荷物預りサービス、いろいろ@パリ

f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
旅行計画は飛行機と列車と宿が決まって、
そのあと結構のんびりしています…。
まあ、そもそも現地観光は行き当たりばったりなので(笑)

今回の4月の1週間の旅は、前後に1泊ずつパリ郊外に泊まる予定。
一度泊まったことのあるシャンブルドットなので、
クレルモンフェランへ行っている数日間、スーツケースを預かってあげようと
ホストが提案してくれ、その言葉に甘えることにしました。

国際線に乗るようなスーツケースを列車内に持ち込むのは何かと不安
このブログ読者さんたちに聞いてみたところ、
特急は(Intercitésも含む)一応荷物置場が各車両の乗車口付近あるそうですが、
中身は衣類だけだとは言っても、3時間以上そこを離れて座席にいるのは不安。
ガイドブックなどでは、チェーンなどで棚に固定すべきという助言もあります。
ただ、荷物置場がいっぱいで溢れているとチェーンが届かないし、
繋いでいるために他の人の荷物が出せなくなったり、
「大事なものが入っている」と知らせているようなものなので、それも危険です。

やはり、電車に乗るときはボストンバッグや小さなキャリーバッグの方が便利。
列車内では座席の下か目の届く網棚に置いておけばいいのですから。

空のスーツケースのためだけに、ホテルの部屋を数日予約するのはもったいない。
(1泊程度ならば、ほとんどの荷物を置いて行くのでいいけどね)
かといって、駅のコインロッカーは無人だったり、クレジットカード不可だし、
もし空きがなかったらと思うと旅の計画が立てにくいのが難点。

そう思っていたら、TéléMatinでこんなサービスを紹介していました。



新たな荷物預りシステム Holibag。↓(英語表示可)
前に紹介したVTC(運転手付き車)と同じようなシステムですね。
スマホアプリやパソコンで予約・支払いをして、現地で荷物を預けるというもの。
預け先は、ホテルやレストラン、パン屋さんや雑貨店などのお店。

4時間4ユーロから予約できるそう。
前に紹介したホテルのデイユースでもいいけれど、荷物を預けるだけなら断然安いし、
パリ(地方都市の契約店も増やす予定)のあちこちに契約店があるから、
自分が行動したい場所の近くで探すことが可能ですね。
6時間6ユーロ、12時間8ユーロ、24時間12ユーロ、
2日24ユーロ〜5日60ユーロ
まで利用可。
前後パリに宿泊して、その宿の近くにスーツケースをここに預けて地方旅行へ出かければ、
とても楽だし安いです。

その他、Airbnbのチェックアウト時に、鍵の返却代行サービスもあるとか。
部屋に鍵を置いて来るだけというところもあるかもしれませんが、
直接ホストに返さねばならない場合は便利。

調べてみると、既に他にも駅以外の荷物預りサービスは存在する様子!

Citylocker:こちらはロッカールーム的なサービス。8時〜22時。1日10〜15ユーロ。
NannyBag:仕組みはHolibagと同じ。ヨーロッパ各都市に展開。
  値段は24時間までHolibagと同じだが、2日目以降は1日6ユーロで安く、6日以上も可能。

Kaoluluが以前からフランスにはないのか?と思っていた空港宅配荷物預りサービスも存在した!

Eelway

ホテルや契約店が荷物を預かるのではなく、専用車が集荷・預り・運送するサービス。
空港からホテルはもちろんのこと、どこにでも運んでくれるようす。
Kaoluluが一番期待したのは、宿→空港
ありましたよ!集荷は個人宅でもAirbnbでも駅でも可で、
CDG空港まで運んで預かってくれるサービスが!

Eelway: Consigne bagages à l'aéroport de Roissy-CDG(英語あり)

画面中央の選択プルダウンで「Je décolle de Roissy-CDG」を選ぶと説明が表示されます。
料金は20ユーロから。荷物の大きさや重さに制限はありません。
きっと料金は運送距離に関係してくるんだろうと思います。

最終日にホテルに荷物を取りに戻って来るのが面倒ならば、
先に荷物に空港まで行っててもらって、空港で再会する方がどんなに楽だろうか!

f0176688_17445952.gif 今回Kaoluluは、最終日はパリ郊外で
 のんびりスケッチ散歩と思っているので使わないけれど、
パリにも、日本と同じような空港宅配サービスがあると知って、ちょっと嬉しいです。
f0176688_13504818.jpg


[PR]
# by kaolulu-nv | 2017-01-22 12:36 | 気になるフランス | Comments(2)

オーヴェルニュ地方初の猫カフェ:Chat'Lounge

f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
ヨーロッパも日本も先週から大寒波に見舞われています。
かろうじて今週末の関東平野は晴れ。
Netvillageの長老が寝る時に寒いというので、
今朝は長老の1月の誕生祝いとKaoluluの就職1周年のお礼に、
ニトリで羽毛布団を買ってきてプレゼントしました。

