ひさびさの水彩画・Place du Terrail

f0176688_10415572.jpg
4月のフランス旅行で撮影した写真を元に、水彩画に挑戦…(汗)
水彩紙が大きくてスキャンできないため、へなちょこな絵をさらにへなちょこな写真で、
という残念な画像になってしまったけれど、夏休みの宿題を1つ終えたような達成感。



f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
昨日は夕方になって雷雨になったけれど、日中は持ちこたえていた空。
今日もとりあえず、曇天のままキープしていますね。

昨日は家にこもって、お盆休みの続きをしていました。
お盆休みの最後の3日間で描いた水彩の仕上げ。
仕上げと言っても、「もうめんどくさいから止めた!」と思えるまでの作業のこと(苦笑)

ちょっと色を使いすぎたというのと、パースがめちゃくちゃ個性的なのが反省点。

f0176688_10420394.jpg
消失点はどこにあるんだろう?と自分でも呆れるパース。
部分的にアップにすると、きちんと描けているところと、適当なところがよくわかります…。

でも、どんな完成状態であれ、
自分が「これで終わり」と思えるところまで描けた達成感は気持ちがいいです。

ちなみに、元の写真はこれ↓

f0176688_10421905.jpg
全然違うじゃん!

…とりあえず「心の目で見ました」ということにしておこう。。。

ちなみにこの写真は、クレルモンフェランに到着した日の夕方のPlace du Terrail。
そのときの日記は↓


現地でこの広場をスケッチをしたのは、翌日パリに戻るというクレルモン5日目の夕方。
地面にしゃがんで描いたので、視点の高さがだいぶ違います↓


いずれにしても、久々の水彩でいきなり建築物、しかもかなり不思議な形の建物への挑戦は、
少々無謀だったかもしれません。
あと、大きな水彩紙は細部を描きたくなるので危険。

f0176688_1746594.gif 次回は、もう少し緑が多くて、直線が少なくて、
 面積の小さい絵を描こうと思います(笑)
好きなものを好きなように描く絵って楽しい。

f0176688_10193148.jpg

[PR]
# by kaolulu-nv | 2017-08-20 11:08 | 気になるフランス | Comments(3)

シャンブル・ドットへの憧れ

f0176688_11355825.jpg
4月のフランス旅行ももはや遠い記憶…(↑パリ郊外のシャンブル・ドット)

旅行準備の楽しみの1つは宿選び。
観光メインで、宿には寝に帰るだけであっても、やはり安心感と満足感は得たい。
確かな安心と満足を得られる星付きホテルはそれ相応の身分の方々に任せ、
Kaoluluは清潔でsympaなホテルやシャンブル・ドットを探す…。



f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
予報が外れたのか、なんとか持ちこたえている曇りの関東。
ネットサーフィンをしていたら、もうお昼です(苦笑)

ニュースはバルセロナのテロの話でいっぱい…。
それでも、いつもと変わらぬ話題を貫こうと思います。

今日は数日前に発見したニュースを紹介します。

France2: Tourisme : le mirage des chambres d'hôtes
「観光:シャンブル・ドットの儚い夢」


f0176688_11354238.jpg

フランスには、6万1000軒のシャンブル・ドットがあります。
この数は、毎年ほぼ変わらず安定しています。
ですが、毎年1500軒の新しいシャンブル・ドットが作られ、同じ数くらい消えているそうです。

ニュース冒頭に登場する、5年前にアルデシュでシャンブル・ドットをオープンしたカップルは、
家を改築するのに彼らの貯金の全て、53万ユーロを投資しました。
初めのうちは予約が入りましたが、今年に入って収益の見通しが暗くなってきました。
「今年上半期は予約が45%に落ち込み、7月・8月に持ち直したものの、
 今はだいたい30%くらいです」

と話します。

宿泊客の減少は、ホストらにとって大きな打撃です。
今の予約数では、水、電気、税金などの経費を補うのに十分ではありません。
この宿の場合、4つの客室1日あたり100ユーロかかるそうです。

平均すると、シャンブル・ドット経営は10年しか続かないらしい。。。

そして、彼らの宿の周囲20km以内に、
安くて、ネットで数分で予約できる貸部屋が数10軒もあります。
ニュースに名前は出て来ないけれど、Airbnbなどの民泊サイトというライバルです。
シャンブル・ドットとして申告をしていないこれら民泊の家主は、
居住税と設備審査を免れています。
パリ市などでは、彼らの取締強化をしていますけどね…。
(Kaoluluは安くて便利と言われても、やっぱりまだ抵抗があります)

でも、フランスでは、いつか田舎でシャンブル・ドットを経営したいと考える人が多いそう。

ニュース後半では、コート・ダジュールのシャンブル・ドットが紹介されています。
こちらは夏は満室の超人気の宿。
宿泊客の90%がは外国人ということで、英語も流暢です。
温水プールを増設したり、ネットで告知したり、市場リサーチとリノベーションを怠らない。

