはこの時間ではまだ開店していませんでした。

f0176688_14343454.jpg
駅の窓越しのPuy de Dôme。

f0176688_14344888.jpg

今週末はフランス人にとってクリスマスより大事なPâques 復活祭。
あちこちの公園で「卵狩り」が開催されるのだけど、Puy de Dômeの頂上でもあるらしい。
翌週末にもチョコレート教室が開催されるみたいですね。
復活祭は、1年で最もチョコレートが消費されるのだそうです。

f0176688_14345748.jpg
ずいぶんと手ぶれしてます…。

そろそろ時間なので、ホームに行くと、外気は結構冷たい。日陰だからかな。
子供も多いけれど、犬も結構います。それも大型犬。
犬どうしが喧嘩しないのがすごいと思う。フランスの犬ってよくしつけられてます。

f0176688_14351536.jpg

きたよ〜!これが、登山列車 Panoramique des Dômes
2012年に8600万ユーロも投資して完成した自家発電の登山列車です。
Puy de Dômeは「Grand site de France フランスの絶景」に2008年に認定され、
2014年の更新の際も再認定されました。(このラベルは6年置きに見直される)
Panoramique des Dômes完成前は、車やバスで山頂まで行けたそうですが、
今は「フランスの絶景」ラベルをキープするために、この列車か徒歩でしかアクセスできません。

それに、昨年は、このPuy de Dômeを含むPuys山脈をユネスコ世界遺産にしようと
2度目の立候補をしたのですが、あえなく落選…。
今年夏にも3度目の立候補をするそうですが、果たして。。。

Kaoluluの行った感想だと、やはり、世界遺産にするには人に近すぎる自然だと感じました。
観光するならば、とても便利で、十分自然を感じることができて最高の環境です。

…なかなか難しいですね。なにしろローマ時代以前から人が関わってきている地ですから。
「普段使いの大自然」って感じがぴったりきます。

f0176688_14352669.jpg
のりこんで、いざ、出発!

思っていたよりずっと車高が低く、車窓風景はまるで乗用車に乗っている感覚です。
ほぼ頂上まで、歩道と並走。
メチャクチャゆっくり、頂上までソフトクリームの渦のように走って15分の旅。

f0176688_14353708.jpg

車窓からの景色は、木がほとんど生えてないので見晴らしがいいです。
標高1465m。こう見えて結構高い。耳がぼつっとします。

f0176688_14355967.jpg

噴火しそうでしなかったというdôme型の山がいっぱい。
Puys山脈には80もの火山が眠っています。もうずっと眠りっぱなしです(笑)

> le sommet du Puy de Dôme ピュイ・ド・ドーム山頂
f0176688_15355518.jpg

さあ、列車は頂上駅に到着!展望台からの眺め!Super !!!
で、でも…、

f0176688_15372905.jpg
でも足下が恐い…。

あみあみ…高い所大好きなのに、最近、崖っぷちや下の見える場所が恐くなったKaolulu。
足腰が弱くなって来た証拠?

頂上のインフォメーションセンターに入って「山頂の地図ください」とお願いしました。
これしかないんだけど、いいかしら、と渡されたのは小さなカラーの山頂写真。

f0176688_15482415.jpg

今いるのは左下のGare de sommet。黄色い線は、冬はここだけっていう印で、無視していい。
電波塔の周りをぐるっと回って30分〜1時間、左半分の大きな円をぐるっと回るとさらに1時間。

道は途中で繋がっていたりして、全部歩いてみようと思ったら結構な距離がありそう。
しかも、実際には平坦ではなく起伏がある…。

f0176688_15380692.jpg

まずは電波塔を目指して階段を上ろう!

f0176688_15383617.jpg

絶景なのに、人がいっぱいいるこの場面しか撮影してなかった!
この日はこんな中途半端なショットばっかりです。。。へたっぴー。
遠くに見える雪山は、方向からしておそらくSancyの山々かな。
さすがにCantalまでは見えないのでは…。

f0176688_15400357.jpg

左手に見えて参りましたのが、メルキュール神殿でございます。
詳しい解説は、以前紹介した記事をご覧下さいませ。。。
f0176688_15401751.jpg

メルキュールは旅人の神。ぜひぜひお参りしないとって思っていたところ。

2世紀、ガロ・ロマン時代の神殿が、Puy de Dômeの頂上にあったなんて。古代の人はすごい。
昔の人々も、この山頂へ神殿参りに来ていたのだそう。
19世紀に気象観測所建設の際に発見され、2013年から修復開始。
修復というかもはや一部復元って感じですけどね。

f0176688_15402525.jpg

重要な出土品はクレルモンのバルゴワン博物館に展示されてますが、
ローマの神殿らしい彫刻の施された石は、いまもゴロゴロその辺に散らばっています。

f0176688_15404632.jpg
遺跡のすぐ前にあるEspace Temple de Mercure。

二カ国語で黒板に何か書いてある。。。

 ようこそメルキュール神殿へ
 本日の天候
 ・気温:14〜16℃
 ・風:北西 40〜60km/h
 晴天
 雷雨の危険性 午後


山頂でも16℃、午後雷雨かぁ。l’AMって午前じゃなくてl'après-midiですよね。紛らわしい。

中に入って、周辺のローマ時代の歴史の展示を見ます。無料です。
はやり、一番印象に残ったのはこれかな。

f0176688_15405621.jpg

出土したメルキュール像のレプリカ。本物はあとで見に行こう。
また外に出て、散策再開。

f0176688_21510343.jpg

写真の真ん中辺り、白っぽく反射している四角い建物が、Panoramique des Dômeの駅。
その横に伸びている道が、バスで通って来た道ですね。
雲1つない、いい天気!!