何年か前に無印でダウン70%+フェザー30%の羽毛布団を買ったKaolulu。
その軽さと温かさに満足して、長老にも買ってあげようと勧めたのだけど、
「いらない」と言って、古くて重い掛け布団をずっと使っていました。
長老は、いいものや自分が不要と思うものはを押し入れにしまってしまう悪い癖がある…。
本人が「欲しい」と言わないものは、買ってあげても無駄なのです(苦笑)

今回は羽布団を使うことに合意を得て、ニトリへ行って来ました。
(無印は値上がりしていて手が出なかったので…)
同じダウン70%+フェザー30%でも、ニトリの方が嵩が薄い気がする…(汗)

今日はフランスの地方ニュースから、猫カフェの話題を紹介します。



France3: Un bar à chats ouvre à Clermont-Ferrand
 「クレルモンフェランに猫カフェ、オープン」


パリにフランス発の猫カフェが登場して何年でしょうか。
2013年でしたね。→当時の記事
その後、フランスのあちこちの地方都市でつぎつぎに猫カフェオープン
4年目にしてようやく、オーヴェルニュ地方、クレルモンフェランまで到達(苦笑)

お店の名前は「Chat'Lounge」
4 Place Sugny、旧市街の中にある様子。
 お店のFacebook: Chat'Lounge
フランスの猫カフェの名前って、ダジャレが多いなと思ってたんだけど、
今回もその例に漏れません。
chat はフランス語で「猫」だけど、英語では「チャット」と読めます。
チャット・ラウンジ、猫のいるチャットルーム。座布団一枚。

5匹の猫をなでなでしながら、スイーツや温かい飲み物を楽しめます。
そのうち3匹は動物愛護教会出身、1匹は飼猫でしたがその家に馴染めなかった子。
猫たちはお店の環境に慣れるように、オープン数日前からいたそうです。

動画を見ると、どの猫も人のお皿からモノを食べちゃいそうなくらい人懐っこいですね。

f0176688_1746594.gif 旅行中に行ける時間があるかわからないけれど、
 前を通りかかったら、ネコさんたちに挨拶くらいして来ようと思います。
f0176688_13504818.jpg


[PR]
# by kaolulu-nv | 2017-01-21 15:23 | 気になるフランス | Comments(0)

トリュファード・オーヴェルニュ地方料理

f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
1週間のご無沙汰です。。。
部屋が寒過ぎて、なかなか更新するところまでいけずにいます。
(一応、ニュースチェックだけはしています)

1年前の今日、今の職場で働き始めました。
17年ぶりのオフィス仕事にとても緊張していたし、
初日がいきなり雪が降っていて、徒歩で出勤したのでよく覚えています。
無事1周年。。。成長したのかなぁ(苦笑)

今月初めから月末まで放送される、
テレビ朝日の8時54分からの短い番組「世界の街道をゆく」
舞台がフランスなので楽しみにしています。(既に結構見逃してる…)
ブルゴーニュからドルドーニュへ向け、最後はきっとボルドーへ抜けるのかな。
ブルゴーニュとドルドーニュが並外れた絶景なので、オーヴェルニュは素通りだろうなと
思っていたら、今日、ピュイ・ド・ドームが紹介されてとても嬉しかった!
明日1月19日はクレルモン・フェランだそうだ。。。ワンセグ録画しよっと。
夏に撮影したのだろうけど、今度の4月もぜひ晴れて欲しい。
…今現在は、フランスは記録的寒さだと聞いているので、若干心配ではありますが。

さて、今日はもう寝る時間なので、美味しそうな動画を紹介して終わりにします(笑)



truffade トリュファードはオーヴェルニュ地方の家庭料理。
同じく、オーヴェルニュの郷土料理アリゴは日本でも知られていて、
トムというチーズとジャガイモのピュレを混ぜた「つきたての餅」のようにのびーる料理。
トリュファードは、ゆでジャガイモのスライスと、ベーコンを炒め、
そこにこれでもかとトムチーズを載せて焼き、最後にかき混ぜてサーブする料理。

この動画では、地元のとても一般的なチーズ、サン・ネクテールで作っています。
クレルモン・フェランから少し離れた山の上にある人口300人の村のシャンブルドット。
こんな料理を食べさせてもらえるなんて、いいなぁ。

この動画はちょうど1年前のものです。オーヴェルニュの冬はとても寒いんですね…!
マイナス13℃とか15度とか言ってます。。。観測史上最低気温記録はマイナス36度!?
Kaoluluの聞き間違いかな。。。

f0176688_1746594.gif トリュファードはフライパン1つで作れ、日本でもチーズさえあれば簡単につくれそう!
 サンネクテールを何としても買って帰ろうと心に決めたKaoluluでした。
f0176688_13504818.jpg


[PR]
# by kaolulu-nv | 2017-01-18 23:35 | 気になるフランス | Comments(4)

●人面鳥Kaoluluの日誌●フランス×ニュース×旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る