シャンブル・ドットの売り上げは、平均して年1万ユーロ程度なのだとか…。
憧れの田舎でのシャンブル・ドット経営は、結構大変な職業なのでしょうね。

f0176688_11355178.jpg
パリ郊外のMaison Romantiqueのホストらも、週末は忙しそうでした。
たとえ現時点で予約がなくても、常にチェックイン終了1時間前までに部屋を準備して、
週末は食事も用意すると話していました。
普段の生活のための掃除、洗濯、庭の手入れに加え、
問い合わせや宿泊客のフォローと忙しい。

f0176688_11360842.jpg
f0176688_17445952.gif 彼らの場合は、平日は普通に外で働いています。
 なので、平日の宿泊客は家の鍵をポンと預けられてびっくりします!
本当に、ホストと宿泊客との信頼関係で成り立つビジネスです。

Maison Romantiqueに次に行けるのはいつだろうなぁ。。。
頑張る彼らを応援したいです。

Maison Romantiqheについての記事


f0176688_10193148.jpg

[PR]
# by kaolulu-nv | 2017-08-19 12:33 | 気になるフランス | Comments(0)

エマニュエル・トッド

f0176688_12225661.jpg
気がつけば、お盆休みも今日を含めてあと2日。。。
ほぼずっと曇り空、というか雨がぱらぱら降っている変なお盆休みです。
どうやら風邪をひいてしまったらしい。頭痛がして喉が痛い。

特に出かけるつもりもなかったので、部屋の掃除か読書かお絵描きをしています。
正直なところ、掃除は億劫なので、読書かお絵描きしてます(苦笑)



f0176688_17413896.jpg こんにちは、Kaoluluです。
 風邪なのか頸椎ヘルニア再発なのかよくわからないけれど、
 昨日からず〜〜っと頭痛がしています。
 
4月の旅行写真を元に風景画を描こうとしているのだけど、
あまりの腕の落ちっぷりに、泣きたくなるほど苦労して、昨日6時間かけたのにまだ下絵も完成しない。
以前は色鉛筆で一筆書きが出来たのだけど(つまり消しゴム不要)、そんなのは10年前の話だ!
腕の鈍さに加え、目の悪さも感じます。
イラストの仕事は辞めて正解だったんだろうなぁ。。。。

この休み中に読み終えたのは、洋書ではなくて、日本の新書でした。

「エマニュエル・トッドで読み解く世界史の深層」
 鹿島茂
 (ベスト新書)

鹿島先生の名前は、仏語を勉強している人ならばご存知でしょう。
Kaoluluも少しは読んでいます。最近のものより、古い本が多いかな。。。
「馬車が買いたい!」とか「パリの日本人」とか、
面白いところでは小説「パリでひとりぼっち」、「妖人白山伯」なども。
フランスの近代文化史については日本で一番わかりやすい書を記していると思います。

鹿島先生がなぜエマニュエル・トッドへ行き着いたのかは、
最近の先生の研究や著書を見ていないのでわからないし、
そもそも、Kaoluluはエマニュエル・トッドの著書も読んでいない。
ただ、昨年末頃に日本でも話題になっていた人だということしか知らない。

鹿島先生は、日本のトッド批評は実際に彼の難解な論文を1つも読まずに書かれた
いい加減なものが多く、そのことに業を煮やして、自らの明大での講義を、
この新書にまとめたそうです。

ということは、Kaoluluはトッドの論文を読んでいないので、
その論文を解説した鹿島先生のこの著書についても何か書くことはできない…(苦笑)

ただ、「世界の無意識」が世の中を動かす状態、
つまり、一見自分の意志で動いているように見える人々や世界が、
実は個々が育った家族環境という、自分では選びようもない要因によって動かされているらしい、
そんな考え方があるんだと知って、Kaoluluにはとても新鮮でした。

Kaoluluの家の場合は、ちょっと複雑ですが。
トッドと先生の理論に当てはめると、確実に滅びる(笑)

本では触れられていないけれど、フランスの子連れ再婚、再々婚…いや、PACSや同性婚も、
トッド理論でなんとなく理解できる気がします。

トッドの著作は難しくて読めないけど、
どんな理論なのか大まかに知りたいという人は読んでみて下さい。
なるほどなぁと思います。

f0176688_17465224.gif ああ、また雨が強くなって来ちゃったな。
 ドライヤーが壊れちゃったんだけど…明日は買いに行けるかな。


f0176688_10193148.jpg


[PR]
# by kaolulu-nv | 2017-08-15 13:09 | 読書 | Comments(0)

クレルモンで買ったハーブティー

f0176688_10303930.jpg
クレルモンの産直マルシェで買ったハーブティ。
賞味期限は7月だとは知っていたのだけど、もったいなくて開けられませんでした。
けれど眠らせてオブジェ化させるのももったいないですよね(汗)
涼しいお盆休み、とうとう開けて飲んでみましたよ。



f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
今日は迎え盆。
Kaoluluもお墓参りに行くつもりですが、
朝、のんびりしていたら、長老はさっさと1人で行ってしまった…。
んじゃま、午後にのんびり行こうかな(笑)

昨日は4月の旅行の写真で飾れそうなものや、絵に描きたいものを選んでプリントしていました。
それだけで1日終わってしまった…のんびりし過ぎ!