f0176688_16224398.jpg

電波塔の北側はすっごい急勾配。写真ではわかりにくいけど…。

f0176688_16225500.jpg

山頂遊歩道は、とても長く、うねうねと蛇行してどこまでも続く。

f0176688_16231227.jpg

振り向けば、電波塔。見よ、左側の急勾配を。。。!!!
うっかり足を踏み外したら真っ逆さまに1000mくらい転げ落ちそう!あ〜れ〜…

f0176688_16230359.jpg

あっちも眺めよさそうだな〜〜!(画面中央少し上に人だかり)って思うけど、
あそこまで行くのにどれだけ歩けばいいのだろう?

f0176688_16232044.jpg

次第に遠足でやって来た小学生たちが、わいわいがやがやと増えてきて。。。
静かな山頂に、子どもたちの歓声がこだまする。
お〜い、転げ落ちないようにね〜…って言いたくなるほど元気いっぱい。

f0176688_16233120.jpg

気温が高くなってきたからかな、パラグライダーが飛行を始めました。

うひゃ〜〜、地面に立っていても急勾配を覗いただけでお腹がぞわぞわするのに、
足をぶらぶらさせてあんな風に飛ぶなんて〜〜!

…でも、気持ちよさそうだなぁ。鳥になった気分になれるのかなぁ。

f0176688_16234174.jpg
近いような遠いような…電波塔は静かに周りを見下ろしている…

…なんて、寂しい気分にひたっていると、また遠くから子どもたちの声が…

f0176688_16234728.jpg


f0176688_1746594.gif わいわいがやがや。全く楽しそうでよろし!
 そういや、フランス語の先生にPuy de Dômeに行くんだと話したら、

「僕も小学生の時に学校で行ったよ。先生が『山が目を覚ますから、静かにしろ!』って怒るんだ。あそこの火山は眠ってるからね」

と言っていたのを思い出しました。
フランスでは休火山のことを「volcan dormant 眠っている火山」という。
小学校の先生の楽しい叱り方(笑)
きっと、↑彼らも先生にそう言われたでしょうね。すんっっごい賑やかだったから。


f0176688_16235486.jpg

この構図に、このシルエット、どこかで見覚えがあるなと感じる。。。。
ほら、ほら、あそこ、あれですよ!

Comme le Mont-Saint-Michel... !

電波塔なのに、違和感なく山に溶け込んでいると感じるのは、
もしかして、このシルエットのせいかもしれません。

さて、山頂散策道はほぼ歩いたので、そろそろどこかで一休みしようかな。



フランス旅行記2017〈パリ郊外とオーヴェルニュ〉全記事表示
f0176688_10193148.jpg

[PR]
Commented by まっちー at 2017-05-13 10:35 x
登山電車 なんだかとってもオシャレだな~。
こんにちは!kaoluluさん。毎回、じっくりゆっくりと、かな~り楽しませて頂いています。お天気に恵まれる事がどれだけ最高かってとても思う素晴らしい景色ですね。
Commented by kaolulu-nv at 2017-05-13 13:09
> まっちーさん
こんにちは!登山電車、かっこいいですよね。
もう1ヶ月以上経ってしまうので、そろそろ記憶が…と焦っています(笑)
でも、1つ1つ思い出しながら書いていると、そう簡単には終わらせられなくて、本当に長い旅行記になってしまいそう。書いているだけでもう一度同じ旅をしているみたいに結構疲れるんです(^^;なんて欲張りな旅行だったんだろう!!
雲1つない快晴のPuy de Dômeに登ることができて、ラッキーでした!
Commented by yomoto at 2017-05-21 18:24 x
kaoluluさん
晴天に恵まれたPuy de Dômeで良かったです☆
吸い込まれそうな青い空には何度も励まされました。
あまりセキュリティされていないので子供たちが走り回っているとヒヤヒヤしますよね。私も子供の手をきつく握って歩いてました。
kaoluluさんのブログで行った事ない所も行ったような気分になれて楽しいです♪
次回はぜひPuy de Dômeは一緒に歩いて登りましょう!
Commented by kaolulu-nv at 2017-05-21 23:52
> yomotoさん
本当に、この日は素晴らしい天気でしたね!(夕方にざっと降りましたが…)
この晴天と、遠くに見えた雪を冠した山脈は忘れません。
そう、あの無防備な散策道にはひやひやしました。強い風が吹いてよろけたら、そのまましたまで転がり落ちそう!子どもたちの元気な声が場違いなほどの崖っぷちですね。
歩いて登るのも眺めがよくて気持ちよさそう!いつかまた行ける日のために足腰を鍛えなくては。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by kaolulu-nv | 2017-05-04 16:52 | 2017フランス旅行記 | Comments(4)

Kaoluluの日誌:France/news/旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る