今朝は、思い切ってクレルモンのサンジョゼフ市場で買ったハーブティーを開封しよう。



賞味期限切れるし、飲むなら早くしなくちゃとは思っていたものの、
思い出の品の封を切るのは結構勇気がいります。
日持ちするものだとなおさら。。。

f0176688_10304773.jpg
でもハーブティは放っておくとただの枯葉になってしまう!
…というわけで、開けました。

オレガノ、ブドウの葉、カラマン、菩提樹の4種類がブレンドされています。
カラマン(calament)というのは、ミントの一種らしい。

f0176688_10305614.jpg
1杯分なら、簡易茶こしが便利。蓋をして2分ほど蒸らす…。
赤いのはブドウの葉。まるでバラの花びらのように見えます。

f0176688_10310426.jpg
完成!ほんのりバラのような酸味のある香り、味はティユル(菩提樹)。
市場で試飲させてもらったものより爽やかに感じるのは、
サーモスポットで保温されていたのでははなくて淹れたてだからでしょう。

ひとつまみで1杯分十分抽出できたので、まだ10杯くらい飲めそうなくらい残っています。

市場のおじさんは、毎日飲めば元気いっぱい!と言っていました。
これは寝る前のリラックスタイムによさそうです。

f0176688_17445952.gif モンジュゼ公園からのクレルモンフェランの眺めの写真、
 とても気に入っています。清々しいなぁ。。。




f0176688_10193148.jpg

[PR]
# by kaolulu-nv | 2017-08-13 10:55 | 気になるフランス | Comments(0)

フランスの宅配店頭受け取りサービス

f0176688_13195627.jpg
日本ではネット通販増加で宅配業者のドライバー不足が深刻な問題になっています。
フランスではそのようなニュースはまだ聞かれません。
日本の宅配業者はいままでサービスよ過ぎだったのでしょうねぇ。。。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
日本の会社はだいたい今日からお盆休みです。
フランスも今日からWeek-end de l'Assomption「聖母昇天祭の週末」
8月15日までお休みです。
聖母マリアが天に召されたのは8月15日だそう。

Kaoluluのお盆休みは、どこにも出かけず、
イラストレーター時代の書類の処分や久々の水彩でも…と考えています。
初日の今日は寒いくらいの気温なので、惰眠をむさぼりました(笑)


今日、紹介するニュースはフランスの宅配事情です。

Kaoluluの今の職場では、よく運送業者に仕事を頼みます。
今年に入って、ドライバー不足のために各社運賃値上げ。
実際、運送依頼をしても時間通りに届けられなかったり、依頼自体が断られたり、
各社ドライバーの苦労が日々感じられます。

日本は便利さを追求しすぎなのでしょうか。。。
総務省の白書は昨年のインターネットショッピング利用状況をまとめています。
なんと、70%以上の人がネットショッピングを利用すると回答。

およよ。。。
Kaoluluは1年に数回欧明社さんに仏語の本を取り寄せてもらう程度ですが、
これも「利用する」のうちに入ってしまうのでしょうか。
むしろアマゾンなどのネット通販を使いたくないから、
実店舗に取り寄せを依頼している感覚なのですが…(汗)

フランスの宅配業者は、日本から送った小包が届かない、
在宅中なのに不在通知を入れられるなど、一時はとても評判が悪かったものです。
しかし、最近は少々事情が変わって来ている模様。


France2: Consommation: le succès de la livraison en point relais
「消費:宅配店頭受け取りサービスのヒット」


point relais
を直訳すると「リレーポイント」「中継ポイント」です。
日本にある同等のサービスの通称は「店頭受け取り」かと思うので、意訳しました。

フランスの場合、50%の人がインターネットショッピングが普通になっているそう。
宅配市場は好調で、それに伴って「店頭受け取りサービス」も絶好調なのが、
日本と少し違うところかもしれません。

日本で店頭受け取りと言えば、コンビニ。
フランスの場合は、エピスリー(食料品店)、花屋、タバコ屋などの商店です。

商店が受け入れている荷物は、1日数10個。
バーゲンやクリスマスの時期にはそれが3倍になるそう。

顧客にとっては、便利で、自宅への配達よりも20%も安く、
商店にとっては、1ヶ月20時間程度、店舗を荷物受け取りの場にするだけで、
荷物1つあたり25サンチーム(0.25ユーロ)、1ヶ月300ユーロの利益になるらしい。
効率的で収益性もあるこのシステムの成功は、必然だったと言えます。

フランスでは店頭受け取りサービスを提供している商店は23000店あるそう。
配達業者は主に、ニュースに出て来るMondial relayRelais Colisなど。
店頭受け取りだけではなくて、店頭発送も可。

もともと受け取りを自宅に指定すると、再配達してもらうのが面倒なフランス。
日本よりも後発な店頭受け取りサービスでしたが、より早く普及しそうですね。

f0176688_10193148.jpg

[PR]
# by kaolulu-nv | 2017-08-11 14:16 | 気になるフランス | Comments(0)

クレルモンフェランのメダル

f0176688_15124095.jpg
4月の旅行のこぼれ話。クレルモンフェランの旧市街の地面には、
あちこちこんなメダルがはめ込んであります。
これは、カエサルと戦ったのローマ時代の英雄、ヴェルサンジェトリクス。
「ガリア戦記」は読んだことがなくても、そのタイトルは世界史の授業で習ったはず。


f0176688_15592813.jpgこんにちは、Kaoluluです。
フランスは今、パンダ誕生パリ・サンジェルマンにネイマール移籍という
驚きのニュースで持ち切り。どちらも明るいニュースですね。
Veauval動物公園のパンダの話題は、
2012年にこのブログでも取り上げました。
1973年以来10年ぶりのパンダ渡仏で、
その5年後に待望の赤ちゃん誕生というのは表彰モノです。
もちろん、フランス国内でのパンダ誕生は初めて。
ふたごの赤ちゃんの1頭目は死産だったそうですが、2頭目はすこぶる元気。
お母さんパンダが大事にだっこしている姿は微笑ましい。
上野のパンダと同い年ですね(笑)

さて、今日は4月の旅行のこぼれ話。

「地球の歩き方」にも載っているクレルモンフェランのメダル。
これを探して地面を見ながら歩くなんてもってのほか!見るべきものは他にいっぱいあるのに!
…と思っているKaoluluですが、
探そうとしなくても、観光メインの通りを歩いていれば自然と目に入るものでした。

冒頭のメダルはヴェルサンジェトリクス(伊:ウェルキンゲトリクス)。
Kaoluluは、Jaude広場で見かけたのだったと思います。

f0176688_15123117.jpg
これはウルバン2世(伊:ウルバヌス2世)。
第1回十字軍派遣をクレルモンで決定したローマ教皇。
ヴィクトワール広場の彼の像の近くにもあったはずですが、
これは違う場所で見かけた気がします。

f0176688_15124928.jpg
ブレーズ・パスカルのメダル。これはクレルモン大学の近くだったかと。
横断歩道に重なっていて、すごいところに埋めたなと思った記憶が…。

L'homme n'est qu'un roseau, le plus faible de la nature, mais c'est un roseau pensant.
人間は1本の葦でしかなく、自然の中で最も弱いが、しかしそれは考える葦である。


なるほど…。

「考えなければ、弱い葦と全く同じ。おまえたちは人間だろ?考えろよ。強くなれよ」

と言いたいのだろうか。。。よーく心に留めておこう。
パスカルはクレルモン・フェラン生まれ。

「地球の歩き方」にはこの3つしか載っていないけれど、実はメダルはもう1つあります。

f0176688_15125744.jpg
Comtesse G. 伯爵夫人G。
これはクレルモンからトラムで北東へ4km行ったモンフェランにあるメダル。
1195年、通称Brayère伯爵婦人とよばれていた「伯爵夫人G.」にモンフェランの町が寄贈され、
彼女によって、モンフェランの住民たちは自治権を与えられます。
そして何世紀にも渡り商業の発展を遂げます。
モンフェランの町が残っているのは、彼女のお陰。

G.というのは、彼女のイニシアルしかわかっていないからだそう。
なぞのG伯爵夫人の気になるメダルは、もちろんモンフェランに行かないと見られません。

地元紙La Montagneの8月3日の記事に、
「おすすめクレルモンフェランの見どころ10」というものがありました。

モンフェランも入っています。

f0176688_1746594.gif オーヴェルニュを訪れる観光客の85%はフランス人(笑)
 日本人どころか、外国人観光客がほとんどいないのが
他とは違ういい点かもしれませんね。

f0176688_10193148.jpg

[PR]
# by kaolulu-nv | 2017-08-06 15:57 | 気になるフランス | Comments(0)

人面鳥Kaoluluの日誌 *フランス×ニュース×旅


by kaolulu-nv
プロフィールを見る